FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未読本の紹介】 官能小説は“積ん読”が楽しい。

秋野千尋写真集「夢芝居」秋野千尋写真集「夢芝居」
(2012/01/11)
浜田 一喜

商品詳細を見る


本日は、来月の小遣いを前借りしてまで調達した未読本を紹介します。

これから読みたい官能本が書斎机の上に積まれています。

あえて本棚には並べません。

ホクホクです。

表紙を眺めているだけで幸せな気持ちになります。

どれから手を付けようか?

どういう順番で攻めていこうか?

そんなことをぼんやり、考えるともなしに考えているだけで、仕事の疲れが吹き飛びます。

これぞ“官能本積ん読”の醍醐味です。


【未読本、全6冊】

蔭丸忍法帳―伊賀四姉妹 (幻冬舎アウトロー文庫)蔭丸忍法帳―伊賀四姉妹 (幻冬舎アウトロー文庫)
(2007/04)
越後屋

商品詳細を見る


◆先日、コメント欄でご紹介いただいた時代官能小説の中で、一番気になった作品です。
閨房術師・蔭丸の活躍を淫らに描く官能忍法帳!



とろめく白肌-港町の美女- (竹書房ラブロマン文庫)とろめく白肌-港町の美女- (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/02/27)
霧原 一輝

商品詳細を見る


◆霧原さんの作品は、サラリーマンにとって癒しであり元気の素です。
フランス書院文庫の黒本のような本格官能ばかり読んでいると、無性に霧原さんの作品を読みたくなります。
ほんわかした熟女にしっぽりと癒されたいのです。
日本海の荒波が打ち寄せる小さな港町を舞台に描く、男心を揺さぶる回春旅情エロス!



七人の人妻 凌辱初夜 (フランス書院ハードXノベルズ)七人の人妻 凌辱初夜 (フランス書院ハードXノベルズ)
(2005/07)
美川 一樹

商品詳細を見る


◆ストーリーを重視した人妻凌辱の短編集は、人妻官能ファンにとってのご馳走です。
貞淑な人妻が体を開かされるシチュエーション(理由付け)に期待します。
七人の美しき人妻が、犯されて味わう究極の絶頂!



おんな剣士三姉妹 (時代艶文庫)おんな剣士三姉妹 (時代艶文庫)
(2011/08/10)
御堂乱

商品詳細を見る


◆「後家狩り団」事件の裏に潜む陰謀とは?
御堂乱が挑む新たな女剣士伝説!



武家妻くずし: 仇討ち秘話 (時代艶文庫)武家妻くずし: 仇討ち秘話 (時代艶文庫)
(2012/02/14)
神室 磐司

商品詳細を見る


◆「時代艶文庫」からもう一冊。
人妻時代官能といえば、「夫の仇を討つために立ち上がる後家」!



美獣オフィス―女課長・麗人秘書… (フランス書院文庫)美獣オフィス―女課長・麗人秘書… (フランス書院文庫)
(2006/06)
鳴瀬 夏巳

商品詳細を見る


◆オフィスものを読みたくなるのは、日頃の妄想を叶えたいサラリーマンの性。
スーツの下に、こんな罪作りな身体を隠していたとは!



【編集後記】
今、楽しんでいる作品はこちら。
マンションを買ってしまった、37歳課長補佐の恋の行方は・・・?
普通の恋愛小説なのに、不覚にも勃起してしまいました。
こんな私は、純情すぎるのでしょうか!?

年下の男の子 (実業之日本社文庫)年下の男の子 (実業之日本社文庫)
(2011/04/05)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

【未読本の紹介】熱心に官能小説を物色するおっちゃんに親近感を覚える件。

リアル書店の官能本の棚で、熱心に官能小説を選んだり、読んだりしているおっちゃんがいます。私と同じ、官能小説の愛読家です。

今までは、他人がいると本を選びづらいので少々邪魔だなと思っていました。けれど最近は、めちゃめちゃ親近感を覚えます。官能本ファン同士、何か通じるものがあるのです。けっして声には出しませんが、好きな官能本について語り合いたいくらいです。

というわけで、会社帰りにリアル書店で物色してきました。

【未読本の紹介】
チラっと冒頭を読み始めて、一気に引き込まれました。会社にリストラされたことを逆恨みした男が、散弾銃をかついで会社に乗り込んできます。はっきりいって、反則技です。一般小説の作家だったら卒倒します。官能小説だからこそ許される展開。もったいなくて先を読み進められず、即買い決定です。

三人の人質【姦禁】 (フランス書院文庫)三人の人質【姦禁】 (フランス書院文庫)
(2009/11/24)
村瀬 達也

商品詳細を見る



当ブログにて5つ星2冠達成の御前零士さんの作品を読みたくて、リアルドリーム文庫の棚を眺めている時、手にしたのがこの本。人妻ものアンソロジーです。のっけが「人妻セクササイズ」というタイトルで、ちょいセレブでちょいポチャな有閑マダムがスリムな体型を取り戻したくて、ジムに通い始めるという、私のお気に入りストーリー。ぜひジムのコーチになって手とり足とり指導したいところ。これも立ち読みで済ますにはもったい!フランス書院文庫の 「七匹の牝 人妻レイプ&レイプ」 と、人妻アンソロジー対決はどちらに軍配が上がるのか?

リアルドリーム文庫アンソロジー 堕ちた人妻 抗えぬ未亡人 (リアルドリーム文庫 30)リアルドリーム文庫アンソロジー 堕ちた人妻 抗えぬ未亡人 (リアルドリーム文庫 30)
(2009/12/30)
伏見一輝

商品詳細を見る


「リアルドリーム文庫」の帯文句は、“日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル”。ねらいは最高です。これ以上望むものはありません。後は、どれだけ実践できるかです。
リアルドリーム文庫の最新情報はこちらから
リアルドリーム文庫オフィシャルサイト

【編集後記】
私が30数年生きてきて、一番官能したのがこちらの2作品。一貫しているテーマは、“貞淑な人妻&変態エロキモ中年”です。

媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)
(2008/06/22)
御前零士

商品詳細を見る


兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
(2009/03/31)
御前零士

商品詳細を見る



いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

【未読本の紹介】一度やってみたかった!官能小説の大人買い!


人妻官能ファンのサラリーマンの皆さん、小遣いはいくらでしょうか?

そのうち、どれくらい“K本”(←我が家で官能小説を指す隠語)に使われているでしょうか?

私の小遣いは、毎月わずか1万5千円です。結婚してからずっとです。しかも、キャッシュカードもクレジットカードも持たせてもらえません。

まあ、これでは浮気も不倫もできませんよね。一回のデートで最低一万円はかかるでしょうから?(貢いでくれる女性であれば別ですが・・・)というわけで、せっせと安上がりな官能小説にハマってしまうわけです。これは必然です。

給料日前になると財布の中身がさみしくなってきます。今月の給料日も200円しかありませんでした。そして、給料日の夜、待ちに待った小遣いを妻からありがたく頂戴するわけです!^^v

翌日の夜は、さっそく街に繰り出します。といっても、酒場めぐりではなく、本屋めぐりです。ブックオフで1時間、新刊書店で1時間の滞在。あとは家に帰って、アマゾンアタック1時間で締めます。うーん、給料日翌日は、最高に楽しい一日です!本棚もホクホクです。

というわけで、本棚で出番を待っている、未読本たちを紹介します。


息子の嫁 (二見文庫)息子の嫁 (二見文庫)
(2008/05/25)
霧原 一輝

商品詳細を見る


僕の妻【奪われた蜜室】 (フランス書院文庫)僕の妻【奪われた蜜室】 (フランス書院文庫)
(2009/11/24)
綺羅 光

商品詳細を見る


未亡人獄―美獣と麗獣 (フランス書院文庫)未亡人獄―美獣と麗獣 (フランス書院文庫)
(2007/12)
夢野 乱月

商品詳細を見る


田沼淳一スペシャル 相姦獣夜 (フランス書院文庫)田沼淳一スペシャル 相姦獣夜 (フランス書院文庫)
(2009/05/22)
田沼 淳一

商品詳細を見る


海の見えるホテル (小学館文庫 し 5-1 なぎさの媚薬 1)海の見えるホテル (小学館文庫 し 5-1 なぎさの媚薬 1)
(2007/12/04)
重松 清

商品詳細を見る


みられたい (幻冬舎文庫)みられたい (幻冬舎文庫)
(2006/06)
神崎 京介

商品詳細を見る


男と女の進化論―すべては勘違いから始まった (新潮文庫)男と女の進化論―すべては勘違いから始まった (新潮文庫)
(1994/03)
竹内 久美子

商品詳細を見る


書斎の本棚の前に立ちながら、「さて、どの順番で読んでいこうか?」と悩むのが至福の時です。読了後、おすすめ度:★三つ以上の作品であれば、あらためて感想を紹介したいと思います。


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

【未読本の紹介】みんな大好きフランス書院文庫!

情愛小説や投稿ものなど、ライトな官能本ばかり読んでいると、たまにはガッツリと本格的な官能本を読みたくなります。本格官能といえば、やっぱりフランス書院文庫ですよね。といわけで、年末年始はじっくりと黒本を攻めてみたいと思います。(田舎に帰る新幹線で?はたまた、実家で!?)

【リアル書店で購入】
妻の妹・妻の親友 (フランス書院文庫)妻の妹・妻の親友 (フランス書院文庫)
(2009/11/24)
新堂 麗太

商品詳細を見る

◆妻の妹、妻の親友。この響きの甘美なこと!ベタですが、「お姉ちゃんに悪いわ・・・」「奥さんには絶対内緒よ・・・」というセリフと共に昇天したいです!


力ずくの姦係―上司の妻・部下の妻 (フランス書院文庫)力ずくの姦係―上司の妻・部下の妻 (フランス書院文庫)
(2009/07/23)
相馬 哲生

商品詳細を見る

◆私の大好きな相馬哲生さんの最新刊。サラリーマンとしてのタブーに溺れたいです。


継母 償い (フランス書院文庫)継母 償い (フランス書院文庫)
(2006/02)
星野 聖

商品詳細を見る

◆アマゾンで在庫なしのこの本を、ついに手に入れました! 『若妻「償い」 (フランス書院文庫)』 の続編だけに期待が高まります。ゆっくり味わいたいです!


【つんどく本】
七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー
(2008/11/21)
綺羅 光樹月 峻

商品詳細を見る

◆一体、いつになったら読むんだ~?これが本当のつんどく本・・・


本棚もこうやって黒本が並ぶと壮観!官能本ファン冥利に尽きます。
さて、どの本を旅行バッグに詰めようかと悩みます。
旅先や新幹線で読む官能本もなかなか乙なものです。
旅のお供に、ぜひ官能小説を連れて行ってあげてくださいね。

読了後、おすすめ度:★三つ以上の作品は、あらためて感想を紹介したいと思います。


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

【未読本の紹介】他人にエロい本棚を見られたくない件。

よく本棚はその人の知性を表すと言われます。だからといって百科事典を並べた本棚は困りものですが、官能小説が並んだ本棚はもっと困ります。絶対に他人に見られたくありません。こいつはいつも、こんなエロいことばかり考えてるのかと思われますからね。といっても、ようやく本棚一段がK本(我が家で官能本を呼ぶときの隠語)でいっぱいになる程度だから、生粋の官能本ファンからしたら、かわいいものでしょう。本棚全部がK本で埋まる。そんな日が来るのでしょうか!?

さて、会社帰りに大きめのリアル書店を徘徊して、官能本を物色するのが最近の楽しみになっています。

【リアル書店で購入】
人妻 (幻冬舎アウトロー文庫)人妻 (幻冬舎アウトロー文庫)
(1998/12)
団 鬼六

商品詳細を見る

◆ついに大御所、団鬼六に手を出してしまいました!“調教官能小説の金字塔”だそうです。


完全なる飼育―メイド、for you (幻冬舎アウトロー文庫)完全なる飼育―メイド、for you (幻冬舎アウトロー文庫)
(2009/12)
松田 美智子

商品詳細を見る

◆人妻もいいけど。メイドもいい。人妻がメイドをやってくれると一番いいのですが、なかなかそうもいかない・・・2010年1月30日映画公開です!


【つんどく本】
禁忌(タブー) (角川文庫)禁忌(タブー) (角川文庫)
(2006/07)
神崎 京介

商品詳細を見る

◆平凡なサラリーマンが、それまでの真面目な人生に疑問を抱き、女性遍歴という旅に出る。まさに男のロマン。神崎京介さんの真骨頂です。


【並読本】
人は官能小説をどこまで並読できるのか? 「本は10冊同時に読め!」 なんて本もあるのに、妻にはいつも「並読しすぎ!」と怒られます。言い訳すると、投稿もの・長編・アンソロジーと、ちゃんと読み分けているのです。(偶然のような気もしますが・・・)

投稿 豊乳熟女 (マドンナメイト文庫)投稿 豊乳熟女 (マドンナメイト文庫)
(2009/11/10)
素人投稿編集部

商品詳細を見る


兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
(2009/03/31)
御前零士

商品詳細を見る


七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー
(2008/11/21)
綺羅 光樹月 峻

商品詳細を見る




読了後、おすすめ度:★三つ以上の作品であれば、あらためて感想を紹介したいと思います。


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

【未読本の紹介】次回の官能劇場。これからの官能劇場。

昔、「土曜ワイド劇場」という二時間ドラマを家族全員で小学生の頃から見ていました。ベッドシーンがよく出てきて、家族そろっていたので少々気まずい思いをしましたが、思えばアレが性に目覚める最初のきっかけだったのかもしれません。そういう意味では、アレもいい経験だったのかなと思います。

土曜ワイド劇場の最後には必ず「次週予告」があります。まあ、これは当たり前です。でも、それだけじゃなかったんです。「次週予告」のあとに「これからの土曜ワイド劇場」と題して、次次週の予告をコンパクトに流していたんです。あれが大好きで、楽しみにしていました!「これからの・・・」というネーミングもナイスです。今から思えば、あれはうまかったなと思います。コアな土曜ワイドファンにとっては、毎週見ることは決まっています。二週間後に自分の好きなシリーズがあるとわかれば、二週間もそれを楽しみに過ごせるわけです。

当ブログ慣例の「未読本の紹介」は、私にとって「これからの官能劇場」です。次の本も、次の次の本も待っているから、楽しみで仕方ないわけです。本棚の「つんどく本」が少なくなってくると、心もとなくて淋しいです。

【つんどく本】
兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
(2009/03/31)
御前零士

商品詳細を見る

◆10月ランキング1位の御前零士さんの作品。今月一番楽しみにしていた本。俄然期待は高まります。書斎にこもって、落ち着いてゆっくり読みたいと思っているうちに、月末になってしまいました!


投稿 豊乳熟女 (マドンナメイト文庫)投稿 豊乳熟女 (マドンナメイト文庫)
(2009/11/10)
素人投稿編集部

商品詳細を見る

◆投稿者は、ボイン&ドスケベ&熟女だそうです。これ以上何を望むというのでしょうか!?どこまでも付いて行きます!


七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー
(2008/11/21)
綺羅 光樹月 峻

商品詳細を見る

◆最強凌辱作家による人妻狩り!これぞ、“本格官能小説”といっていいでしょう。話して分かるような男じゃないんです。問答無用でレイプする。これも人妻ものの醍醐味です。


さよならから (幻冬舎文庫)さよならから (幻冬舎文庫)
(2009/10)
神崎 京介

商品詳細を見る


禁忌(タブー) (角川文庫)禁忌(タブー) (角川文庫)
(2006/07)
神崎 京介

商品詳細を見る

◆“通勤官能”ファンにとって、神崎京介氏の作品のストックは切らせません。「“人妻官能小説”というブログの看板はどこいった~!」という突っ込みを受けそうですが、覚悟の上です。面白いもの、興奮するもの、大人の男性が元気になるものであれば、エロスという大前提はありますが、ジャンルにこだわらずをどんどん紹介していきたいと思います。


読了後、おすすめ度:★三つ以上の作品であれば、あらためて感想を紹介したいと思います。


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

【未読本の紹介】「義父もの官能小説」が世間で大ブームになっている件

検索エンジン経由で当ブログに来て下さる読者さんの8割は、「義父 嫁 官能小説」で検索しています。それくらい世間では“義父もの”人気が猛威をふるっています。けれども、意外と義父ものの官能小説って少ないんですよね。これが義父ものファンたちの悩みです。官能小説の作家さん、編集者さん!ぜひとも“義父もの”をお願いしますよ!

さて本日は、慣例の未読本の紹介です。最近、官能小説の購入手段を、アマゾンからリアル書店(ブックオフ含む)へシフトしつつあります。というのも、アマゾンで買うとやはり大ハズレということがあるわけです。書きっぷりが自分と合わず、作品世界に入っていけないという。リアル書店で最初の数ページ読んで引き込まれた作品には、少なくともそういう心配がありません。

【リアル書店で購入】
禁断の投稿ドキュメント〈33〉義父と嫁―禁断の関係 (大洋文庫)禁断の投稿ドキュメント〈33〉義父と嫁―禁断の関係 (大洋文庫)
(2009/09/07)
禁断の投稿編集部

商品詳細を見る

◆義父ものファンの皆さん、投稿作品の義父ものは非常に充実していますよ。


投稿 豊乳熟女 (マドンナメイト文庫) (マドンナメイト し 5-92)投稿 豊乳熟女 (マドンナメイト文庫) (マドンナメイト し 5-92)
(2009/11/10)
素人投稿編集部

商品詳細を見る

◆小説ばかり読んでいると、たまに投稿ものを読みたくなる。創作として読むもよし、投稿と信じて読むもよし。


隣人(ひと)の妻―六つの禁断寝室 (フランス書院文庫)隣人(ひと)の妻―六つの禁断寝室 (フランス書院文庫)
(2005/10)
相馬 哲生

商品詳細を見る

◆当ブログのタイトルのわりに、人妻官能小説少ないじゃん、という声がそろそろ聞こえてきそう。初心に帰って、人妻もの。人妻ファンのいう人妻とは、ごくごく普通の人妻。つまり、隣人妻なんですね。


【過去に読了したおすすめ本】
やりすぎコージー テレビではしゃべれない天王洲猥談 (白夜ムック353) (白夜ムック Vol. 353)やりすぎコージー テレビではしゃべれない天王洲猥談 (白夜ムック353) (白夜ムック Vol. 353)
(2009/07/25)
不明

商品詳細を見る

◆今年の夏、入院中に何か読む物が欲しくてコンビニでゲットしたムック本。人気お笑い芸人がエロについて赤裸々に語る。彼らのエロに対する真摯な姿勢に心を打たれます。男って本当にかわいい生き物ですね。エロにタブーはない。エロって素晴らしい。妻も一気読みで、激笑しました!ムック本だけに、いつ無くなるかわかりません。在庫があるうちに手元に置かれてはいかが?(読み直す暇がなくて、単独記事で紹介できないのが残念です。おすすめ度:★★★★★)


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

【未読本の紹介】めくるめく通勤電車の世界へようこそ

今朝、通勤電車で読む新しい本を選ぼうと本棚を見ると、フランス書院のクロ本しかないことに気付き、ガックリ・・・クロ本はエッチ描写が多く濃厚なので、通勤電車では周りが気になり集中して読めません。ソフト官能本を仕入れていなかったことを後悔しました。官能小説の無い通勤電車は、地獄です。

というわけで、帰宅後、さっそくアマゾンアタックを敢行したので、本日は未読本を紹介します。(上記タイトルは、初のホッテントリメーカー作です)

【アマゾンアタック】
官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)
(2006/10)
永田 守弘

商品詳細を見る

◆官能小説ファンとしては、ぜひ書斎に置いておきたい一冊。前から気になっていましたが、待望の文庫化により、手にしやすくなりました!


兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
(2009/03/31)
御前零士

商品詳細を見る

◆現在、御前零士さんの作品を読んでいます。まだ半分くらいしか読んでませんが、とにかくエッチ描写がねちっこくてエロい。著者にはものすごい才能を感じます。


人妻たち (二見文庫)人妻たち (二見文庫)
(2008/10/24)
雨宮 慶藍川 京

商品詳細を見る

◆私の趣味からして、人妻ものでアンソロジーであれば、まず間違いないでしょう。初めての作家さんばかりなので、気に入った著者がいれば、長編にトライしてみようかと思います。


人妻しらべ (二見文庫)人妻しらべ (二見文庫)
(2008/07/25)
高輪 茂

商品詳細を見る

◆著者の作品として、『 女医 』 『 美人記者 』 『 女捜査官 』 『 新人弁護士・麗菜 』 ( 以上、二見文庫 )などがあり、働くキャリア女性を描くのがお得意のよう。本作品は、夫が行方不明になったセレブ妻と女探偵が登場する、ノンストップ・エンターテイメントとのことでストーリー的にも楽しめそう。


【つんどく本】
七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー
(2008/11/21)
綺羅 光樹月 峻

商品詳細を見る

◆基本的にはソフト官能が好みですが、たまにはハードにガツンとやりたくなります。乱暴なくらいに突きまくりたい!今週末あたり、秋の夜長、書斎にこもってしっぽりと人妻凌辱を堪能したいです。


読了後、おすすめ度:★三つ以上の作品は、感想とともにあらためて紹介しますのでお楽しみに。


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

未読本の紹介

【アマゾンアタック】
未読の本が少なくなってくると、心もとなくなってきます。会社帰りにリアル書店で衝動買いすることもありますが、基本的にはウェブでじっくり情報収集し、アマゾンで官能小説を購入しています。というわけで、アマゾンアタック!

七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー
(2008/11/21)
綺羅 光樹月 峻

商品詳細を見る

◆人妻といえば、やっぱりレイプもの。激しくなくていいのです。簡単に堕ちてしまうのではなく、あくまで嫌々が好きなのです。それが人妻のリアリティです。


義父と嫁… (二見文庫)義父と嫁… (二見文庫)
(2009/04/24)
小玉 二三

商品詳細を見る

◆官能小説には珍しい女流作家の作品。興味本位で購入。もちろん読者である男性や従来の官能小説を意識して書いているでしょうけど、それでも女性独特の感性や視点というのは出てしまうはず。女性が書いてるのだと考えるだけで、興奮しそうな予感。


弟の嫁 (二見文庫)弟の嫁 (二見文庫)
(2008/11/25)
霧原 一輝

商品詳細を見る

◆大人の男性が元気になる官能エンターテイメント!といえば霧原一輝氏。前に読んだ「うちの嫁」が愉快だったので、本作も期待してますよ。
人妻官能小説の紹介・感想・レビュー! うちの嫁


【本棚でスタンバイ中】
媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)
(2008/06/22)
御前零士

商品詳細を見る

◆ずいぶん前に買ったのに、なぜか後回しに・・・私にとっては二冊目のリアルドリーム文庫。アマゾンでも高評価だし、表紙も色気たっぷりで期待がふくらみます。


男たるもの (双葉文庫)男たるもの (双葉文庫)
(2008/10/16)
神崎 京介

商品詳細を見る

◆ブックオフで衝動買い。「女薫の旅」シリーズで有名な神崎京介氏の作品は、今回初めて読みます。


読了後、めでたく★三つ以上でしたら、本ブログで感想を紹介します。
さて、何冊登場するかな?

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。