FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らないと損する本物の熟女。 「熟女教師との再会」(小鳥遊 葵)

熟女教師との再会 美臀にそそられて―― (リアルドリーム文庫 45)熟女教師との再会 美臀にそそられて―― (リアルドリーム文庫 45)
(2010/08/30)
小鳥遊葵

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

宮城県の港町を舞台にした旅情あふれる官能小説。
ホテルマンである主人公は、中学時代のあこがれの女教師・明海に10年ぶりに会う予定だ。
彼は卒業する時、先生と10年後にデートする約束をしていたのだ。
そんな彼の前に、明美の友人教師である頼子が現れて・・・

ホテル業界の仕事ぶり、三陸地方の情景・方言が、ふんだんに盛り込まれており、リアリティのある物語世界にすっと引きこまれる。
いい意味で2時間ドラマを観ているよう。
「旅情サスペンス」ならぬ「旅情官能」という新ジャンルの幕開けです。
また、性描写も素晴らしく、とくに4枚の花びらがまるで生き物のように動く描写は、息を飲むほどです。

そして、本作品の一番の特徴は、「本物の熟女」が描かれていることにあります。
はっきりいって、そのへんの官能小説の「熟女もどき」とは一線を画します。
官能小説で熟女が登場しても、ただ設定年齢を上げただけで、どの辺が若い子と違うのかわからず、がっかりすることが多いです。
本作品を読んで、自分はこんな熟女を求めていたんだと気づくことができました。
つくづく熟女好きで良かったと思いました。

それでは、本物の熟女とは何でしょうか?

・肉感的というだけでなく、肌を触れ合わせるとしっくりと馴染む。
・胸もふくよかだが、何よりも熟尻の存在感が抜群。
・すぐに達するし、いろんな声で鳴く。
・親しみのこもった口調。いい意味で、馴れ馴れしい微笑。
・男の眼を惹くに充分な胸の隆起と臀の張り。
・男の味を知りつくしており、貪欲に性を貪ろうとする。
・しかし、情事のあとは、その痕跡さえ残さず、普段の自分に平然と戻っていく。
上げると切りがありません。。。

熟女ファンの方には、自信を持って本作品をオススメします。
今までどこにもなかった、「本物の熟女」を堪能できますよ。


【編集後記】
最後の挿絵が、本文と一致しておらず(=間違っており)、非常に残念でした。
編集者の方は、今後ぜひ注意していただきたいと思います。
最後の挿絵ということもあり、多くの読者が期待していたはずです。
高ぶった気持ちが行き場を失い、急に冷めた気持ちにさせられました。
(だから、挿絵はなくていいと言ってるでしょ!)

さて、小鳥遊 葵(たかなし あおい)さんの気になる作品はこちら。
本物の熟女の匂いがプンプンします。

義母と隣の未亡人親娘 (リアルドリーム文庫21)義母と隣の未亡人親娘 (リアルドリーム文庫21)
(2009/07/23)
小鳥遊葵

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

トラックバック

熟女教師との再会-美臀にそそられて(著:小鳥遊葵、リアルドリーム文庫)

熟女教師との再会-美臀にそそられて(2010/8/30) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 中学時代の憧れの女教師・明海との十年ぶりの再会、 恩師の美貌は何一つ変わらぬままだった――。 憧れの美尻にそそられ、慕情が再び燃え上がる。 「私は教師で、あなたが教え子。今もその関係なのよ?」 明海の友人教師の頼子も加わり、 三陸のホ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。