FC2ブログ

震災時の、我々のモラルと良心を問う、問題作。 「奴隷街」(御堂乱)

奴隷街: すべての女が牝になった (フランス書院文庫)奴隷街: すべての女が牝になった (フランス書院文庫)
(2013/04/25)
御堂 乱

商品詳細を見る



おすすめ度:★★★★

(紹介文)
「娘には手を出さないで!私は何をされてもいいから」
暴徒に押し倒され、白い裸身を震わせる人妻・志保。
割り広げられた38歳の太腿、群がる男の手指、肉茎・・・
大災害で治安を失った街は「レイプ劇場」と化した!
牝を求めて民家へ学校へ病院へ押し寄せる飢狼の群れ。
母親が、女教師が、女医が、道ばたで凌辱される狂宴!


未曾有の大震災により、東京は無法地帯と化す。
夢や希望を失った青年。
家族や財産を失った中年。
混乱に乗じて、彼らが集団で、かねてから憧れていた女たちを襲う。
世の中が治安を失うと、自暴自棄になると、人間はここまで下劣になってしまうのでしょうか。
もちろんあってはならないことである。
もし、この作品にリアリティがないと思えたなら、我々は喜んでいいのかもしれない。
現実の我々は、どんなに悪くても、もう少しはまともだということだから。

男たちのターゲットになるのは、いつだって、彼らの情欲をあおる美しい女たち。
いい女に生まれたことを後悔するほどの恥辱。
はたして、狼藉をはたらく卑怯な男たちに天罰は下るのか!?

初めてこの作品の存在を知ったとき、戦慄が走りました。
思いつきそうで、誰も思いつかなかった、大震災後の無法地帯という設定が秀逸です。
そんな妄想したことなかったけど、言われてみると、読みたくて仕方ない。
無謀な設定にもかかわらず、娯楽性と官能性を高いレベルで両立させる、著者の筆致は見事です。

恥ずかしながら、ひさびさに官能小説を読みながら、自慰にふけってしまいましたよ。
ふつう、官能小説を読むときは、自慰をするつもりはないはずです。
自慰をするなら、画像とか動画とか、もっと手っ取り早いものがありますからね。
お風呂で本作品を読んでいたのですが、アソコがうずき、気がつくとボディソープをぬりたくり、しごきあげている自分がいました・・・
そんなつもりは全然なかったのに、ついうっかりアソコに手が伸びている。
これぞ、官能小説の醍醐味ですね。


【編集後記】
今、楽しんでいるエッセイ本はこちら。

すべての女は美しい (だいわ文庫)すべての女は美しい (だいわ文庫)
(2006/09)
荒木 経惟

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

女も男も、成熟すればするほど良くなっていく。それが嬉しい。 「蜜会 濡れる未亡人」(葉月 奏太)

蜜会 濡れる未亡人 (竹書房ラブロマン文庫)蜜会 濡れる未亡人 (竹書房ラブロマン文庫)
(2011/02/28)
葉月 奏太

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

(紹介文)
三十二歳の麻倉美佐子は、三年前に病気で夫を亡くして以来、独り身で暮らしている。
女盛りの体が疼く寂しい夜もあるが、亡夫のことが忘れられない彼女は、男からの誘いはすべて断っていた。
そんなある日、妹の朋美から婚約者の浩之を紹介されて驚く。
義弟となる浩之は亡夫によく似ており、美佐子の心は激しく乱される。
不安定な状態に陥った美佐子は、ずっと言い寄られていた会社の上司につい身を任せてしまう。
三年間の禁欲生活から女に目覚めた美佐子は、さらにその後、浩之とも妖しい雰囲気に…。
貞淑だった未亡人が快楽に溺れていくさまを、注目の新鋭が鮮烈に描ききった禁惑エロスの傑作。


亡き夫に操をたてる、未亡人の心理描写を堪能できます。
過去から未来まで、
明るい部分から暗い部分まで、
貞淑から成熟まで、
余すことなくヒロインの心理に寄り添うことができます。
人妻の心理描写を楽しみたい、人妻官能小説ファンにはたまらない作品に仕上がっています。

妹の婚約者が、亡き夫に似ているって?
そんなのは自分自身への言い訳に過ぎません。
女に生まれたからには、いつまでも女でいたい。
人として生まれたからには、愛したいし、愛されたい。
大人の成熟した女性として、当たり前のことです。
恥ずかしいことでも、後ろめたいことでもありません。
大人の男性とのアバンチュールから、官能に目覚めていきます。
遅まきながら性の花を咲かせていくわけです。
夫を早くに亡くしたからといって憐みの目で見られることを拒絶し、キャリアウーマンとして自立する。
その一方で、恋や性に対しては、好奇心旺盛で素直で率直な面もある。
この二面性が、美しいヒロインの魅力を一層引き立てています。
きっと彼女のことをほっとけない、本気で大切にしたいと思う男性が現れるでしょうね。
本作品を読むと、大人になるのも悪くないなあ、いや、むしろ大人にならないと分からない深遠な世界ってあるのだなあと、うれしい気持ちにさせてくれます。

たとえ性に目覚めていっても、決して下品にはならない
淫乱にならずに、ますます女として輝きを増す。
著者の女性の描きっぷりは、愛にあふれていて見事です。
年齢をへるごとに、女の悦びを経験するごとに、ヒロインは輝いてきます。

久しぶりに読み進めるのが惜しい、もったいない官能作品と出会いました。
一般小説の場合、「一気読みの面白さ!」とよく言われます。
しかし、官能小説の場合、まだその上があるのです。
この先の期待感が膨らみ過ぎて、興奮してアソコが疼き過ぎて、おちおち先を読んでいられない。
読み進めるのがもったいなくて、泣く泣く本を閉じてしまう。
官能小説にとって、これが最上級の褒め言葉なのです。


【編集後記】
前の記事で紹介した、私が今ハマりそうな田舎妻。
関連作品はこちら。

禁断告白 田舎妻のひめ事 (竹書房ラブロマン文庫)禁断告白 田舎妻のひめ事 (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/09/27)
人妻告白編集部

商品詳細を見る


禁断告白 田舎妻の艶肌 (竹書房ラブロマン文庫)禁断告白 田舎妻の艶肌 (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/12/25)
人妻告白編集部

商品詳細を見る

結局、男にとって村の卑猥な風習とは何なのか? 「田舎妻のあやまち」(人妻告白編集部/編)

禁断告白 田舎妻のあやまち (竹書房ラブロマン文庫)禁断告白 田舎妻のあやまち (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/06/12)
人妻告白編集部

商品詳細を見る



(紹介文)
祭り、しきたり、しがらみ、地域社会、・・・
日本のどこかで秘かに営まれる、人妻たちとのまぐわい!
ビニールハウスの陰、放置された村の神社・・・
のどかな田舎に見え隠れする、人妻たちの淫らなホンネ。


おすすめ度:★★★

かつて日本の村には乱交や夜這いの風習があったといいます。
そんな風習が現代にもまだ残っていたとしたら・・・
そんな妄想を叶えてくれるのが告白体験談形式の本書です。

現代の明るいオシャレな都会からすると、別世界に迷い込んだ感じです。
昭和にタイムスリップした雰囲気。
猥雑で、卑猥な世界。
自然の解放感が人間の本能を目覚めさせ、男と女を、オスとメスに生まれ変わらせてくれるのかもしれません。

村のいかがわしい風習というのは、何のためにあったのでしょうか?
もちろん、村や一族の団結力を強めるためというのもあったでしょうが、それは表向きの理由でしょう。
つらい肉体労働の一方で、刺激のない平凡な日常。
欲望や不満をつのらせた男たちが、犯罪や不倫に走りトラブルを起こされては困る。
卑猥な因習が、男たちの欲望や不満の捌け口となっていたことは間違いないでしょう。
一種のお祭りであり、祝祭であり、非日常性とスリルを楽しむ。
村人に許された公然のアバンチュールは、日々の生活への不満を解消し、かつ村の連帯感を生みだすことに役立っていたのでしょう。

こういった生々しい話は、中途半端に小説の形を取ると、作り物めいて嘘っぽくなってしまう。
投稿の形でシンプルに語られることで、臨場感たっぷりで、リアリティもいや増します。
各地の方言が飛び交って、半分くらいは何を言っているのかも分からない。
読者の想像力が試されるわけです。

登場する人妻たちも、当然初めは抵抗します。
しかし、村の習わしと言われれば、仕方ないという気になります。
一旦観念したあとは、男たちの欲望を受け入れ、包み込んでくれます。
そして、習わしだという言い訳を得た人妻たちは、背徳やスリルを楽しみ、快楽に貪欲になっていきます。
これが大人の女性が持つ、順応性であり包容力なんですね。


田舎妻に、ハマりそうな予感です。


【編集後記】
本日、書店でゲットしたヤバい新作はこちら。
この本を開くことを想像しただけで、息が詰まり、胸が苦しくなる・・・

奴隷街: すべての女が牝になった (フランス書院文庫)奴隷街: すべての女が牝になった (フランス書院文庫)
(2013/04/25)
御堂 乱

商品詳細を見る

本当に愛する人とセックスする喜びに勝るものはない。 「僕だけの若未亡人」(弓月 誠)

僕だけの若未亡人 憧れの彼女(ひと)は管理人 (フランス書院文庫)僕だけの若未亡人 憧れの彼女(ひと)は管理人 (フランス書院文庫)
(2011/06/23)
弓月 誠

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

(紹介文)
僕が棲む下宿の管理人は、29歳、最高の若未亡人。
部屋中に立ちこめる年上の色香に悩殺されて、
風呂上がりのバスタオル姿に狂わされた甘い日々。
積極的な誘惑を仕掛ける後輩女子大生の登場で、
未亡人の熟れた身体に小さな嫉妬の炎が生まれて・・・
優しく淫らなぬくもりに癒される素敵な下宿生活!


高橋留美子さんの『めぞん一刻』(全15巻)という漫画があります。
下宿している大学生と、下宿屋の管理人である若未亡人の恋を描いたラブコメです。
高校時代に愛読していたので、私の恋愛観や女性観は、『めぞん一刻』の影響を色濃く受けています。

本作品は、漫画『めぞん一刻』をオマージュした官能作品です。
『めぞん一刻』のキャラやストーリーといった雰囲気はそのままに、あの作品がもっと官能的だったら・・・
そんな積年の妄想を叶えてくれる、『めぞん一刻』ファンにはたまらない作品です。

下宿人の主人公が、大学の後輩の彼女と会ったり、彼女から電話がかかってきたりすると、管理人さんはとたんに冷たい態度をとり、しばらく冷戦状態が続く・・・
ハタから見れば、下宿人と管理人さんが相思相愛なのは明らかなのに、本人たちは気づかないという鈍感さは相変わらず。
いつまでたっても、お互い自分の思いを素直に伝えられないわけです。
なかなか思うように進まない二人の恋の行方に、焦らされやきもきした、当時の記憶がよみがえります。

管理人さんと二人きりで過ごす夜のドキドキ感がたまらない。
お互い相手の心を探りながら、秒単位、ミリ単位で心と体が近づいていく。
この雰囲気が良くて、いつまでもそうしていたい。
その先に進んでほしくないような、でもやっぱり進んでほしいような。
管理人さんは、世話好きなお姉さんタイプなのに、恋愛にだけは初心というギャップが、かわいくてたまりません。

やっぱり、本当に愛する人とセックスする喜びに勝るものはないですね。
経験したことのある人にとっては、当たり前。
今さら何言ってるの、という感じでしょう。
でも、分からない人には一生分からない。
言葉で説明して分かるようなものではない。
最愛の人と、ついに結ばれた時の感動が、いつまでも胸に残っています。


【編集後記】
気になる作品はこちら。

禁断告白 田舎妻のあやまち (竹書房ラブロマン文庫)禁断告白 田舎妻のあやまち (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/06/12)
人妻告白編集部

商品詳細を見る

妹の体がむちむちの巨乳で理想的すぎる件。 「巨乳聖女 田崎琴美」

巨乳聖女田崎琴美 (Twinkle)巨乳聖女田崎琴美 (Twinkle)
(1997/10)
牧田 仁

商品詳細を見る


上記作品のカバー写真がNo Imageなので、表紙写真はこちらでご覧ください。(同じカットです)

貴重♪絶版♪巨乳同級生 田崎琴美 オールカラー 巨乳


おすすめ度:★★★★★

古本屋さんで、見つけたコンパクト写真集。
表紙の、重力に逆らえないおっぱいと、ぽっちゃりしてそうな雰囲気に一目惚れ。
一週間前にふと見つけて、めちゃめちゃ気になっていました。
一週間ぶりに古本屋をのぞいてみると、まだあったので、宝くじみたいな気持ちで「当たるかな?」と購入。
家に帰って袋を開くときのドキドキ感がたまりませんでした。
結果は、うれしい悲鳴です。
私の目に狂いはなかった!

前半は、清楚で純粋な女子高生のイメージです。
彼女の素朴な雰囲気と、撮影場所である田舎の駅舎や校舎との相性は抜群。
セーラ服姿はとっても清楚なのに、白い肌を、たわわに実ったおっぱいを、惜しげもなく披露してくれます。
純真無垢な感じと圧倒的な女体とのギャップが素敵です。
おっぱいは、私の理想です。
重力に逆らえない圧倒的なボリューム。
乳輪も乳首も、小さすぎず薄すぎずしっかりと存在感がある。
こんな母性的なおっぱいを求めていたのです。
「私、脱いだらすごいんです」をまさに地で行く。
恥ずかしそうにしている体操着姿(もちろんブルマ)は垂涎ものです。

私は、琴美ちゃんが自分の妹という設定で楽しみました。
豊満な妹が、兄である私を大胆に誘惑してくるわけです。
聖女の笑顔なのに、めちゃめちゃ大胆なポーズで誘ってきます。
しかも脱いだら、兄である私の理想を100%叶えてくれる体をしているわけです。
恥ずかしながら「琴美ちゃーん!」と切羽詰まった声で絶叫してしまいましたもん。
書斎で一人、感嘆の声を上げるというのも、写真集の楽しみの一つですね。

おっぱいだけでなく、肉づきのいいお腹、お尻、太股もしっかり披露してくれています。
ただ、恥ずかしがり屋さんなんでしょうね。
琴美ちゃんは自信が無いのかもしれませんが、ポッチャリ好きの男にはかわいくてたまらない魅力なわけで、もう少しおっぱい以外の肉づきを強調した写真を見てみたかったです。
まあ、これは贅沢過ぎる望みでしょうか。
タイトルの「巨乳聖女」というテーマからも外れますしね。

私の妄想の中では、琴美ちゃんが少しずつ成長していきます。
高校を卒業し、都会に出て働き、一人暮らしを始め、若妻となる。
成長していく妹の姿を見守る兄の心境で、ページをめくっていきました。

残念なことに、現在のグラビアでは、こういうむっちり体型の女性は少ないでしょう。
だからますます貴重な作品です。
もう、一生の宝物にします。
琴美ちゃんと出会わせてくれた、古本屋さんと神様に感謝です。


【編集後記】
当ブログおすすめのコンパクト写真集はこちら。

艶写文庫 (西川改め)仁支川峰子 from MINEKO艶写文庫 (西川改め)仁支川峰子 from MINEKO
(2012/12/25)
佐藤 健

商品詳細を見る


細川ふみえ写真集 piece! (艶写文庫)細川ふみえ写真集 piece! (艶写文庫)
(2012/11/26)
山岸 伸

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。