FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世間知らずの専業主婦たちの危うさ。 「人妻奴隷調書 美獣に変わるまで」(有馬 童子)

人妻奴隷調書: 美獣に変わるまで (フランス書院文庫)人妻奴隷調書: 美獣に変わるまで (フランス書院文庫)
(2012/03/22)
有馬 童子

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

(紹介文)
「や、やめてください。先生がこんな悪魔だったなんて」
法律相談に訪れた美由紀を裸に剝いた辣腕弁護士。
32歳の乳房と双臀を目にした瞬間、欲望は最高潮に!
相談の名を借りた密室で、秘唇を、未開の菊座を抉り抜く。
(人妻の身体は、こんなに美しくて奥深かったのか・・・)
悪魔の巣で女体を調べられた女は、一人ではなかった!


窮地に追い込まれた人妻は、ワラにもすがる思いで、弁護士事務所の戸をたたく。
人妻の口から語られる相談内容は、淫らさに満ちあふれていた。
夫には絶対に知られてはならない秘密。
弁護士先生ならと、羞恥心に声を詰まらせながら語り始める。
下手な「体験告白本」より、はるかに引き込まれます。
こんな話を、当人である人妻の口から聞かされたら、自分もその男たちと同じように目の前の人妻を裸にひん剝きたくなるのは必至。
あわよくば自分もそんな恩恵にあずかりたい、と考えるのは男の性。
真剣な表情でうなづいていても、パンツは先走り汁でグッショリなわけです。

一般的に人妻官能小説では、ヒロインは欠点のない完ぺきな女性として描かれます。
男のロマンではありますが、どうも人妻のリアリティに欠けます。
後ろ暗さや湿っぽさがほしい。
平成の時代ではなく昭和の時代。
ハイビジョンではなくロマンポルノの世界と言ったらいいでしょうか?
本作品のヒロインたちは、人妻のリアリティに満ちています。
専業主婦らしい生活臭。
世間知らずがゆえの脇の甘さ。
母性を感じさせる情のあつさ。
漏れ出てしまう色香。
それらがゆえに男たちにいいように利用されてしまう。
人妻の悲哀が切なさを誘います。

ただ一つ残念だったのが、性描写のねちっこさが足りず、淡泊だったことです。
主人公のエリート弁護士は、「悪魔」と呼ぶには少し物足りなかったです。


【編集後記】
出張の帰り道、羽田空港から京急ではなく東京モノレールに乗るのにはわけがある。
浜松町駅の本屋さん「文教堂」に寄りたいからです。
官能小説から官能系一般小説まで、充実の品ぞろえです。
本日購入したのはこちら。

妻の母・三十九歳 (フランス書院文庫)妻の母・三十九歳 (フランス書院文庫)
(2013/01/25)
山口 陽

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

セックス観も女性観も変えてしまう、人妻官能小説の殿堂。 「人妻媚肉調教 ―内助の功は肉体接待―」(御前 零士)

人妻媚肉調教 ――内助の功は肉体接待―― (リアルドリーム文庫 100)人妻媚肉調教 ――内助の功は肉体接待―― (リアルドリーム文庫 100)
(2012/12/25)
御前零士

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

(紹介文)
愛する夫のために憎き男に我が身を差し出す美人妻!
夫の会社を買収した大河内HDの会長を訪ねた妻の美夏は、
会社存続の見返りとして自身の肉体を要求される。
「あなたと、一晩・・・・・・すれば、助けていただけますか?」
Fカップの豊満な肉体ながら清楚かつ貞操観念篤い人妻が
粗野で醜き肥満中年に汚され、快楽地獄へ堕とされる!


本作品は「リアルドリーム文庫」の記念すべき第100弾です。
人妻官能小説の王道ともいえる、シンプルでオーソドックスなストーリー。
いや増すリアリティ。
エロ中年のキャラ立ち。
濃厚な性描写。
人妻の心理描写。
著者の真骨頂が凝縮されています。
たしか、「リアルドリーム文庫」の第1弾も同著者でした。
私が人妻官能小説ファンになるきっかけとなった作品です。
あの頃から、さらに進化しています。

とにかく、五感を刺激するねちっこい性描写は圧巻です。
臭い、味、音、手触り、視覚。
セックスって、こんなにも味わい深いものだったのですね。
本作品のセックスと比べれば、私がしてきたセックスなんてのは、セックスのオママゴトみたいなものです。
神聖な女体を前にして、全然味わえていなかった。
セックスとは何たるかを、全然わかっていなかった。
たとえば、小指の爪の先をアナルに入れる。
たとえば、アナルのシワの一本一本まで味う。
たったそれだけのシーンで何ページも費やす。
エロ中年のキャラに似合わぬ、大人の余裕さと繊細なテックニック。
読んでいるだけで、五感がフル稼働して、ヘトヘトになるくらいです。

本作品を読んで、女性観まで変わりました。
いい女とはまさにヒロインのような女性です。
夫の窮地を救うため立ち上がった若妻・美夏。
体をトロトロに蕩けさせられても、心だけは夫を裏切らない。
最後まで愛する夫への罪悪感を失わない。
卑劣な凌辱者に、心までは引き渡さない。
彼女の健気さと貞淑さは、女の鑑であり、人妻の鑑です。
美しい顔、美しい体、美しい心。
そんな清楚な女性が、男の性技によって性感を開発され、最後の最後に性の悦楽に陥落する。
これ以上の美しさはないでしょう。
美しい女の価値というのを思い知りました。
精力あふれる男たちを、虜にし、楽しませ、元気にする。

人生は思っているほど長くはありません。
美しいメスを追い求めるオスの本能に正直に生きようと、心に誓いました!


【編集後記】
私が大好きな同著者の作品はこちら。
何度も読み返しています。
再読に耐えうる官能小説は本物です。

媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)
(2008/06/22)
御前零士

商品詳細を見る


兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
(2009/03/31)
御前零士

商品詳細を見る

娘をダシに母を、母をダシに娘を! 「手をつないだ母娘は痴姦を拒めない」(相馬 哲生)

手をつないだ母娘は痴姦を拒めない (フランス書院文庫)手をつないだ母娘は痴姦を拒めない (フランス書院文庫)
(2013/01/25)
相馬 哲生

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
(いけない。娘の前で感じるなんて絶対にだめっ)
満員電車、熟れた尻を這いまわる痴漢の指先。
緊張が薄布の下の性熱を増し、口からは喘ぎが。
志穂の顔はいつしか「女の貌」へと変わっていく。
母の異変に気づいた少女も指戯の餌食にされ、
美母娘は手を握りながら蟻地獄に堕ちていく・・・


娘をダシに母親(熟れた人妻)を狙うというのは、私の大好物です。
娘を守るために、娘に目を向けさせないために、凌辱者の言いなりになっていく母親。
一方、凌辱者を母親の知り合いと信じてしまった娘は・・・
詳細はネタバレ自重しますが、娘想い、母想いの心を最大限に利用した、リアリティのあるシチュエーション力が素晴らしいです。
文脈的なつながりもなく、たんに母親、娘、最後はハーレムという安直な官能小説とは一線を画します。

また、母親と娘と凌辱者の心理描写の丁寧さには舌を巻きます。
心理描写がくどいとか、性描写が薄いと感じる読者がいるかもしれませんが、ここまで徹底していると、著者は確信犯でしょう。
母親と娘が、あんな健気ことを考え、それと同時にこんな卑猥なことも考えているのか。
そんな、男性読者が普段うかがい知れない、女心の細部を垣間見れるのが、男として官能するし、官能小説の醍醐味なんですね。

人妻官能小説ファンの私は、今まで女子高生が出てくると流し読みしていました。
でも、今回は初めて女子高生に萌えました。
心理描写が丁寧だから、娘の気持ちに寄り添うことができ、一気に引き込まれるのです。
母親思いの健気で真面目な、でも背伸びして早く大人になりたいと思っている、危うい年頃。
女子高生も捨てたもんじゃない。
官能世界がまた一つ広がりました!

女子高生が苦手な人妻官能小説ファンに捧ぐ!


【編集後記】
気になる作品はこちら。
リアリティあふれる未亡人像を期待します。

蜜会 濡れる未亡人 (竹書房ラブロマン文庫)蜜会 濡れる未亡人 (竹書房ラブロマン文庫)
(2011/02/28)
葉月 奏太

商品詳細を見る

官能小説好きが必死すぎて笑える件について。

風間ゆみ写真集 bittersweet風間ゆみ写真集 bittersweet
(2013/01/25)
不明

商品詳細を見る



当ブログを訪れてくださる皆さんは、大の官能小説好きだと思います。
三度の飯よりも好きってくらいにね。
そこで、皆さんの官能小説好きぶりを採点してみたいと思います。
あたなはいくつ経験がありますか?
“官能小説好きあるある”として楽しんでいただいても結構です。


【官能小説好き度チェック】

(1)仕事から帰って疲れているのに、お風呂で官能小説を読んでいて、途中でウトウトしてしまい、官能小説を湯船に落っことしたことがある。
(そういうときに限ってお気に入りの作品で、本がシワシワになって後悔する・・・)

(2)満員電車の中で官能小説を読んでいて、挿絵のページが来ると、隣から覗かれるのを恐れて、本を閉じてしまう。
(そのあと手持ち無沙汰で、到着までが長く感じられること・・・。それ以来、真面目な本も一冊持ち歩いている。)

(3)官能小説は家族に見られないように、本棚の奥かカギ付きの棚に大切にしまってある。
(自分専用のカギ付きの棚を買った時はうれしかったなあ・・・)

(4)本屋さんへ行って、官能小説の棚で物色しているおじさんたちがいると「あなたもですか!」と妙な親近感をおぼえる。
(でも、あまり長居されると、ゆっくり官能小説を探せないので、ちょっと困る・・・)

(5)フランス書院の新井田孝さんのイラスト入りの栞(しおり)がたまる。オシャレで気にいってるが、色っぽ過ぎてふだん使いづらい。
(「リアルドリーム文庫」のグラマーな黒下着の栞もたまる・・・)

(6)官能小説を読んでいるとはとても思えないような、頭が良くて真面目そうに見えるブックカバーを愛用している。
(布製、革製、ビニル製、紙製・・・。毎日手に触れるものだからブックカバーにはこだわりたい)

(7)小遣いが少ないのに、最近の文庫は700円もするから、ちょっぴり高いなあと思っている。
(でも、一つの作品を書き上げるまでの作家さんたちの苦労を考えると、やっぱり安いよなあと思い、感謝の気持ちが湧いてくる)

(8)妻や彼女に、プレゼントは何がいい?と聞かれて、思わず「図書カード」と言ってしまったことがある。
(官能小説を大人買いしたいからとは、絶対言えない・・・)

(9)凌辱作品の読み過ぎで、セックスの最中に、いやらしい言葉で責めたり、淫語を言わせたりして、妻や彼女に「変なもの読み過ぎ!」とドン引きされて、冷や汗をかいたことがある。
(影響受け過ぎて、無意識のうちに言っちゃうから怖い・・・)

(10)読みたい官能小説を探すとき、アマゾンのDSKさんのレビューを参考にしている。
(DSKさんが★5つ付けた作品は、まず間違いないよなあ・・・)


あなたはいくつ心当たりがありましたか?

あなたの“官能小説好きあるある”もぜひ教えて!


【編集後記】
気になる新刊はこちら。
娘をダシにして母親を狙うのは、大好物です。

手をつないだ母娘は痴姦を拒めない (フランス書院文庫)手をつないだ母娘は痴姦を拒めない (フランス書院文庫)
(2013/01/25)
相馬 哲生

商品詳細を見る

学生のうちに知っておくべきオノマトペのこと。 「継母強奪 私は義息に奪われた」(屋形 宗慶)

継母強奪 私は義息に奪われた (リアルドリーム文庫 60)継母強奪 私は義息に奪われた (リアルドリーム文庫 60)
(2011/04/22)
屋形宗慶

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

(紹介文)
年上の夫では満たされぬ女ざかりの人妻、美月。
けだるい自慰にふけってしまう彼女の隙を狙い、
義理の息子・紘人が継母へと襲いかかる。
(こんな、無理矢理感じさせるなんて・・・酷い・・・!)
若々しい肉体から施される調教じみたセックス。
やがて美月は夫を裏切り、義息に寝取られてゆく。


欲求不満を秘めた若い継母(31歳)が義理の息子に襲われるというストーリーは、いたってオーソドックス。
実母に逃げられた父親に対する恨みと軽蔑が、継母を寝取る動機になっています。
継母のダイナマイトボディとねちっこい性描写で読ませる、本格官能作品です。

男好きのする美月の体は、肉感的な人妻が大好きな読者にはたまらないはず。
肉がパンパンに詰まっているんだけど、くびれるところはしっかりくびれている。
騎乗位や後背位でのヒップシェイクとバウンドぶりなど、とくに尻の迫力が凄かったです。

また、ねちっこい性描写に貢献しているのが、いやらしい音、音、音。
セックスの最中って、こんなにいろんな音がしていたんですね!
今まで聞きのがしてましたよ。。。
発射音はもちろん、打撃音、摩擦音、粘着音、吸引音・・・
それらが毎回微妙に違う音なんです。
しかも、一回の音の中でも徐々に変化していく。
あるいは二つの音がリズミカルに繰り返される。
オノマトペ(擬音語、擬態語)のオンパレード。
音の違いを聞き分けることで、映像がリアルに目に浮かんでくるから不思議です。

義息の虜になった美月は、やがて呂律がまわらないバカっぽいせりふ回しで、淫語を積極的に吐くまでになります。
その間、彼女の夫への愛情がどんどん変化していきます。
心優しい夫を愛していたはずなのに、だんだんと夫のことを見くびるようになっていきます。
でも、鈍感な夫は、仕事に明け暮れて何も気づかない。
このあたり、男らしいオスを求めるメスの本能とその冷酷さを見せつけられました。
ライオンのプライド(群れ)を連想させます。
闘いに敗れたオスは、メスから見向きもされなくなり、群れから去っていく。
まあ、ライオンの場合、敗れたオスはみずから群れから去るわけですが、この父親ときたら最愛の妻の気持ちが離れていることに気づきもしないのですから、アホ丸出しです。

読む前に期待していた、貞淑さや背徳感を前面に押し出した人妻作品ではありませんでしたが、とことん性に溺れるメスの欲深さを堪能できました。

たまには、淫乱肉感妻で本格官能を!


【編集後記】
気になる作品はこちら。
ターゲットは法律相談に訪れた人妻。
主人公は辣腕弁護士。
エロいインテリは、どうやって人妻を追い込むのか!?

人妻奴隷調書: 美獣に変わるまで (フランス書院文庫)人妻奴隷調書: 美獣に変わるまで (フランス書院文庫)
(2012/03/22)
有馬 童子

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。