FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻の母こそ、禁断&背徳の極致である。 「淫獣の暴走 妻の母を、妻の妹を」(田沼 淳一)

淫獣の暴走 妻の母を、妻の妹を (フランス書院文庫)淫獣の暴走 妻の母を、妻の妹を (フランス書院文庫)
(2011/01/24)
田沼淳一

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

妻の母の魅力とは、何でしょうか?

重力に逆らえないタパーン、タパーンと弾むバスト。
妻と比べて三倍にも充実したヒップ。
成熟した女体ならではの抜群の感度。
娘を裏切ることになるという罪悪感。
夫を裏切ることになるという背徳感。
他では味わえない絶対禁忌。
妻の母の魅力を挙げれば切りがありません。
これらをすべてあわせ持つ奇跡のような女性が、本作品のヒロインです。

本作品の、妻の母は、夫を亡くした未亡人です。
妻の母は、貞淑であっても、女ですからやはり疼く体を持て余しています。
主人公は、妻以上に妻の母に惚れていきます。
正しくは、妻の母の体に惚れていくのです。
妻の母は、罪悪感と背徳感にさいなまれながらも、娘の夫に溺れていきます。

そこに小悪魔的な女子高生である妻の妹が絡んできます。
主人公は、義母と義妹の取り合いになってしまいます。
二人は、互いに相手を意識し、相手と比べ、嫉妬するわけです。
背徳ハーレムの誕生です。

妻の母の古風で上品なしゃべり方も、リアリティに一役買っています。
主人公のことは「婿様」と呼びます。
リアルではありませんが、リアリティにあふれています。
もし名前に「さん」付けで呼ぶのであれば、妻の母でなくても良くなってしまいます。
このあたりのサジ加減が絶妙で、妻の母の描き方に、「うまい!」とうならせる工夫が散りばめられています。

また、妻の母の女っぷり、もとい、感度の良さはハンパありません。
とにかくイッてイッてイキまくります。
にもかかわらず、恥じらいをしっかりと持ち続けるところが、たまりません。

関係を深めていく中で、主人公は妻の母を完全に愛するようになります。
そして、妻の母は、愛の言葉をささやく娘の夫に対し嘆願します。
「言わないで、わたし、だまされて、その気にさせられます」
なんと健気でかわいいのでしょう!!
人妻官能小説ファンは、こんな熟女を待っていたのです。

セックス描写の書きっぷりも半端ないです。
ドーンと花火は上がるわ、パーンとクラッカーは鳴るわ、ラッパは吹き鳴らされるわ。。。
まさに“官能遊園地”です!
「田沼ワンダーランド」の様相を呈します。

「妻の母」作品を待ち望んでいた私にとって、本書は夢にまで見た一冊です。
凌辱でも誘惑でもない。
「妻の母」のリアリティを詰め込んだ、書けそうで誰にも書けなかった作品。
私の新しい愛読書になりそうです。


【編集後記】
官能小説界では、最近「時代官能」が賑やかです。
でもどれを読んだらいいのか迷ってしまいます。
気になる作品はこちら。

美臀おんな剣士・美冬 (時代艶文庫)美臀おんな剣士・美冬 (時代艶文庫)
(2010/12/10)
御堂乱

商品詳細を見る

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

トラックバック

淫獣の暴走-妻の母を、妻の妹を(著:田沼淳一、フランス書院文庫)

淫獣の暴走-妻の母を、妻の妹を(2011/1/24) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 39歳、熟れきった女体への凌辱が暴走の始まりだった。 下着をつけずに生活することを妻の母に強制し、 焦らしきった柔肉をエプロン姿のまま犯しつくす。 Fカップの豊乳と未亡人の空閨を味わった淫獣の さらなる標的は大人びた17歳、妻の妹・亜衣へ。 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。