FC2ブログ

恋に必要なのは、少しの運命と少しの勇気。 「駅から始まる恋の物語」(東 タイラ)

駅から始まる恋の物語 (エンジェルコミックス)駅から始まる恋の物語 (エンジェルコミックス)
(2013/07/17)
東 タイラ

商品詳細を見る


(紹介文)
いつもの見慣れた駅で、乗り換えただけの駅で! ?
男と女が出会うきっかけなんて偶然?それとも出会うべく運命?
こんなふうに恋愛が始まったら最高かも! っていう、さりげなく、そしてドラマティックに駅から始まる恋を集めました!
ちょっぴりエッチでも、そこは大人の恋だもの!
じっくりと2年かけて描きためた自信作です! !


おすすめ度:★★★★

たくさんの人たちが行き交う駅。
私たちも本当は運命の異性(ひと)とすれちがっているのかもしれない。
でも、日々の忙しさに流されて、疲れた顔をしている私たちは、そのことに気づけないでいる。
出会いには、少しの運命だけでなく、少しの勇気も必要です。
男性は欲望が大きいわりに、振られるのが嫌で、傷つくのが怖くて、勇気が足りない。
男性がためらっているところで、女性がタイミングよく、男性の背中を押してくれる。
このあたり、現代の草食系男子の願望が色濃く反映されていると言っちゃえばそれまでですが、現実もうまくいくときはたしかにそうだよなと、妙なリアリティがあります。

駅で起こるささやかな触れ合いや出来事が、ドラマティックに運命の出会いへと発展します。
すごくエッチなのに、どこか爽やかな風が吹いている。
まるでスピッツの歌を聴きながらドライブしているような爽快さ。
こんなに明るくあっけらかんとしたエッチを目の当たりにすると、恥ずかしくて頬がポッとなっちゃいます。。。

女の子がみんなスリムボインなのも、幸福感あふれるストーリーにぴったりです。
正直に告白すると、今までスリムボインには苦手意識を持っていました。
どうもアンバランスで痛々しいイメージ・・・と、勝手に決めつけていました。
でもね、著者の描く女の子は、清楚でかわいいから許しちゃいます。
若さあふれるハリのある胸が、揉みこむ手のひらを押し返してくる描写は垂涎ものです。
スリムボインも捨てたもんじゃないと、また官能の世界が広がりました。

毎日、何気なく通っている駅から、こんないくつもの恋が始まれば素敵ですね。
明日から、駅に向かう足取りが軽くなりそう。
まずは、駅や電車で、毎日出会う、気になる女性を見つけることから始めてみたいと思います。
最近、トキメキを忘れているサラリーマンにおすすめの一冊です!


【編集後記】
同著者の気になる作品はこちら。

まじわりオフィス (VITAMAN SELECT)まじわりオフィス (VITAMAN SELECT)
(2010/12/17)
東 タイラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

男の愛の言葉をちゃんと受け止めることのできる女性は素敵だ。 「蜜情の宿-ふしだら若女将-」(葉月 奏太)

蜜情の宿-ふしだら若女将- (竹書房ラブロマン文庫)蜜情の宿-ふしだら若女将- (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/01/23)
葉月 奏太

商品詳細を見る


(紹介文)
藤島紗和は信州の老舗温泉旅館「藤島屋」で、清楚で美人の若女将として宿を切り盛りしていた。
しかし、夫の孝志が突然失踪してしまう。
夫が帰ってくるのを待ちながら、若女将として気丈に働く紗和だが、失踪から二年が経過し、心も体も淋しさが募っていた。
そんな時、紗和は地元企業の社長である倉澤敦夫から口説かれ、淋しさからつい抱かれてしまう。
さらに夫の弟である和樹から、「ずっと義姉さんが好きだった」と迫られ、押し倒されて…。
淑やかだった温泉宿の若女将が、未亡人状態の淋しさから男たちに体を許してしまい、しだいに快楽の虜になっていく姿を描いた、淫惑の美熟女エロス。


おすすめ度:★★★★★

夫が失踪したにもかかわらず、懸命にひたむきに旅館を切り盛りする若女将(32歳)。
彼女の苦悩や寂しさなど、心理描写が丁寧に描かれており、引き込まれます。
彼女に惚れる男たち同様、読者も彼女を応援したくなります。
それにしても、ひたむきな女性って、どうしてこんなに男を虜にするのでしょうか。
彼女の健気な姿が、男の守ってあげたい、支えになってあげたい、という保護欲を刺激します。
いてもたってもいられなくなります。
ほっとけないわけです。

着物の似合う淑やかな若女将が、二人の男から求愛され、性の深淵に堕ちていく姿を堪能できました。
ふつう夫でない男と関係を持ち、しかも性感が開発され、どんどん溺れていくと、タイトル通りふしだらになっていきます。
品がなくなって、淫乱になっていきます。
でも、著者が描くヒロインは、けっしてふしだらにならない。
頭の片隅には常に夫のことがあるし、夫を裏切って申し訳ないという気持ちがあります。
このあたり、著者の筆致には、ヒロインに対する愛があふれており、毎度のことながら巧いなあとうならされます。

官能小説らしからぬ、ラブロマンスものとしても楽しめました。
私ね、こんなおっさんですけど、好きな人に「好きだ~!」というのがとっても好きなんです。
人は、好きな人に好きというために生まれてきたんじゃないかと、本気で思ってるくらいです。
年上の実業家と年下の義弟から、愛の告白をされる若女将。
官能小説で、ここまでヒロインを本気で口説くのも珍しいです。
それを逃げも隠れもせずダイレクトに受け止めて、ちゃんと心に響かせてくれる、ヒロインは素敵ですね。
読後、若女将の紗和さんには、ぜったい幸せになってほしいと思いました。


【編集後記】
同著者の気になる作品はこちら。

未亡人バスガイド (竹書房ラブロマン文庫)未亡人バスガイド (竹書房ラブロマン文庫)
(2013/06/24)
葉月 奏太

商品詳細を見る

あなたの彼女は巨乳ではないし、あなたは巨根ではない件。 「七匹の人妻【つけ狙われて】」(佐伯 秋彦)

七匹の人妻【つけ狙われて】 (フランス書院文庫)七匹の人妻【つけ狙われて】 (フランス書院文庫)
(2013/06/26)
佐伯 秋彦

商品詳細を見る


(紹介文)
(誰かが私を見ている……ずっと見張られている……)
マンションの窓外に亜矢子が感じる不吉な視線。
夫が出張でいない夜、人妻の前に姿を現わした凌辱者。
リビングに押し倒され、下着を引き剥がされる35歳。
抉り込まれる肉茎、悲鳴はいつしか嗚咽に変わり……
澪香、由貴、ゆり子……飢狼に狩られる七匹の美妻!


おすすめ度:★★★★★

人妻官能ファンの大好物である、人妻官能オムニバスの新刊。

人妻官能オムニバスの魅力とは何でしょうか?
いろんなシチュエーションで、いろんなタイプの人妻が味わえる。
グリコ風に言うと、一粒で七度おいしい。
ただね、期待が大きすぎて、裏切られることもあります。
人妻の心理描写がきちんと描かれていなかったり、舞台設定にリアリティが感じられなかったり。

期待を胸に手にした本書は、人妻官能オムニバスの醍醐味を堪能できました。
人妻にとって、あらゆる場所が悲劇の舞台になりうる。
マンション、学校、エレベーター、オフィス、自宅リビング、病院。
短編であるにもかかわらず、ストーリーとドラマがきちんと練られています。
緊迫感を持たせる舞台設定には、舌を巻きました。
凝っているし、巧いという一言につきます。

人妻の乳房が小ぶりだったり、凌辱者のペニスが短かったり(ただし雁高)するのも、官能小説ファンにとってはニヤリです。
官能小説では、女性は巨乳、男性は巨根というのが常識です。
でも、実際はそんなことないですよね。
脱いでみないと分からないわけですから。
脱がせてみてどんな裸が出てくるか分からないから、ワクワクするのです。
巨乳と巨根という定番の設定は、リアリティが無いだけでなく、読者のドキドキ感を奪っている。
著者は、舞台設定も人物設定も、作品ごとにちゃんとこだわっています。
おそらくそれが官能小説に向き合うときの、著者の信念なのでしょうね。
そのこだわりが垣間見れてうれしくなっちゃいます。


【編集後記】
同著者の気になる人妻作品はこちら。

人妻強奪 夫の目の前で… (フランス書院文庫)人妻強奪 夫の目の前で… (フランス書院文庫)
(2009/08/24)
佐伯 秋彦

商品詳細を見る

友達には秘密にしておきたい、はたらく人妻の魅力。 「はたらく人妻さん」(艶々、原作/みなかみゆう)

はたらく人妻さん (アクションコミックス)はたらく人妻さん (アクションコミックス)
(2009/08/12)
みなかみ ゆう

商品詳細を見る


(紹介文)
『たとえば母が』、『鷹月助教授の淫靡な日々』の艶々がアクションピザッツで不定期掲載して話題を呼んでいた人気作品がついに単行本化!!
今回のテーマはずばり“仕事を持つ人妻のエロス”。
秘書、ナース、女医、家政婦など様々な職業の熟妻たちが獣のようなセックスを魅せてくれます!!
(『奥様マリの潤いの庭』全4話も併録しています)
我々の妄想の中に巣食っている妄想を再生してくれる。
やっぱりこれですよね。
これを定番ととるか、王道ととるか。


おすすめ度:★★★★

艶々さんの描く人妻は、顔もボディも素敵です。
顔は人妻らしい柔和さ、ボディは熟れた(いい意味での)だらしなさを、ちゃんと描いてくれている。
変にきれいすぎたり、アニメチックな女性なら、せっかくの王道ストーリーにリアリティが無くなり、台無しになるところでした。
表紙の人妻をご覧ください。
パンティのヒモの上に、お腹のお肉がちょっぴり乗っかってるでしょ。
これをなくして、なにが人妻ものでしょうか。

はたらく人妻は、毎日、男たちと出会い、男たちの視線を集め、男たちの品定めを受けている。
だから、“女”を卒業した専業主婦と比べて、はたらく人妻は、いつまでも一人の“女”であろうとするし、性に対する好奇心も強い。
それは、クリーニング屋さんでも、家政婦さんでも同じなんですね。

『はたらく人妻さん』の他に併録されている、『奥様マリの潤いの庭』も大好きです。
迷いだったり、悲しみだったり、壁にぶち当たった男たち。
彼らの抱えている問題をしっかり受け止めたうえで、人妻は彼らを元気づけてあげたいと思います。
男性を元気づけることができるのならと、自分のすべてをさらけだしてくれるわけです。
包容力あふれる母性とボディで抱きしめてくれる。
不倫や背徳といった、ドロドロしたものは一切ありません。
ちょっぴりさびしい気もするけど、一度きりのカラっとした関係です。
女は、心身ともに疲れ果てた男を癒し、男の全部を受け入れる。
それにより男は、一人の男として認められたと感じ、明日からの生きる活力がみなぎってくる。
女性の優しさに救われて、明日からまた歩きだせる。
こういうことって、間違いなくあると思います。
男が理想とする女性像と世界観が、表現されています。

人妻官能ファンの頭の中に巣食っている妄想を叶えてくれる王道ストーリーと、熟れた人妻らしさあふれるイラストの奇跡のコラボ。
私は、本書を二度読みしちゃいました。
2シリーズとも、ぜひ続編を期待します!


【編集後記】
もし艶々さんのファンの方がいらっしゃったら、おすすめの人妻作品を教えて頂きたいです。

ひるがお(1) (アクションコミックス(メンズヤング))ひるがお(1) (アクションコミックス(メンズヤング))
(2012/03/02)
艶々

商品詳細を見る

あなたの旦那の欲望のタガが外れて、若い女体にむしゃぶりつく瞬間を目撃せよ。 「ふしだらな絆」(草凪 優)

ふしだらな絆 (コスミック文庫)ふしだらな絆 (コスミック文庫)
(2012/03/20)
草凪 優

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

(紹介文)
深夜、突如起こった大地震。
久我正幸は、偶然乗り合わせた同じ階の人妻とともにマンションのエレベーターに閉じこめられた。
極限状態の恐怖に、パニックに陥る若いセレブ妻。
だが、その澄ました美貌の裏にこみあげる牝の欲情を知った久我は…(「宙吊りの密室」)。
思わぬ情炎に駆られる男女を描く、鮮烈エロス傑作選。


短編集の中でも、中年の課長が新入社員に猪突猛進しちゃう「蕩ける恥蜜」は、世の平凡なサラリーマンにとってたまらない作品です。
「頼むよ、○○くん・・・」
「一度だけ・・・一度だけでいいんだ・・・」
名言ですよ、これは。
冷静に考えれば、「一度だけ」と言われて女性が喜ぶハズがないのに、つい言っちゃう。
それだけ、君が欲しいという欲望が先走っちゃてるんでしょうね。

今では、スレンダー美人の奥さんを持つ課長なんだけど、学生時代は全然モテなかった。
青春時代に同年代の女の子とあんなことやこんなことをしてみたかった、という“やり残した感”を内に秘めているわけです。
思いがけず、可愛くてウブな新入社員が現れ、自分のことを信頼してくれているのが分かり、しばらく忘れていた学生時代の欲望が目を覚まします。
手を伸ばせば届くとこにいる、若さあふれるムチムチの身体に、勢い余ってむしゃぶりついちゃいます。
大人の理性も知性もあったもんじゃない。
まったく、いい歳をして何をやってるんだか・・・

でもね、こういうみっともない中年の姿が、サラリーマンである一読者にとって、一番親近感を持つし、興奮するんです。
こいつにあるんだから、自分にもあってもおかしくない幸運・・・
いや、でも俺には絶対起こらないか・・・
と思考は堂々めぐり。
うまくいけばエッチできそうだと分かると、自分でも嘘だと分かってるのに「好きなんだ」とか「一目ぼれだった」とか連呼してしまう。
世の奥様連中も、しっかり見届けた方がいいです。
あなたの旦那も、ムチっとした若い娘といい感じになっちゃったら、絶対こうなりますから。

最近の私も、若い女子社員に(勝手に)誘惑されています。
礼儀正しくお辞儀したときの胸の谷間、
リラックスムードの雑談中に、腕を上げた時にちらっと見える腋、
普段スカートなのに、たまに履くパンツで意外と存在感のあるヒップ。
こんなの魅せられた日にゃ、欲望のタガが外れちゃっても責任持てませんよ。


【編集後記】
気になる作品はこちら。

はたらく人妻さん (アクションコミックス)はたらく人妻さん (アクションコミックス)
(2009/08/12)
みなかみ ゆう

商品詳細を見る

無邪気な年下の兄嫁に男心をくすぐられた。 「年下の兄嫁【強引な和姦】」(宗像 倫)

年下の兄嫁【強引な和姦】 (フランス書院文庫)年下の兄嫁【強引な和姦】 (フランス書院文庫)
(2013/02/25)
宗像 倫

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
(兄貴がいないところで、彼女を俺の女にしてやる)
いつも飾り気なく、親しげな態度で接してくれる美香。
24歳、可憐ながらも気品に満ちた兄嫁の裸身を目にした瞬間、
牡の欲望は目覚め、憧れの操を奪いにかかった!
抗う心とは裏腹に、美香の隠された性が徐々に露わに……。
「感じてるんでしょ、我慢しないで声を上げてもいいんだよ」


兄が連れてきた婚約者に一目惚れしてしまう主人公。
もっと早く出会っていたら・・・
かわいい兄嫁が、無邪気で親しげに接してくれるから、主人公は悶々とした欲望をつのらせていきます。

義弟が兄嫁に乱暴するのでは、リアリティがありません。
現実の義弟と兄嫁なら、凌辱とはならないはずです。
それは、ただの犯罪です。
逮捕されます。
凌辱ではなく、理性がはたらいて抵抗する兄嫁を、なかば強引に、なし崩し的に体を開かせていきます。
俗にいう、“力づくの和姦”です。
本気で抵抗されたら、引いてしまいますが、ゆるやかに抵抗するのを、強引に衣服を一枚ずつ引きはがしていく。
口づけしても全然開いてくれない唇に、少しずつ舌を差し入れていき、甘い唾液を吸う。
秒単位、ミリ単位で女体を自分のものにしていく。
そこに興奮するし、男の征服欲が満たされるわけです。

会うたびに変わっていく兄嫁の下着にも注目です。
初めは突然のことで、地味ではき古したベージュのパンティだったのが、
鮮やかな下着になったり、真新しい上下揃いの下着になったりする。
イヤイヤと言っているわりに、会う前から脱がされることを想定して準備してきたのではと勘ぐってしまう。
こんな下着をはいていること自体が、夫への裏切りです。

それにしても、著者は無邪気な女性を描くのが抜群にうまい。
かわいい女の子にこれをやられたら、男は100%陥落してしまいます。
男心を確実に的確に、いとも簡単にくすぐってきます。
自分が年をとってきたせいかもしれませんが、年下の女性も意外といいもんですね。
初心な女性を、自分好みの大人の女に育てる悦楽。
官能世界がまた広がりました!


【編集後記】
気になる作品はこちら。

みんなの嫁 (二見文庫)みんなの嫁 (二見文庫)
(2012/11/26)
霧原 一輝

商品詳細を見る

不覚にも宇宙人に萌えてしまった。 「非日常性バイアス」(かるま 龍狼)

非日常性バイアス (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)非日常性バイアス (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2013/06/17)
かるま 龍狼

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

(紹介文)
常識も、物理法則も、下半身には作用しません!
エッチな瞬間移動とか。
スケベな時間停止とか。
ヤラしい人類滅亡とか。
非日常の世界で繰り広げられる、日常的で性的なひとコマ。
ギャグエロの奇才・かるま龍狼が描くアブノーマルエロス23編を収録!!


なまりになまった現代人の妄想力に、活を入れてくれる、遊び心あふれる一冊。
人間の能力は使わないと退化する。
サラリーマンは、利益やら効率やら現実的なことばかり考えているから、妄想力が衰える。
妄想力も日頃から鍛えなければいけない時代です。

ある季節が来ると、女性の胸がいっせいに揺れ始める、『ちちゆれ』
ある薬を飲むと、男性のアレが透けてしまう、『すけちん』
異星人はさすがに無理だと思ったけど、地球ばなれした特技を持っている、『さらわれ』

他にも、女性が巨人になったり小人になったり、
幽霊も妖怪もなんでもござれ。
一方で、日常性あふれる妄想も織り交ぜられていて、読者を飽きさせません。

うーん、この妄想力は素敵です。
こんな妄想力を身につければ、毎日楽しくて仕方ないでしょうね。
疲れた顔のサラリーマンであふれる通勤電車に揺られながら、私は一人こんな妄想を繰り広げる。
そんなことを想像するだけで、ニヤリです!


【編集後記】
癒し系の大きい女性が大好きなので、表紙の人妻にひかれて、上記作品を手にしました。
同著書の気になる作品はこちら。

ひとづま (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ひとづま (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2011/11/01)
かるま龍狼

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。