FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官能小説の正しい買い方。 「姦獄【町ぐるみの罠】」(御堂 乱)

姦獄【町ぐるみの罠】 (フランス書院文庫)姦獄【町ぐるみの罠】 (フランス書院文庫)
(2011/09/22)
御堂 乱

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

皆さんは、官能小説をどのように買いますか?
・リアル書店で買う。
・ネット書店(アマゾン)で買う。

リアル書店で買うのが恥ずかしいからとアマゾンで買うと、たいてい失敗します。
あらすじやキャッチコピーから中身を想像して購入すると、自分のお気に入りの方向に勝手に妄想を膨らませているので、読み始めると必ず幻滅することになります。
途中で本を閉じてしまうことも多いです。
一番いいのは、書店で気になる本を手に取り、さくっと読み始めることです。
冒頭を読むことで、文体やヒロインやシチュエーションが、自分好みかどうか確認できます。
たまにすーっと作品世界に引き込まれていくことがあります。
そんな時はたいてい、心の中で「キターッ!」と叫んでガッツポーズをしています。
先が読みたくて仕方ないけど、立ち読みで読んでしまうのはもったいない。
それで、意気揚々とレジに持って行くわけです。
これが、官能小説の正しい買い方です。
本作品も、立ち読みしているうちに、すっかり作品世界に引き込まれました。

夫を亡くした佐和子は、二人の娘とともに、田舎の寒村に移り住むことになった。
都会の洗練された女家族が、果たして村でうまくやっていけるの?
佐和子たちは、「村八分」にならないかと心配しながら引っ越した。
ところが、久しぶりの転入者ということもあってか、村人たちの盛大な歓迎を受ける。

だが、町ぐるみの姦計はすでに始まっていたのだ。
町長も、僧侶も、教師も、医者も
仮面の下は悪魔だったのだ・・・

クモの巣に絡め取られた蝶さながら、村という閉鎖された空間に囚われた女家族は、どんなにあがいても村人たちの姦計から逃れられない。
三人の無力感が、哀れさを誘います。
国の法律より大切な、昔からの村の掟!
昭和のエロスを堪能できました。


【編集後記】
気になる作品はこちら。
意外と「寝取られもの」でグッと来る作品は少ないので、期待したいです。

若妻強奪 (フランス書院文庫)若妻強奪 (フランス書院文庫)
(2011/09/22)
相馬 哲生

商品詳細を見る
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Re: No title

コメント有難うございます!
お気に入りの官能小説があれば、ぜひ教えて下さいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。