FC2ブログ

かわいい熟女に若者が殺到している件について。 「僕の恋人は熟女義母」(小鳥遊 葵)

僕の恋人は熟女義母 (リアルドリーム文庫 61)僕の恋人は熟女義母 (リアルドリーム文庫 61)
(2011/05/24)
小鳥遊葵

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

高校生の将太は、高校教師でもある義母・奈津子(36歳)に憧れています。
奈津子との妄想に明け暮れ、悶々とした日々を過ごす将太は、彼女と似たような雰囲気を持つ溌剌とした二人の女性と結ばれます。
バイト先の女上司と義母の妹(若叔母)です。
男としての自信を与えてくれた二人の女性に、将太は心から感謝していますが、あくまで本命は奈津子です。
二人の女性と結ばれている最中も、頭の片隅では、「奈津子さんだったらもっと良かったのに・・・」と妄想を膨らませます。
主人公の義母に対する一途さが、甘酸っぱくて切なくて、好感が持てます。

義理の息子の気持ちを知ってしまった奈津子は、どんどん将太を意識するようになります。
授業中の生徒たちのいやらしい視線にさえ、肉欲をつのらせてしまう始末です。
教師として義母としての責任感と、たくましい将太に心を奪われて行く女心。
この間で揺れ動く奈津子の心理描写を存分に楽しめます。

将太に性を教えた二人の女性に対する嫉妬。
彼女たちはあくまで自分の身代りでしかないということをを知っての優越感。
男なら誰でもヨダレを垂らすようなムチムチの体を持つ奈津子が、心は恋する乙女のようになっている。
とにかく、かわいいです。

「かわいい熟女」とはルックスが可愛らしいというのではありません。
岬ゆきひろさんの挿絵でも表現されていますが、くびれた腰から下のうっすらと脂の乗ったお腹と太もも。
ルックスは、熟れきっています。
心が、乙女のようにかわいいのです。
このルックスと心のギャップこそが、「熟女もの」の醍醐味ですね。


【編集後記】
今まで「Junpeiさんのタイプはどんな人ですか?」と聞かれたら困っていました。
「ちょいぽちゃ系」とか言ってお茶を濁していました。
本作品を読んではっきりしました。
私のタイプは、「かわいい熟女」です!

小鳥遊葵さんの気になる作品はこちら。

義母と隣の未亡人親娘 (リアルドリーム文庫21)義母と隣の未亡人親娘 (リアルドリーム文庫21)
(2009/07/23)
小鳥遊葵

商品詳細を見る
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

【アマゾン】読まなきゃ損する人妻官能小説ランキング(2011/11/24)

あんたろ篠原杏写真集あんたろ篠原杏写真集
(2011/06/08)
西田 幸樹

商品詳細を見る



官能小説には、人気ランキングというものが存在しません。
性というのは、人それぞれ趣味嗜好が異なります。
たとえ多数の人が評価していたとしても、自分の好み(属性?)とズレていれば、ウンともスンとも思いません。
官能小説は、読者が勃起するか勃起しないか、それが問題です。
女性なら、さしずめ濡れるか濡れないかです。
一般論で、良い作品も悪い作品もありません。
好きか嫌いかです。

けれども、人気ランキングが無いと、何が今売れているのか、何がオススメなのか見当がつきません。
私もよく人妻官能小説専門の人気ランキングがあったらいいなあと思っています。
そこで、アマゾンの「官能小説」の人気度ランキングから、私がピンと来た作品を上位10位まで紹介します。
日本にただ一つしかない「人妻官能小説ランキング」の誕生です。
当ブログを訪問してくださるような人妻官能小説ファンの皆様にとっての、現在の人気作品ベスト10をお送りします。


【人妻官能小説ランキング】
1位
華宴 (幻冬舎アウトロー文庫)華宴 (幻冬舎アウトロー文庫)
(1999/12)
藍川 京

商品詳細を見る


人気女流作家の処女作が復刻。
官能小説ファンとしては、ぜひ読んでおきたい作品です。
アマゾンのレビューでも「老若男女すべての人にお勧め」と高評価です!


2位
ダブル・ファンタジー〈上〉 (文春文庫)ダブル・ファンタジー〈上〉 (文春文庫)
(2011/09/02)
村山 由佳

商品詳細を見る


リアル書店で手にとり、気になっていた作品。
村山由佳さんというと、「おいしいコーヒーのいれ方シリーズ」の甘酸っぱいイメージが強いです。
そんな彼女の官能小説、注目です!


3位
売春契約 ――若妻の秘密―― (リアルドリーム文庫 57)売春契約 ――若妻の秘密―― (リアルドリーム文庫 57)
(2011/02/28)
御前零士

商品詳細を見る


御前零士さんの性描写の安定感は抜群です。
読みやすいのに、ねちっこい。
やせているのに出るとこは出てる若妻(22歳)好きの方にオススメ!

関連記事:あなたは、初心な新妻派?熟れた人妻派? 「売春契約-若妻の秘密-」(御前 零士)


4位
媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)
(2008/06/22)
御前零士

商品詳細を見る


当ブログが自信を持ってオススメする作品。
旧作でありながら、堂々の第4位というのも納得です!

関連記事:脳がしびれる官能小説の醍醐味。「媚肉嬲り」(御前零士)


5位
甘く危険な休日―僕のママ・友だちの熟母 (フランス書院文庫)甘く危険な休日―僕のママ・友だちの熟母 (フランス書院文庫)
(2007/04)
神瀬 知巳

商品詳細を見る


最近、義母とか妻の母とか彼女の母とか、とにかく熟女に目覚めました。
目覚めたのが30歳過ぎた今で良かった。
学生時代に目覚めていたら、同年代と付き合えなかったです・・・


6位
義姉さんは僕のモノ (竹書房ラブロマン文庫)義姉さんは僕のモノ (竹書房ラブロマン文庫)
(2011/03/24)
草凪 優

商品詳細を見る


兄嫁ものって、定番そうで意外としっくり来る官能小説が少ない。
本作品は、兄嫁ものNo.1といっても過言ではありません。
エンタメ度も高いですよ!

関連記事:兄嫁との、リアリティたっぷりのメルヘン! 「義姉さんは僕のモノ」(草凪 優)


7位
愛妻日記 (講談社文庫)愛妻日記 (講談社文庫)
(2007/04/13)
重松 清

商品詳細を見る


夫婦で読みたい官能小説。
私の入院中に、本作品を差し入れてくれた妻。
グッジョブです!

関連記事:夫婦のセックスもまだまだいけるじゃん!「愛妻日記」(重松 清)


8位
熟女教師との再会 美臀にそそられて―― (リアルドリーム文庫 45)熟女教師との再会 美臀にそそられて―― (リアルドリーム文庫 45)
(2010/08/30)
小鳥遊葵

商品詳細を見る


熟女好きだから、本作品が好きなんじゃないのです。
本作品を読んで、自分は熟女好きなんだと、初めて心から納得できました。

関連記事:知らないと損する本物の熟女。 「熟女教師との再会」(小鳥遊 葵)


9位
どうしようもない恋の唄 (祥伝社文庫 く 16-7)どうしようもない恋の唄 (祥伝社文庫 く 16-7)
(2009/12/14)
草凪 優

商品詳細を見る


草凪優さんのストーリーテリングは、官能小説界の至宝です。
一般小説としても十分深みがあります。


10位
ミスキャスト (講談社文庫)ミスキャスト (講談社文庫)
(2003/11/14)
林 真理子

商品詳細を見る


男性が主人公の不倫小説。
大人が読んで楽しめる極上のエンターテイメントだそうです!
一般小説の作家さんが書く官能作品(特に不倫もの)に、目が無いのです。


【編集後記】
金曜の夜は、古本屋さんをハシゴして、掘り出し物をさがします。
ゲットした作品はこちら。

猟色の檻―熟婦人と美姉妹 (フランス書院文庫)猟色の檻―熟婦人と美姉妹 (フランス書院文庫)
(2007/08)
夢野 乱月

商品詳細を見る

あなたは、初心な新妻派?熟れた人妻派? 「売春契約-若妻の秘密-」(御前 零士)

売春契約 ――若妻の秘密―― (リアルドリーム文庫 57)売春契約 ――若妻の秘密―― (リアルドリーム文庫 57)
(2011/02/28)
御前零士

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

大金が必要になった新妻いづみは、売春クラブのオーナーに騙されて、売春契約にサインしてしまいます。
まだ絶頂すらも知らない新妻が、中年オーナーや見知らぬ男たちに肉奉仕を強要されます。
夫といつか味わいたいと思っていた絶頂を、見知らぬ男たちから与えられる屈辱。
健気な(でも、実は早漏気味の)夫の存在に、哀れさも背徳感もいや増します。
初心な新妻が、背徳と快感の狭間で理性を蕩かしてゆく過程を、心ゆくまで堪能できました。

ただ、人妻官能小説ファンの私としては、少し物足りなかったです。

表紙のイラストからも分かるとおり、本作品のヒロインは、熟れた人妻ではありません。
ピチピチの肌をした、あどけなさの残る22歳の若妻です。
人妻らしい貞淑さや、匂い立つような大人の色香を期待する私にとっては、彼女は若すぎます。

また、日常に潜む落とし穴にはまって、ジワジワと追い込まれて行く人妻の心理描写を楽しみたい私としては、序盤でヒロインがあっさり堕ちてしまったのも残念でした。
著者の繊細でねちっこい性描写は、相変わらず興奮を誘うだけに、あっさり堕ちてしまっては、もったいない気がします。
もっと読者を焦らしてほしかったです。

おそらく本作品は、「初心な新妻が、性感を開発され完堕ちするまでを徹底的に描き切る!」というのがテーマなのだと思います。
初心な新妻好きの方に、オススメの作品です!


【編集後記】
挿絵のあるリアルドリーム文庫では、イラストのヒロインが自分の好みかどうかが、小説自体が自分の好みかどうかのバロメーターになることを発見しました。
同じ著者の作品で、私の好きなヒロインはこちら。

媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)
(2008/06/22)
御前零士

商品詳細を見る


関連記事:脳がしびれる官能小説の醍醐味。「媚肉嬲り」(御前零士)


兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
(2009/03/31)
御前零士

商品詳細を見る


関連記事:嫌嫌が好きな人妻官能ファンに、激オススメの御前作品!「兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄」(御前零士)

人を好きになるということについて、本気出して考えてみた。 ドラマ「恋愛詐欺師」

恋愛詐欺師恋愛詐欺師
(1999/12/01)
TVサントラ

商品詳細を見る


先日、引越しをしました。
荷物を段ボールにつめていると、新婚当時、私が妻に送ったレターが出てきました。
そのレターには、こんな詩が書かれていました。


「告白」 2003-11-02

あんたのことが好きだ
あんたがいれば他に何もいらない
あんたの目が好きだ
あんたの口びるが好きだ
あんたとだったらどんなことでも乗り越えられる
あんたとずっとこうしていたい

俺の人生あんたと出会うためにあった
あんたの生き方が好きだ
あんたの独特な考え方が好きだ
あんたのフットワークが好きだ
あんたの包容力が好きだ

あんたに何かしてあげたい
あんたと幸せになりたい

俺のことをもっと知ってほしい
あんたのことをもっと知りたい
あんたを生んでくれた両親に感謝している
あんたの手のひらが好きだ
あんたの足のうらが好きだ

あんたの手紙を読むと泣いてしまう
あんたのためなら死んでもいい
あんたのことをいつも考えている

あんたとキスをしたい
あんたに手紙を書きたい
あんたにお礼を言いたい
あんたにプレゼントしたい

あんたのことが好きだ

あんたの声をきいていたい


椎名桔平さんと石田ゆり子さんが主演の「恋愛詐欺師」というドラマがあります。
私の一番大好きなドラマです。
このドラマに触発されて書いたのが、このポエムです。
今回、久しぶりにこのポエムを読んで、不覚にも泣いてしまいました。
なんだか他人事みたいですが、「人間って、こんなに人を好きになれるんだ!」と感動してしまったのです。

「人を好きになることは、バカでもチョンでもできる。
大事なのは、その覚悟だ」
というのも、もちろん正しいです。

けれども、その覚悟以前に、人を好きになるというのは、したいと思って誰でもできるものではないし、いつでもできるものではありません。
ものすごく貴重な、有難いものなんです。
神様が与えてくださった運命であり、縁だと思います。

もし涙が出るくらいの恋をしているのであれば、世間の物差しにしばられて、いいとか悪いとか勝手に判断するのではなく、精一杯悔いのないよう、思い切り相手にぶつかっていけば、いいのではないでしょうか?
もしダメなら、この気持ちを受け止められない相手が悪い、というくらいの勢いで。
その結果がどうであれ、自分の好きという気持ちに正直に生きたという思いが、また前向きに歩き出す力をくれると信じています。


【編集後記】
ドラマ「恋愛詐欺師」はVHSのみで、DVD化されていないのが残念です。
私がDVDを持っているドラマはこちらです。
おっちゃんが若い娘と恋に落ちる!?
まさに大人の夢です。

あいのうた DVD-BOXあいのうた DVD-BOX
(2006/03/24)
菅野美穂、玉置浩二 他

商品詳細を見る


ハタチの恋人 DVD-BOXハタチの恋人 DVD-BOX
(2008/03/19)
明石家さんま、長澤まさみ 他

商品詳細を見る




毎晩寝床で楽しむ、息子の嫁の母親。 「母と娘‐ふたつの秘悦‐ 」(霧原 一輝)

母と娘‐ふたつの秘悦‐ (竹書房ラブロマン文庫)母と娘‐ふたつの秘悦‐ (竹書房ラブロマン文庫)
(2010/07/26)
霧原 一輝

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

タイトルは「母と娘」ですが、正しくは「息子の嫁と嫁の母」ものです。
息子の嫁の母というのは、今まで誰も思いつかなかった、ナイスヒロインです。

商社を早期退職し、アジアン料理の店を持つという夢を叶えた修一。
彼は、息子の嫁・景子と嫁の母・亜矢子と同居することになります。
二人の美女とひとつ屋根の下で生活することになった彼は、「いかんいかん」と思いつつも、いやらしい目で彼女たちを見るようになります。

二人がお風呂に入っているときに、わざわざ洗面所に行く。
二人の脱いだ下着を手にとる。
嫁の部屋をのぞく。
嫁の相談にのるうちに、アソコを尖らせてしまう。
嫁の母の相談にのるうちに、うっかり彼女の肩を抱き寄せてしまう。
そして、布団をひっかぶって「恥ずかしいことをした!」と悔やむ・・・
このあたり、主人公に感情移入しながら、日常生活のちょっぴりエッチな瞬間を、存分に楽しむことができます。

なんの変哲もないオジさんが、どうして急にモテるようになるのか!?
そんな野暮なことは言いません。
男の夢を叶えるのが、官能小説の存在意義です。
景子と亜矢子の間で心が揺れる修一。
はたして彼は、どちらかを選ぶことができるのでしょうか?

毎晩寝床に入って、本作品を開くのが楽しみでした。
私は寝る時間が遅いので、すぐに眠くなってしまい、数ページ読んだら本を枕元に置くことになります。
余韻にひたりながら、幸せな気持ちで眠りに入れます。
皆さんも、寝床で楽しむ官能小説、ぜひ試してみてください。
いい夢を見られること請け合いですよ!


【編集後記】
同著者の気になる作品はこちら。
息子の嫁といえば、霧原一輝さん。
今度は、W嫁です!

長編官能小説 ふたりの嫁-禁断の癒し-(竹書房 ラブロマン文庫)長編官能小説 ふたりの嫁-禁断の癒し-(竹書房 ラブロマン文庫)
(2009/02/20)
霧原 一輝

商品詳細を見る

やっぱり彼女の母が好き。 『彼女の母を「調教中」』(榊原 澪央)

彼女の母を「調教中」 (フランス書院文庫)彼女の母を「調教中」 (フランス書院文庫)
(2011/08/23)
榊原 澪央

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

「彼女の母」というのは、「妻の母」よりはるかにリアリティがあります。
妻の母は、夫にとっては自分の母親に近い50代から60代の女性です。
一方、彼女の母というのは、高校生や大学生にとっては、30代後半から40代の女性です。
熟女好きなら、ストライクゾーンのど真ん中です。

彼女は、娘に彼氏を紹介されます。
彼は、イケメンの優等生です。
彼女は、二人がラブラブなのを微笑ましく見守っています。
けれども、一つ心配ごとがあります。
二人は高校生だから、セックスはまだちょっと早いと考えています。
思いあまって、娘のいないとき、彼に「あなたたちには、まだ早いと思うわ」と言ってしまいます。
「それなら、お母さんが彼女の代わりになってください。そうすれば、彼女とは健全なつきあいを続けます」
当然、彼女は「何、バカなこと言ってるの」と取り合いません。
しかし、彼は、思いつめた表情で「本当は、お母さんのような女性がタイプなんです」とか、「初めから、お母さんと知り合いたくて、彼女に近づいたんです」と言い出します。
「こんなオバさんをからかわないで」とか言いながら、彼女の心臓はドキドキしっぱなしです。
まんざらでもないのです。
じつは、夫が単身赴任中で、彼女は欲求不満だったのです。
彼女の本心を見透かした彼は、「じゃあ、娘さんとセックスしますよ」と迫ります。
娘を守るためという大義名分を得た彼女は、しだいに彼の言いなりになっていきます。
しかし、すべては用意周到な彼の姦計だったのです。
初めは、脱ぎたての下着が欲しいとか、おっぱいを見せてほしいとか、かわいいことを言っていたのが、しまいにはオバさんのすべてが欲しいと抱き締められます。
そして、キラーセンテンスの登場です。
「この少年との関係が娘にバレたら破滅だわ・・・」
でも、熟れた空閨が、一度若い肉棒を受け入れてしまえば、容易に手放せなくなることは火を見るより明らかです。
もはや堕ちるところまで堕ちるしかありません。
娘が出かけている間に・・・
二階にいる娘の眼を盗んで、一階で・・・
娘の制服や体操着を着せられて・・・
(妄想が止まりません。。。)

本作品は、大きく前半と後半に分かれます。
前半は、まさに私の妄想の中の「彼女の母」を地で行きます。
会社帰りの通勤電車で読んでいましたが、先走り汁が噴き出して、トランクスに染みて、スーツのズボンまでグッショグショになりました。
正直言って、前半の内容だけで、じっくり一冊書いてほしかったです。
前半は、彼女の母を追い込むだけ追い込んで、繋がらないでほしかった。
そして、終盤では、彼女の母が彼に惚れてしまって、娘に対する嫉妬と罪悪感でドロドロになる。
そんなどこまでも彼女の母の心理描写に寄り添った、本格的な「彼女の母」作品も読んでみたいものです。


【編集後記】
アマゾンで買った3冊が届きました。
これで、秋の夜長も退屈しません。
ホクホクです!
ただ、挿絵のあるリアルドリーム文庫は、通勤電車で読めないのが泣き所です・・・

僕の恋人は熟女義母 (リアルドリーム文庫 61)僕の恋人は熟女義母 (リアルドリーム文庫 61)
(2011/05/24)
小鳥遊葵

商品詳細を見る


新妻【贖罪】 私は牝になる (リアルドリーム文庫 24)新妻【贖罪】 私は牝になる (リアルドリーム文庫 24)
(2009/09/30)
北都凛

商品詳細を見る


売春契約 ――若妻の秘密―― (リアルドリーム文庫 57)売春契約 ――若妻の秘密―― (リアルドリーム文庫 57)
(2011/02/28)
御前零士

商品詳細を見る

高慢ちきな美熟女をいたぶりたい。「極上熟女と美娘」(早瀬 真人)

極上熟女と美娘 (マドンナメイト文庫)極上熟女と美娘 (マドンナメイト文庫)
(2009/08/10)
早瀬 真人

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

豊満美熟女のおねだり (マドンナメイト文庫)」と「熟母の甘い誘惑 (マドンナメイト文庫)」の豊満美熟女ぶりがあまりに素晴らしかったので、同著者の本作品を手にしました。

中学生まで成績優秀だった浩一は、名門高校に進学して挫折感を味わいます。
周りが浩一よりも優等生で金持ちの子女ばかりだったからです。
また浩一には、さまざまな女性との出会いがあります。
近所のぽっちゃりした雪江おばさん、同級生である美少女・愛子、高校中退した不良少女・絵里奈・・・
このあたり、浩一の鬱屈した思いが嗜虐心へと変化していく過程が丁寧に描かれていて、主人公に感情移入でき、作品世界に引き込まれます。

そして、ストーリーのメインディッシュは、担任女教師・奈津美、美少女・愛子、愛子の母親・美也子を別荘に幽閉しての調教です。
巧みな姦計により、三人の女性を監禁するわけですが、注目はなんといっても上流婦人である美也子です。
若さと美貌を兼ね備えた美也子は、PTA会長夫人であり、プライドが高く、高慢なところがあります。
そんな彼女を、娘の目の前で「オバさん」呼ばわりしていたぶり、凌辱し、遂には陥落させる。
人妻官能小説ファンにとって、これほど享楽的なものはありません。

ラストでは、驚愕の結末が待っています。
これは、何度も使える手ではありませんが、官能作家としては一度は書いてみたいところでしょう。
「してやったり」と溜飲が下がること請け合いですよ!


【編集後記】
古本屋さんでゲットした作品はこちら。
凌辱ものを続けて堪能した後は、霧原さんの回春エロスで癒されたい。

母と娘‐ふたつの秘悦‐ (竹書房ラブロマン文庫)母と娘‐ふたつの秘悦‐ (竹書房ラブロマン文庫)
(2010/07/26)
霧原 一輝

商品詳細を見る

【おすすめの官能本ベスト5】 2011年8月~10月ランキング

8月~10月に読んだ官能本の中から、個人的に良かった作品ベスト5を紹介します。
私の趣味嗜好を知っていただき、皆さんの官能本選びの参考になれば幸いです。

【ランキング】
5位
七人の美獣「密室凌辱」 (フランス書院文庫)七人の美獣「密室凌辱」 (フランス書院文庫)
(2008/07/23)
綺羅 光、夢野 乱月 他

商品詳細を見る


関連記事:あなたの夢を叶える凌辱世界。 七人の美獣「密室凌辱」(綺羅 光、夢野 乱月 他)


4位
つぐなう―人妻借金肉地獄 (フランス書院文庫)つぐなう―人妻借金肉地獄 (フランス書院文庫)
(2008/12/22)
郷田 浪

商品詳細を見る


関連記事:凌辱という名の愛。「つぐなう 人妻借金肉地獄」(郷田 浪)


3位
人妻・藤平潤子―魔辱の麗囚 (フランス書院文庫)人妻・藤平潤子―魔辱の麗囚 (フランス書院文庫)
(2009/06/23)
綺羅 光

商品詳細を見る


関連記事:官能小説史上、もっとも美しい人妻。 「人妻・藤平潤子 魔辱の麗囚」(綺羅 光)


2位
あの同僚の妻を… (フランス書院文庫)あの同僚の妻を… (フランス書院文庫)
(2003/08)
鳴瀬 夏巳

商品詳細を見る


関連記事:ずっと好きだったあの子を乱暴に犯したくなる瞬間。 「あの同僚の妻を・・・」(鳴瀬夏巳)


1位
姦ぱにい――こちら野獣商会 未亡人・雪奈の部屋 (フランス書院文庫)姦ぱにい――こちら野獣商会 未亡人・雪奈の部屋 (フランス書院文庫)
(2011/06/23)
綺羅 光

商品詳細を見る


関連記事:綺羅光さんの「焦らし」が凄い件。 「未亡人・雪奈の部屋」(綺羅 光)


【編集後記】
今回は、綺羅光さんの描く人妻、雪奈と潤子を堪能しました。
私は勝手に、この2作品を「史上最高の人妻シリーズ」と呼んでいます。
綺羅さんには、一年に一冊でいい(それ以上欲張りません)ので、このシリーズを書き続けていただきたいです。

テーマははっきりしています。
・官能小説史上最高ともいえる、匂い立つような色香を持つ人妻。
・貞淑な人妻が何らかのやむをえない事情で体を開かされる。
・読者は、徐々に追いつめられていく人妻の心理描写を堪能できる。
・漫画みたいにベタな悪役(基本的に3人組)のキャラが立っていて、憎むに憎めずついニヤリとしてしまう。

もうこれから「人妻官能小説で何を読んだらいいでしょうか?」と聞かれても、迷わなくて済みます。
人妻官能小説ファンにとって、この2作品はまさに殿堂作品です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。