FC2ブログ

大人の男女のみっともなさを赤裸々に描いた恋愛短編集。 「ミルキー」(林 真理子)

ミルキー (講談社文庫)ミルキー (講談社文庫)
(2007/02/10)
林 真理子

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
「人妻とのつき合いは、いろいろな味をそのつど男に与える」。
産休明けで諸橋陽子が職場復帰した。
広告代理店に勤める奥村裕一は、妊娠前の陽子と数回関係をもっていた。
子どもを産んで、以前より美しくなった彼女を、裕一は誘うが…。
表題作「ミルキー」を含む、女の秘密がぎっしり詰まった12作の短篇集。


世の中には二種類の人がいます。
最愛の人とつき合う人と、普通の人とつき合う人。
つき合うというのは、結婚と言い換えることもできます。
最愛の人と結婚する人と、普通の人と結婚する人。
前者は前者同士、後者は後者同士、結ばれることになる。
人は、その人と釣り合う人としか出会えないのです。

私は、二人でまだ誰も見たことのない場所へ行こうというのが、恋愛であり結婚だと思っています。
一人じゃ行けないけど、二人だから行けるという。
まあ、そう考える人とそう考えない人がいるわけですが。
恋愛も真摯に向き合わなければ幸福感は得られないし、長い時を経てその結果は自分たちに返ってきます。

第三者から見れば、いつ別れてもおかしくない二人なのに、だらだらと惰性で続いてしまう。
嫉妬、欲望、見栄、偏見、プライド・・・
まがいモノにがんじがらめにされている大人の男女。
河原の石をただひろっては遠くへ投げているような、
手から砂がこぼれて続けているような、
無力感や虚無感がただよいます。
大人の男女が、もがいている。
痛々しくて見ていられないけれども、この現実から目をそらすわけにはいかない。

本作品を読んで、人を好きになる気持ちを大切にしたいと痛切に思いました。
最愛の人と出会い、愛し愛されるために。


【編集後記】
気になる作品はこちら。

年下の兄嫁【強引な和姦】 (フランス書院文庫)年下の兄嫁【強引な和姦】 (フランス書院文庫)
(2013/02/25)
宗像 倫

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

中年キャリアウーマンの恋を等身大で描いた、再生物語。 「情事の終わり」(碧野 圭)

情事の終わり (実業之日本社文庫)情事の終わり (実業之日本社文庫)
(2012/08/04)
碧野 圭

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
結婚しても人は恋に落ちる―― “一線"を超えた男と女の物語
42歳の雨宮奈津子は大手出版社に勤める文芸編集者。
反抗期の娘を持ち、姑と同居するが、夫婦仲は良好といえない。
人気作家・榊聡一郎の接待がきっかけで、7歳年下の営業部員・関口諒と恋に落ちた奈津子は、さらに榊からも言いよられて……。
働く女性の本音や葛藤をリアルに描き続けてきた著者が贈る初の恋愛小説。
切なくも一途な奈津子の恋に、未来はあるのか?


妻、嫁、母親、キャリアウーマン・・・
社会が求める役割を演じているうちに、安らげる自分の居場所を失い、いつのまにか孤独感に苛まれていた主人公・奈津子。
普通の中年女性が、7歳年下の同僚との恋に落ちることで、渇いた心を潤し、再生する物語。

中年既婚者の恋は、さわやかなもんじゃないです。
守るべきものも、失うものも多いから、きれいごとでは済まされない。
どうしたって切なくなる。
いつも嫉妬、葛藤、絶望と隣り合わせ。
それでも人は、恋に落ちてしまうわけです。

女性にとって、恋の醍醐味とは何でしょうか?
それは、自分を生まれ変わらせてくれる、自分を今まで見たことのない世界へ連れて行ってくれることです。
彼と出会う前の自分と、彼と出会って恋をした今の自分では、まったく別の人間になっている、まったく別の人生を歩んでいる。
大人の恋には、喜びと同じくらい悲しみがあります。
でもね、大人の恋は、新しい自分に変わろうとする、前向きな力をくれるのです。

個人的には、すっかり35歳の営業部員・関口のファンになってしまいました。
初めは、プレイボーイ風で、カッコ良すぎるのが鼻につきました。
でも、そんな彼が意外にも、年上の既婚女性に魅かれていき、本気で惚れてしまう。
彼の表情や行動にはリアリティがあり、気づいたら彼を応援している自分がいました。

女性心理が丁寧に描かれているので既婚女性はもちろんですが、妻ではない女性と恋したい既婚男性にもおすすめの、ちょっぴりビターな大人の恋愛小説でした。


【編集後記】
気になる作品はこちら。

人妻奴隷コンテスト【魔辱オークション】 (フランス書院文庫)人妻奴隷コンテスト【魔辱オークション】 (フランス書院文庫)
(2013/03/25)
綺羅 光

商品詳細を見る

人は、好きな人に好きと言うために生まれてきた。 「野生の風 WILD WIND」(村山 由佳)

野生の風 WILD WIND野生の風 WILD WIND
(1995/03/24)
村山 由佳

商品詳細を見る


野生の風 WILD WIND (集英社文庫)野生の風 WILD WIND (集英社文庫)
(1998/06/19)
村山 由佳

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

(紹介文)
ときめきの染織家・多岐川飛鳥、
野生動物のいのちを撮り続ける藤代一馬。
ベルリンの壁崩壊の夜の宿命の出会いから、
サバンナの大地にくるまれた官能のひとときへ、
そして、慟哭の終局へ。
感動の、超恋愛小説。


今回は、恋愛至上主義者の私が、恋愛小説の中で一番印象に残っている作品を紹介します。
まさに大人のための恋愛小説。
大人になっても、いや大人だからこそ、こんな恋をしてみたい。

出会いが運命的かどうかなんて本質ではありません。
恋愛の本質は、相手が不在のときにどれだけ相手のことを想えるか。
相手も同じように自分のことを考えてくれていたら、それは奇跡。
それが本当の恋であり、本当の恋愛です。
人間として生まれてきたからには、こんな胸が震えるような恋がしたい。
二人の物語の結末が、ハッピーエンドかそうでないかは関係ありません。
幸せになれるからします、
理性的に考えて良いからします、
論理的に説明できるからします、
なんてのは恋でもなんでもない。

出会わなければこんなに哀しむことも苦しむこともなかった。
それでも、自分がこんなにも人を好きになることができるということを教えてくれた、最愛の人と神様に、心から有難うございますと言いたい。
一瞬の輝きは、きっと二人の心の中で生き続けています。
大人の恋愛の本質と醍醐味を余すことなく描き切った傑作です。

今回再読してみて、私の書斎の単行本はすっかり黄色くなっていますが、中身は全然色あせていませんでした!


【編集後記】
気になる作品はこちら。
“憧れの彼女(ひと)は管理人”って・・・もしかして『めぞん一刻』!?

僕だけの若未亡人 憧れの彼女(ひと)は管理人 (フランス書院文庫)僕だけの若未亡人 憧れの彼女(ひと)は管理人 (フランス書院文庫)
(2011/06/23)
弓月 誠

商品詳細を見る

夫婦を問うふりして、じつはセックスを問う官能メロドラマ。 「ドラマノベライズ 幸せの時間(下)」(亀山 早苗)

ドラマノベライズ 幸せの時間(下) (双葉文庫)ドラマノベライズ 幸せの時間(下) (双葉文庫)
(2012/12/19)
ノベライズ、亀山 早苗 他

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
浅倉智子は夫・達彦と高校生の長男・良介、中学生の娘・香織の4人家族。
大切にしてきた幸せな家庭にいくつもの亀裂が入り、智子自身も、再会したヴァイオリン講師・柳浩一と背徳の恋へ堕ちていく――。
家族の“崩壊”と“再生”を通して“幸せ”を見つけ出す、刺激的な昼ドラの脚本ノベライズ版・下巻。
原作は国友やすゆきの人気コミック。


メロドラマなのに、官能小説顔負けの性描写です。
お天道様が見ている日中、大衆が目にする昼ドラで、
どうやって表現したのか!?
どうやって演じたのか!?
ハッキリ言ってあり得ないでしょう!
昼ドラを見ていた奥様連中は、悶々とした日々を過ごしたこと請け合いです。

神楽坂恵演じる耀子の達彦への、愛憎合わせ飲む逆襲はもちろん必見です。
でも、それ以上に下巻の見どころなのは、なんといっても田中美奈子演じる妻・智子の乱れっぷりでしょう。
美人ではあるが、恋愛と性に関しては堅物で生真面目過ぎる主婦像を体現する智子。
彼女が、少女時代にあこがれていた男・柳と再会して、遅まきながら満開の性の花を咲かせます。
抑圧された母の影響もあり、結婚が女の幸せ、家族が一番大切と信じて疑わなかったこれまでの彼女と、乱れた彼女のギャップには絶句します。
一人の人妻が、一匹の牝に化けるといっても過言じゃない。
とても同じ女性とは思えないわけです。
浮気相手の柳も内心得意でたまらんでしょうね。
旦那がよその若い女に溺れている間に、貞淑な妻を寝取り、女としての本当の悦びを教えてやったのは俺だってね。
娘が敬愛するバイオリン講師と、娘・夫・柳の若妻の目を盗んで重ねる逢瀬・・・
背徳感が極上のスパイスになっています。

本作品を読むと、夫婦について、家族について考えさせられます。
それと同時に、性愛についても、目を背けるわけにはいかないでしょう。
“あなたは、夫とのセックスに満足していますか?”
夫婦とは何かを問う表の意味でも、性愛とは何かを問う裏の意味でも、世の旦那さんにとっては怖い作品ですよ。


【編集後記】
上記作品と一緒に楽しみたい作品はこちら。

『月刊 NEO 神楽坂 恵 THE LAST』 ラスト写真集はアラーキーとの緊縛恋愛・・・『月刊 NEO 神楽坂 恵 THE LAST』 ラスト写真集はアラーキーとの緊縛恋愛・・・
(2011/09/29)
神楽坂恵、荒木経惟 他

商品詳細を見る


月刊神楽坂恵―炎暑 (SHINCHO MOOK 137)月刊神楽坂恵―炎暑 (SHINCHO MOOK 137)
(2010/10/13)
笠井 爾示

商品詳細を見る

神楽坂恵を愛人にするという妄想。 「ドラマノベライズ 幸せの時間(上)」(亀山 早苗)

ドラマノベライズ 幸せの時間(上) (双葉文庫)ドラマノベライズ 幸せの時間(上) (双葉文庫)
(2012/11/28)
ノベライズ、亀山 早苗 他

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
浅倉智子は夫・達彦と高校生の長男・良介、中学生の娘・香織の4人家族。
念願のマイホームに引っ越した翌日、智子は車で女性を轢いてしまう。
やがて、その女性・耀子と達彦が関係を持ち・・・。
妻vs愛人、家族に潜む嘘と秘密――。
家族の“崩壊”と“再生”を通して“幸せ”を見つけ出す、刺激的な昼ドラのノベライズ版・上巻。
原作は国友やすゆきの人気コミック。


本屋でふと見つけて衝動買いしてしまった一冊。
お昼のメロドラマを小説化したもの。
期待通りの典型的なドロドロ不倫劇。
家庭に冷たい嵐が吹きすさびます。
都合良く物事が起こったり、突然人が現れたり、ストーリーが駆け足だったりするのは、ご愛嬌。
笑って水に流してください。
これぞメロドラマであり、これぞノベライズです!

本作品の見どころは、旦那の不倫相手である耀子(ようこ)に尽きるでしょう。
昼ドラで彼女を演じていたのが、あの神楽坂恵さんです。
彼女が、妻子ある男に溺れていきます。
いや、これは男にじゃないですね。
セックスに溺れ、そして少しずつ狂っていきます。
彼女にハマって抜け出せなくなる旦那の気持ちは、同じ男として分かります。
ほっとけない儚さと可愛さ。
脱いだときの妖艶さと淫らさ。
このギャップは奇跡です。
田中美奈子演じる奥さんには申し訳ないですが、相手が悪すぎましたね。
旦那と耀子のラブシーンは、完全に神楽坂さんの肢体を想像しながら読んでいました。
まるで彼女を抱いているような気持ちで・・・
女体描写も完全に彼女を意識して書いてますよ、これは。

そこにあるのが当たり前と思っている家族。
しかし、一旦歯車が狂い始めると、もろく崩れてゆきます。
あらためて家族や夫婦について考えさせされます。
上巻のラスト、今度は妻の周りが騒がしくなってきます。
妻だって女だし、妻だって恋をしたいのです!


【編集後記】
一度見て、一遍に惚れてしまったヌード。
君さえいてくれたら、もう他に何もいらない。
素敵という一言に尽きます。

神楽坂恵写真集はだいろ神楽坂恵写真集はだいろ
(2008/12/20)
FRIDAY編集部

商品詳細を見る


神楽坂恵写真集 はだいろ 海神楽坂恵写真集 はだいろ 海
(2009/08/01)
FRIDAY編集部

商品詳細を見る

恋したい。恋したい。恋したい。 「年下の男の子」(五十嵐 貴久)

年下の男の子 (実業之日本社文庫)年下の男の子 (実業之日本社文庫)
(2011/04/05)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

今、会社で気になっている女性がいます。
彼女がいないところでも、ついつい彼女のことを考えてしまいます。
町を歩いていて、後ろ姿が彼女と似た女性がいると「もしかして?」と思ってドキッとします。
家に帰って湯船につかりながら、彼女とデートしたらどんなことを話そうかと妄想します。
寝床に入ると、彼女のことを考えながら、抱き枕を抱いて眠ります。

彼女は、30代後半の独身です。
最近は仕事のつながりも少なくなり、ほとんど話せません。
彼女のことをもっと知りたいのですが、きっかけがつかめません。
30代後半の独身女性は、どんなことを考えているのでしょうか?
恋愛とか仕事とか人生について・・・
そんなことに興味があって手にしたのが本作品です。

37歳課長補佐・晶子と23歳契約社員・児島くんのラブストーリー。
晶子は恋愛に対して臆病すぎます。
もっとガツンと行けよ!ガツンと!!と励ましたくなります。
仕事は、人並み以上にできる。
マンションを買う勇気もある。
なのに、恋にはなかなか飛び込めない。
あれやこれやと言い訳ばかり、頭の中でこねくり回してしまいます。
このあたりにアラフォーのリアリティがあります。

 人それぞれに違う形での幸せがあるのではないか。
 三十八歳になるまで、わたしにはそれがわからなかった。
 幸せというものには、愛している人がいるということはもちろんだけど、安定した生活だとか、ある程度のお金とか、そういうものが含まれていると漠然と考えていた。
 そうではない。
 いや、そういうことも幸せの一部かもしれないけど、そんなに重要な要素ではないのだ。
 幸せって何なのだろう。
 それは、おそらく言葉で説明できるものではない。
 考えて定義できるものでもない。
 ただ、感じるものなのではないか。
 そんな気がしていた。


やっぱり恋はいいなあ。
素敵な恋がしたいなあと素直に思います。
あの頃(私にとっては学生時代)、どうしてあんなにまっすぐ人を好きになれたのでしょうか?
もうあんな風に人を好きになることはないのでしょうか?
「この人と一緒になれなければ死んでもいい」と本気で思ってましたからね。

本作品は、派手さは無いですが、我々と等身大であり、恋愛のエッセンスと醍醐味が詰まっています。
恋愛体質の人にはたまらないはずです。
本作品にグッと来ない人は、恋愛体質でも恋愛至上主義でもないです。
僕もこんな恋を、またしてみたいです。
うーん、ますます会社の彼女のことが気になってきました!!(ヤバイです)


【編集後記】
人生の指針が見つかる 恋愛の名言1300 (宝島SUGOI文庫)人生の指針が見つかる 恋愛の名言1300 (宝島SUGOI文庫)
(2011/03/04)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る


最近の私はどうかしています。
人妻官能小説ファンの私が、こんなのパラパラめくりながらため息をついています。
恋に恋してるだけなのでしょうか?

 いないときに相手を慕い、
 その人が自分のそばにいることを
 欲してやまぬ場合にのみ
 恋愛しているのである。
         (アリストテレス)


あなたの夫が不倫に走る理由。 「夜明けの街で」(東野圭吾)

夜明けの街で (角川文庫)夜明けの街で (角川文庫)
(2010/07/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

日帰り出張に行くことになりました。
特急電車に揺られて片道2時間。
往復で4時間です。
本当は官能小説をどっぷり堪能したいところです。
けれども、同行者が同じ車両に乗っています。
もし同行者に「何読んでるの?」と言われたら、困ってしまいます。

そこで、妻に相談しました。
妻には、「自意識過剰もはなはだしい。誰もあなたが何を読んでいるかなんて興味ないわよ」と一笑に付されました。
そうは言っても、やはり官能小説は、落ち着いて読めそうにありません。
「何か、いい本ないかな?流行の不倫ものを読んでみたいんだけど・・・」とたずねました。
妻から手渡されたのが本作品です。

170万部のベストセラーだそうです。
10月8日から映画が公開されています。
岸谷五郎と深田恭子の不倫サスペンスものです。
深田さんの「不倫をする彼女には共感できなくて、演じるのが難しかったです」というコメントが、印象に残っています。

「まだ読んでないから、早めに読み終わってね」という妻の心配は無用でした。
日帰り出張で、一気読みしました。

不倫をしている男のセリフというのは、本当に恥ずかしいものがあります。
できもしないのに、あるいは、する覚悟もないのに、調子のいいことを、いい大人が勢いで言っちゃうわけです。
でもね、これが不倫の真骨頂なんでしょうね。
浮気だったら、気楽だけど、こんなに心が高ぶったり沈んだりしません。
プラスも大きいけど、マイナスも大きい。
この振れ幅の大きさが、恋なんですね。

 セックスにはやはり恋愛感情が必要なのだ。
 セックスは男と女がするものなのだ。
 そして僕たち夫婦は―たぶん世の中の夫婦の大多数も同様だと思うが、もはや男と女ではない。


これが、キーセンテンスです。
私が妻と付き合ってた頃には、外でたまらなくなって公衆トイレでとか、靴を脱ぐのももどかしくて玄関で、ということがありました。(皆さんも似たような経験があるはずです。。。)
残念ながら、夫婦になった今では、そんなことはありえないです。
それどころか、妻に先に寝られ、やんわり断られ、はっきり断られて、一ヶ月、二ヶ月とご無沙汰になるわけです。

だから、本作品が身にしみます。
切実に迫ってくるのです。
申し訳ないですが、未婚の人、もしくは新婚ラブラブ人には、この切実さは分からないでしょうね。
じゃあ、セックスさえできればいいのか?
自問自答してみても、答えは出ません。
まあ、人それぞれでしょうけど、私の場合は、愛し愛されたいだけということになるでしょう。

忘れていたのは、胸の高鳴りです。
そして、愛し愛されたいだけなんです。
妻が愛させてくれますか?
妻が愛してくれますか?
それが問題なのです。(こんなこと書いてるのが妻にバレたらヤバイです・・・)

妻を愛するのか、彼女を愛するのか?
妻が愛してくれてるか、彼女が愛してくれてるか?
倫理とか道徳とか、世間から与えられた物差しで測っても仕方ないのです。
問題は、こんなおっさんにそんな女性が現れるかです。
本作品の主人公には、幸か不幸か、現れちゃうわけです。

本作品は、次のような人にオススメです。
①自分がこの女の子(あなたの会社のあの子です)と不倫したら、どうなるだろうと妄想したことがある人。
②倦怠期を迎えつつある、もしくは倦怠期を通りこした夫と妻。
③最近、不倫ものがかまびすしいので、不倫ものをじっくり堪能してみたいと思っている既婚者。
④30代から40代の官能小説ファンの皆様。

せひ奥さんと一緒に堪能して下さいね。
妻にもぜひ早く読んでもらって、カンカンガクガクの議論をしたいところです。
不倫ものを堪能できることこそ、既婚者の贅沢ですね!


【編集後記】
気になる作品はこちら。
若女将は、老舗旅館を守るため、着物を脱がされる・・・

若女将紗羽子 すすり泣きの宿 (リアルドリーム文庫 17)若女将紗羽子 すすり泣きの宿 (リアルドリーム文庫 17)
(2009/05/20)
筆祭競介

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。