FC2ブログ

神楽坂恵を愛人にするという妄想。 「ドラマノベライズ 幸せの時間(上)」(亀山 早苗)

ドラマノベライズ 幸せの時間(上) (双葉文庫)ドラマノベライズ 幸せの時間(上) (双葉文庫)
(2012/11/28)
ノベライズ、亀山 早苗 他

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
浅倉智子は夫・達彦と高校生の長男・良介、中学生の娘・香織の4人家族。
念願のマイホームに引っ越した翌日、智子は車で女性を轢いてしまう。
やがて、その女性・耀子と達彦が関係を持ち・・・。
妻vs愛人、家族に潜む嘘と秘密――。
家族の“崩壊”と“再生”を通して“幸せ”を見つけ出す、刺激的な昼ドラのノベライズ版・上巻。
原作は国友やすゆきの人気コミック。


本屋でふと見つけて衝動買いしてしまった一冊。
お昼のメロドラマを小説化したもの。
期待通りの典型的なドロドロ不倫劇。
家庭に冷たい嵐が吹きすさびます。
都合良く物事が起こったり、突然人が現れたり、ストーリーが駆け足だったりするのは、ご愛嬌。
笑って水に流してください。
これぞメロドラマであり、これぞノベライズです!

本作品の見どころは、旦那の不倫相手である耀子(ようこ)に尽きるでしょう。
昼ドラで彼女を演じていたのが、あの神楽坂恵さんです。
彼女が、妻子ある男に溺れていきます。
いや、これは男にじゃないですね。
セックスに溺れ、そして少しずつ狂っていきます。
彼女にハマって抜け出せなくなる旦那の気持ちは、同じ男として分かります。
ほっとけない儚さと可愛さ。
脱いだときの妖艶さと淫らさ。
このギャップは奇跡です。
田中美奈子演じる奥さんには申し訳ないですが、相手が悪すぎましたね。
旦那と耀子のラブシーンは、完全に神楽坂さんの肢体を想像しながら読んでいました。
まるで彼女を抱いているような気持ちで・・・
女体描写も完全に彼女を意識して書いてますよ、これは。

そこにあるのが当たり前と思っている家族。
しかし、一旦歯車が狂い始めると、もろく崩れてゆきます。
あらためて家族や夫婦について考えさせされます。
上巻のラスト、今度は妻の周りが騒がしくなってきます。
妻だって女だし、妻だって恋をしたいのです!


【編集後記】
一度見て、一遍に惚れてしまったヌード。
君さえいてくれたら、もう他に何もいらない。
素敵という一言に尽きます。

神楽坂恵写真集はだいろ神楽坂恵写真集はだいろ
(2008/12/20)
FRIDAY編集部

商品詳細を見る


神楽坂恵写真集 はだいろ 海神楽坂恵写真集 はだいろ 海
(2009/08/01)
FRIDAY編集部

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

リア充には絶対に理解できないエロ中年のこと。 「三人の人妻社員【再就職の罠】」(御堂 乱)

三人の人妻社員【再就職の罠】 (フランス書院文庫)三人の人妻社員【再就職の罠】 (フランス書院文庫)
(2012/11/22)
御堂 乱

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

(紹介文)
夫の苦境が三人の人妻の幸せな人生を一変させた!
再就職したオフィスで待つ悪魔上司の凌辱指導。
セクハラ面接、会議室のフェラ奉仕、美肉接待・・・
弱い立場につけこみ、エスカレートする要求。
おぞましくも狡猾な性技に若妻は意に反して絶頂へ。
加代(31)、志穂(37)、由紀恵(27)、美しき社畜たち!


人妻の凌辱者はエロ中年に限る。
本作品を読んでつくづくそう思いました。
エロ中年には、ジワジワと獲物を追いつめていく精神的な余裕があります。
ねっちっこい攻めと焦らしのテクニック。
経験豊富なエロ中年だからこそ、リアリティがあるのです。

いわゆる「黒本」にありがちな「悪魔少年」という設定には無理があります。
悪魔少年なんて、ねちっこい攻めも焦らしのテクニックも知ってるはずがないのです。
たとえ頭で知っていたとしても、実践が決定的に不足しているから、触れなば落ちん人妻を前にして、その魅力に圧倒されるはずです。
あるいは自分の欲望が前に出過ぎて、焦らすなんて芸当はできないでしょう。

エロ中年の存在感は、テクニックだけではありません。
本作品の主人公・加藤圭介は、社長の甥というコネだけで、人事部長にまでなった男です。
これがもう品性のかけらもありません。
ありていにいえば、人間のクズです。
凌辱者を演じているわけでもなんでもなく、根っからのエロ中年&キモ男です。
こんな畜生に目を付けられたが最後、哀れな人妻は、女に生まれたことを後悔するしかありません。

「何らかのやむをえない事情で、人妻が半ば強引に体を開かされる」というシチュエーションが私は大好きです。
それが愛する夫を守るためであれば、なおさら人妻の哀れさを誘います。
本作品はまさにそれを地で行くストーリーです。

人事部長という役得やオフィスという凌辱舞台を存分に活かしています。
また、亭主のいる前で・・・、ラストのエロ老人の登場・・・など、見どころが満載。
読者の読みたいエッセンスが、極上のバランスで散りばめられている。
著者の筆力はさすがですね!


【編集後記】
2012年、日本の男が萌えた作品はこちら。
あなたはどれで萌えましたか?

ドアノブ少女【通常版】ドアノブ少女【通常版】
(2012/05/25)
吾嬬竜孝(企画・撮影)

商品詳細を見る


ぱいすら女子ぱいすら女子
(2012/06/28)
大根 篤徳

商品詳細を見る


びしょびじょ (マイウェイムック)びしょびじょ (マイウェイムック)
(2012/11/13)
サトウテツオ

商品詳細を見る

包容力のある肉感的な熟妻のかわいさが大好物なんです。 「年上の隣人妻」(如月 蓮)

年上の隣人妻 (フランス書院文庫)年上の隣人妻 (フランス書院文庫)
(2006/10/23)
如月 蓮

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
「いつも見ていたんでしょう?私のことを・・・」
瞳を潤ませ、滾る股間を撫でながら囁く年上の淑女。
黒下着からはだけた乳房が、濡れた秘唇が、悩ましい。
大学生が出会い、溺れた人妻は同じマンションの住人。
隣人妻が教えてくれた性の世界は、何と甘美なのか?
理性と欲望の狭間で揺れ動く、熱い午後は終わらない。


豊満で母性を感じさせる綾子。
小柄でかわいらしい麻耶。
スレンダーで快活な奈緒美。
童貞の大学生が、タイプの異なる三人の隣人妻と出会い、性の手ほどきをうけ、性の深淵に足を踏み入れていく。
「セックスって、こんなにいいものだったのか!」
「今まで生きてきて、本当に良かった!」
という、チェリーボーイを卒業した頃のあの感動がよみがえります。
作品全体に、青年の“性の悦び”を知る喜びが満ちあふれています。

三人の人妻の中でも、家庭教師先の生徒の母親である綾子さんが一番のお気に入りです。
何もかも包み込んでくれそうな柔らかい雰囲気。
身長は160センチで、ボリュームある肉感的な肢体。
意外なほどくびれたウエストから肉づきのいい腰へのライン。
まさに女らしさの典型!
“女性の理想像”がここにあるといっても過言ではありません。
旦那さんに、うらやましさを通り越して、嫉妬してしまいます。

人妻の姿や所作を艶っぽく描く、著者の筆の冴えは相変わらずです。
大学生が、熱い視線を送ってしまうのも納得です。
よく知るまでは、普通のおばさんだと思っていた人妻。
でも、バイトに通ううちに、熟れた果実のような魅力を目の当たりにし、得も言われぬ衝動がこみあげてしまう。
彼は、自分の視線や妄想を気づかれていないと思っていますが、人妻は気づいていたのです。
綾子は彼の視線を意識して、彼が来るまでソワソワして過ごしたり、体のラインを強調する服を着てみたり、差し入れにかこつけて子供の部屋に顔を出したり・・・
このあたり、二人の交錯する視線と心理描写が丁寧に描かれていて引き込まれます。

「私なんかおばさんだもの」と言いながら、若い男の視線に気づいて、内心まんざらでもなく、自分にまっすぐな欲望をぶつけてくる若者に、母性をくすぐられてしまう。
この熟妻のかわいさは、大好物です。


【編集後記】
本作品のフランス書院文庫の帯には、編集長が薦める「人妻部門」のベスト1とあります。
ちなみに、編集長が薦める他部門のベスト1はこちら。

「誘惑部門」
甘い生活 最高の義母と最高の義姉妹 (フランス書院文庫)甘い生活 最高の義母と最高の義姉妹 (フランス書院文庫)
(2006/08/23)
弓月 誠

商品詳細を見る


「凌辱部門」
凌色の家 義母と三姉妹 (フランス書院文庫)凌色の家 義母と三姉妹 (フランス書院文庫)
(2008/06/23)
黒沢 淳

商品詳細を見る

今の新参は昔のふーみんを知らないから困る。 「細川ふみえ写真集 piece!」

細川ふみえ写真集 piece! (艶写文庫)細川ふみえ写真集 piece! (艶写文庫)
(2012/11/26)
山岸 伸

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

ふーみんのナチュラルなかわいさは、本当に癒されますね。
雑誌のグラビアを見ては彼女に憧れていた頃のことを懐かしみながら、1枚1枚の写真を大切にページをめくりました。
思えば、グラビアアイドルの中でも彼女のことが一番好きだったかもしれない。

手ぶらのおっぱいのたわみは、垂涎ものです。
ふわふわのマシュマロ乳とは、まさにこのこと!

髪型によっていろんな表情を見せてくれるのも素敵です。

最後まで、もしかしたら脱ぐのかなとドキドキしていました・・・
でもね、これだけきわどいの着ているのだから、「あとは想像できるでしょ!?」と言われてる気がしてきました。
本当にできちゃうんですよ。
「脱いでよ~」「脱いでよ~」と言いながら、頭の中でもう脱がせちゃってるという。
これが写真集の正しい楽しみ方なんですね。
写真集で簡単に脱いでしまわないのは、読者の想像や妄想を大事にするためだったのですね。

デビューから現在までを綴っているのが有り難いです。
人妻・熟女ファンとしては、若いスーパーアイドルの彼女もいいですが、彼女がどのように大人の女性になっていったのかを見たいわけです。
化粧は最近流行のバッチリメイクになってくる。
うっすらと熟脂肪をまとい緩み始めた肢体。
衰え知らずのおっぱい。
人妻・ふーみんを我が物に・・・
妄想は広がるばかりです。

かつてふーみんが好きだった人には、永久保存版としておすすめの一冊です。
ビジネスバックに忍ばせておいて、日常のお供に、出張のお供に、なんて考えているのは私だけでしょうか。
ふと疲れた時、ふーみんがそばにいてくれる。
癒されそうです!


【編集後記】
コストパフォーマンスに優れた「艶写文庫」に大注目!
本屋さんによるのでしょうが、官能小説の棚に一緒に置いてあるのも正解です。
官能小説を買うついでに、ついつい手に取ってしまいます。。。

大竹一重写真集 ひとえ (艶写文庫)大竹一重写真集 ひとえ (艶写文庫)
(2012/11/26)
沢渡 朔

商品詳細を見る

露出ものとしてのスリルは楽しめるが、人妻ものとしての背徳感は物足りない。 「僕の言いなり【兄嫁と義妹】」(早乙女 京一)

僕の言いなり【兄嫁と義妹】 (フランス書院文庫)僕の言いなり【兄嫁と義妹】 (フランス書院文庫)
(2011/10/24)
早乙女 京一

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

(紹介文)
「ごめんなさい。裕美、恥をかきそうなの・・・」
犯されながら少年の首にしがみつく美しき兄嫁。
弱みにつけこんで強引に奪った人妻の操と肉体。
妹も同じベッドで調教されていると知りながら、
26歳の若妻は声を押し殺したまま崩壊していく・・・
「義姉さん、しっかり僕に犯される姿を見るんだ」


兄嫁の義弟に対する介護シーンが秀逸です。
自分を暴漢から守るために怪我をさせてしまったという弱みから、不自由な生活の義弟を不憫に思い、ついつい言いなりになってしまう兄嫁。
義弟は言葉巧みに、介護にかこつけて、なんとかエッチな方向へ持っていこうとする。
兄嫁も若い肉体を目の当たりにして、内心はドキドキしているのだが、青い欲望を誘発しないよう、なんとか事務的に済ませようと頑張ります。
このあたりの二人のやりとりがそそります。
二人の心理描写が丁寧で、もっともっと読んでいたいと思わせます。

しかし、官能小説にありがちな性急さが少し残念でした。
義弟はいきなり悪魔少年に豹変し、兄嫁はあっさりと堕ちてしまいます。
「義弟を惑わせた自分が悪い・・・」
「夫を裏切れない・・・」
と葛藤に苛まれ、精神的に追い込まれていく人妻の心理描写をもっともっと堪能したかったです。
堕ちてしまえば、先が見えてしまいます。
こう言っちゃなんですが、セックスを一通りやったら、次はアナルでしょう。
人妻と一通りやったら、次は若い娘でしょう。
相手が変わっても、やることは同じセックスとアナルです・・・

だからこそ、セックスが始まるまでに、どれだけ女体の色香を堪能できるか。
堕ちてしまうまでに、どれだけヒロインの心理描写を堪能できるか。
それが官能小説のレーゾンデートル(存在意義)です。


【編集後記】
気になる作品はこちら。
普段はまったく関心が無いのに、選挙の季節になると、どうしても政治に興味が湧いてきますね。

美人市議・二十八歳 狙われ 騙され 犯されて (フランス書院文庫)美人市議・二十八歳 狙われ 騙され 犯されて (フランス書院文庫)
(2010/12/22)
風吹 望

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。