FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mの女とSの男が出会う瞬間のスリルを目撃せよ。 「美人キャスター・隷獣」(著:綺羅光、フランス書院文庫)

美人キャスター


「美人キャスター・隷獣」(綺羅光)

(内容紹介)
日本中の男が憧れる、知性と教養と気品を兼ねそなえた美人キャスターの果肉を貫きながら、海藤はたおやかな乳房にむしゃぶりついた。汚辱に震える裸身が嬲られ、突かれ、抉られてのけぞる!


おすすめ度:★★★★

「奴隷」になる悦びを潜在的に内に秘めた女と、「奴隷」を持つ歓びを知る男。
この二人が出会う瞬間のスリルはゾクゾクするものがある。
周りの誰も気づいていない。
本人たちだけが気づいている。
Mの女としては、Sの男に見抜かれたら最後、一貫の終わりである。
お茶の間で大人気の、知性と気品あふれる美人キャスターがテレビ局を舞台に、内に秘めたM性を開花させていく。
得意気にニュースを読み、的確な批評を繰り出す、キャスターとしての姿とのギャップがたまらない。
平凡な人妻が日常の中で堕ちていくのとはまた違う、男としての優越感と痛快感がある。
匂い立つ色気を放つようになったヒロインは、周りの男という男を自然と虜にしていく。
なかでも、全国生放送中に行われるセクハラの臨場感は、本作品のクライマックスといってもいいだろう。

悪役は、ポルノ俳優で犯し役専門の海藤雷児。
悪役のキャラを立たせるのは、著者の得意とするところだが、ヒロインを輝かせるため、あえて雷児については筆を抑えた印象である。
花村萬月のハードボイルドならば、一級の人気キャラクターになりそうな、どこか哀愁ただよう中年だけに惜しい気もする。
官能小説なので、悪役はヒロインを引き立たせる役回りであり、ヒロインを食ってしまうわけにはいかないのは百も承知だが、雷児だって本当は悩みも葛藤も抱えているはずで、そのあたりをじっくり描いた続編を期待するのは私だけだろうか。

とにかく、女子アナ好き、中でも、バラエティに出てくるようななんちゃってアナではなく、お堅いニュースを読んでいる知的で清楚な美人アナが好きな人には、妄想たくましくなる、たまらない作品です。


【編集後記】
上記作品ともう一作品を新書判に収めたのがこちら。
「綺羅光プレミアム〈6〉美人キャスター・隷獣-未亡人・肉奴隷」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

【セックスレスについて考えてみた】セックスは、やりたい人がやりたい人とやればいい。

白ワンピがめくれて尻全開のお嬢さん


いろんなブログ等を拝見していると、思いのほかセックスレスで悩んでいる夫婦が多いのですね。
夫婦生活も5年、10年となると、どこの夫婦でもだいたいセックスレスだと思います。
最近はセックスレスに悩む人が表現するチャンスが増えたというだけで、たとえセックスレスでも問題ともなんとも思ってない夫婦も多いと思います。

私と妻もセックスレスです。
私はウェルカムなのですが、家事と子育てで忙しい妻はまったくその気がありません。
昨年は1年間に2回だけでした。
9ヶ月は単身赴任でしたが、もし単身赴任じゃなくても回数はそんなに変わらなかっただろうと思います。
ちょっとお尻にタッチしただけで、本気で怒られる始末です。
もう私も誘わなくなりました。
いつからこんなことになってしまったのでしょうか。

なんとかセックスレスを克服したい、セックスを復活させたいとがんばっている人が多いようです。
でもね、これは無理がありますよ。
自分を変えることはできても、相手を変えることはできないです。
妻とセックスしたいのだが、妻が誘いに乗って来なくて悩んでいるという状態は、客観的に見ると、妻とセックスするということに異常に執着しすぎています。
これは、セックスしたくない相手からしたら大迷惑です。
もしセックスがしたいのなら、風俗でも、援助交際でも、セックスフレンドでも、いくらでもあるはずです。
そんなのはお金もかかるし面倒というのなら、男として怠惰すぎます。
お金もかからないし面倒でもないから妻としたいというのなら、妻に対して失礼です。

それでね、もうモテちゃえばいいんですよ。
モテていろんな経験をしていけばいいんですよ。
人生に無駄な出会いも無駄な経験も何一つありません。
そうしたら、他の女性に人気がある夫だったら、妻も「もうただの給料運搬人と思ってたけど、ちょっとちょっと、私の男を取らないでよ」とか「そんなにモテる男だったら、もう一度抱かれてみたいな」とその気になるかもしれないし、ならなかったらならなかったでしょうがない。
Junpeiさん(私のことです)は、奥さんがセックスしてくれないから、負け惜しみで言ってるんじゃないかとか、怒ってやけっぱちになっているんじゃないかとか、あるいはもう奥さんに興味が無いだけでしょうと、読者は思うかもしれない。
でも、どれでもないです。
すごく心穏やかだし、夫婦関係は比較的良好です。
ただ、嫌な人に無理強いするのはかわいそうだし、無理にしてもお互い楽しくも気持ち良くもないでしょう。

こんなにも素敵なセックスを、つまらないセックスレス問題で、矮小化したり汚したくないのです。
セックスというのは、相手をもっと知りたい、もっと喜ばせたい、もっと愛を表現したいという素敵なものです。
もう、ぶっちゃけて言ってしまうと、女は妻一人じゃないよ、女はゴマンといるよということです。
妻とのセックスに執着しないことで、心の余裕が生まれます。
夫の心の声としては、こんな感じです。
「妻とはセックスレスでもぜんぜんいいですよ。モテモテですから。
でも、いつか妻がその気になってくれれば、いくらでも愛することができるから、いつか愛させてね。
いつまでも待ってるよ」

夫婦の信頼関係やお互いを尊重する気持ちが、結婚してからどんどん深まっているという前提で・・・
セックスはやりたい人がやりたい人とやればいい。
やりたくない人は無理にやらなくてもいい。
当たり前のことなんですが、気づいて楽になるまでに時間がかかってしまいました。


【編集後記】
子育てが一段落したりして、妻にセックス欲が復活する日が来ることが結構あるそうです。
そんな日を夢見て、そんな日を楽しみにしながら、今日も私は官能小説を開きます。

人妻官能小説ファンなら知っておくべき“力ずくの和姦”。 「六人の隣人妻 力ずくの情姦」(著:相馬哲生、フランス書院文庫)

飾らない普段着の金髪人妻



「六人の隣人妻 力ずくの情姦」(相馬哲生)

(内容紹介)
「女」になることを誓わされ、背徳の中で知った絶頂。力ずくで始まった関係を止められない弱さが哀しい。史子、真希、香織…六人の妻を狂わすタブー寝室。


おすすめ度:★★★★★

私は、「貞淑な人妻が何らかの理由でやむをえず体を開く」というストーリーが大好きです。
高級マンションに住む小奇麗で上品な人妻たちが、それぞれの抱える家庭や家族の問題を解決するために、用意周到な罠に追いつめられやむをえず体を開く。
ついつい夫と比べてしまう自分に恥じらいながらも、夫よりも巧みな性技に翻弄され、最後は快楽に身を任せてしまいます。

本作品の魅力は、丁寧な状況設定とリアリティあふれるストーリーにあります。
大人の男性なら誰しも、オナニーのときによく妄想するストーリーというのがあるはずです。
恥ずかしながら、私のオナニーの半分は、本作品の6話から出来上がっています。
私は本作品を何度も愛読していますが、オナニー中に再生されることで、本作品は私の頭の中でどんどん成長しています。

皆さんは、“力ずくの和姦”という言葉をご存知でしょうか?
私はこの言葉を初めて見たとき、この言葉の持つパワーに圧倒され、イスから転げ落ちそうになりました。
正直、「やられたー」と思いました。
長らく当ブログを書いてきましたが、私が言いたかったことは、これなんですよ、これ。
この言葉を思いついた人は凄いですよ。
ノーベル官能文学賞ものです。
力ずくといってますが、和姦ですから、実際は力ずくではない。
力ずくだと、ただの凌辱です。
ここでいう力ずくというのは、人妻は用意周到な罠に追いつめられていく、そしてその罠からはけっして逃れることができない様を、目に見えない力にたとえて、一言で見事に言い切ってみせたわけです。
そして、和姦というは言葉の矛盾で、姦といってるのだから和はありえないわけです。
大切な何かを守るため、やむをえず人妻は体を開くのであり、和姦という言葉には、貞淑な人妻の羞恥、葛藤、背徳感がすべて表現されています。

本作品は、まさに“力ずくの和姦”を体現する人妻官能小説の傑作です。


【編集後記】
私が“力ずくの和姦”という言葉を初めて見たのは、同著者のこちらの作品です。
「隣の妻・隣の娘【力ずくの和姦】」(相馬哲生)

史上空前の義父ものブームはこの作品から始まった。 「息子の嫁」(著:霧原一輝、二見文庫)

清楚な巨乳


「息子の嫁」(霧原一輝)

(内容紹介)
定年退職後、妻に先立たれ一人暮らしとなってしまった亮介の元に、息子夫婦が引っ越してきた。
27歳の魅惑的な息子の嫁に、かいがいしく世話を焼かれる毎日に年甲斐もなくドキドキしながら過ごす亮介は、彼女の熟れた肢体に自然と目がいってしまう。ある日、その視線に応えるような動きをする嫁に気づいて……。
初登場の俊英による書下ろし官能ノベル。


おすすめ度:★★★★★

スケベな義父が、息子の嫁の匂い立つような色香に翻弄されます。
二人が一線を越えるまでの過程が丁寧に描かれており、義父ものワールドへ引き込まれます。
義父ものの醍醐味である、かわいい嫁と一つ屋根の下で過ごす、日常生活でのドキドキ感を堪能できます。
アダルトビデオの影響で、義父ものというと、肉食系のエロ親父が世間知らずの嫁を凌辱するというイメージを持っていました。
けれども、本作品のように一緒に日常生活を過ごすうちに、心と体が近づいていくという方が、義父もののリアリティに満ちていますね。

主人公である義父・亮介の憎めないキャラクターがナイスです。
「俺は何をしてるんだ」とか「相手は息子の女なんだぞ」と何度も自嘲気味につぶやくくせに、ちっとも反省なんてしておらず、スケベな行動はエスカレートするばかり。
眠っているのをいいことに嫁の体をまさぐるは、のぞくは、挙句の果てに、洗面所にある脱いだばかりのパンティに手をだしたときには拍手喝さいしました。
中学生かい!
まあ、鼻をくっつけて臭いをかいだか、はたまた舌を出してなめたか、それは本作品でご確認下さい。
若い男への対抗意識も半端ではなく、まだまだ自分も現役という意識があるのでしょう。
歳のことで軽口をたたかれたりすると本気で怒ったりする、器の小ささ。
まあ、男ならだれしも持ってしまいがちな悪い部分を全部持ち合わせている。
我々オヤジ読者と等身大の義父。
だから憎めないのでしょうね。

本作品の息子の嫁のかわいいこと、かわいいこと。
義父のことをいつも気にかけてくれて、しっかり面倒を見たり、介抱したりしてくれる。
義父の人間的な器の小さい部分も、全部受け止めてくれる。
一方、意外にも性には貪欲で積極的な面を持っており、それがまた、押せばなんとかなるのではないだろうかという、男にとって都合のいい隙(スキ)を生む。
こんなかわいい嫁どっかにいないものかな。
でもね、こんなかわいい嫁だったら、旦那は寝取られないか心配で仕事にも行けませんよ。
(本作品の息子は鈍感過ぎる・・・)

最後は少し切ないエンディングですが、すっかり回春した主人公ならもう大丈夫でしょう。
義父ものの魅力がすべて詰まった、義父ものの原点のような作品です。


【編集後記】
トップ画像は、上記作品の息子の嫁のイメージです。
昼間は、こんな女性と一つ屋根の下で二人きり。
そりゃ、男なら誰でもおかしくなっちゃいますよね。

無防備な生活感あふれる人妻の魅力。 「密やかに熟れる花」(著:艶々、原作:宇野みづき、双葉社)

後ろから欲しがる全裸若妻


「密やかに熟れる花」(アクションコミックス)(艶々、原作/宇野みづき)

(作品紹介)
春日乃村役場で働く入江圭子は、村おこしの移住ガイドをホームページで見て都会からやってきた二十歳の若者・真木の世話をすることに。別居中の夫がいる圭子だが、真木の情熱にほだされて体の関係をもってしまう。閉鎖的な村人の目を盗みながら情事を重ねるうちに彼女の心に、ある変化が現れ……。


おすすめ度:★★★★★

ストーリーが素晴らしいです。閉鎖的な村という舞台設定を活かし、それぞれの登場人物がしっかりと存在感を放ち躍動する。年上の人妻と二十歳の男。まるで「めぞん一刻」を彷彿させるような胸キュンもの。大人の人妻官能ファンが読みたいのは、こんなストーリー性あふれる官能作品なのです。

最高のストーリーと艶々さんの描く人妻・圭子との相性は抜群です。全編にただよう無防備な生活感。別居中の夫と一人息子をかかえた悲哀感。八の字眉と垂れ目の柔和な笑顔。しっとり熟れた肉づきのよい肢体。若い男を、「ほっとけない」「自分だけのものにしたい」と狂わせるのに十分でしょう。

人妻の心理描写も丁寧で引き込まれます。男たちに翻弄され、夫のいる身であること、閉鎖的な村であることから、さまざまな葛藤にさいなまれますが、それすらも二人の愛を育むきっかけに変えていきます。人妻は、若い男にまっすぐな欲望でぶつかって来られると弱いのですね。本作品で見られる、人が人を好きになる時の熱量は本物です。


【編集後記】
艶々さんのおすすめ作品ということで、本作品をご紹介いただいたDSKさんに感謝です。私の好みにドンピシャでした。あれからすぐ購入して、何度も愛読していたのですが、記事にするのにこんなにかかってしまいました。

巨乳とか巨尻とか浮かれてたけど、大事なこと忘れてたわ。

癒し系柔乳娘


私は女性を見るときに、まず最初に体全体の肉づきを見ます。
胸もお尻も大きければ大きいほどいいです。
腰のくびれはあまりこだわりません。
ナチュラルなカーブがあれば十分で、それよりも腰から下の安定感を重視します。

私と同じように、女性の胸とお尻は大きければ大きいほどいいという男性が意外と多いみたいで、世間では"巨乳・巨尻"とか、はては"爆乳・爆尻"とか言って浮かれていますよね。
私も、大きいことはいいことだと、安易にその流れに乗っかっていました。
でもね、見た目が大きいことにこだわりすぎたあげく、本末転倒ともいえる、とんでもないことが起こったのです。

それは、いざさわった時に硬すぎるというケースが多発したんです。
普通ね、おっぱいとかお尻というのは、柔らかいからこそ、ホッと癒されて母性を感じるわけですね。
柔らかいからこそ、いくら揉んでも飽きない、いつまでも揉んでいたいとなるわけです。

ところが、巨乳でたまにあるのが、たしかに今までに見たことないくらい大きいけど、パンパンに張っていて、揉みこめないんです。
おそらく、授乳期のおっぱいで、ミルクが満タンになっているときのオッパイに似ているかもしれない。
自分が何か得体のしれないもの、今までさわったことのないものをさわっている感覚とでも言えばいいでしょうか。
なんか違うなという思いが湧いてきて、「俺は何をやってるんだ?」と冷めてくるんです。

また尻スキーなら、チューしながら背中に回した手を少しずつお尻に降ろして行き、クライマックスでお尻をもみしだきたいという願望があると思います。
ところが、これも巨尻にありがちなのが、どっからどこまでが尻なのか境目がはっきりしない。
これまたパンパンに張っていて、手を押し返してきて、揉みこめない。
全貌を把握できないまま、未確認物体を撫でているだけになってしまう。

そこで、ようやく気付きました。
我々が本当に求めていたのは、"柔乳"であり"柔尻"だったのです。
けっして、"張乳・張尻"や"硬乳・硬尻"じゃないのです。


【編集後記】
Tバックビキニで振り返る爆尻娘

夜中に乳と尻のことばかり考え過ぎて、眠れなくなりました。アホですね・・・
トップ画像は柔乳例、この画像は硬尻例です。彼女たちのを実際に揉んでないので想像です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。