FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと好きだったあの子を乱暴に犯したくなる瞬間。 「あの同僚の妻を・・・」(鳴瀬夏巳)

あの同僚の妻を… (フランス書院文庫)あの同僚の妻を… (フランス書院文庫)
(2003/08)
鳴瀬 夏巳

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

皆さんは、ある女性のことをずっと好きだったのに、結局結ばれなかったという経験があるでしょうか?
そんな彼女のことは、いつまでも心に残ります。
何年たっても、夢に出てきます。
きっと、彼女のことを、美化して、神聖化しているのかもしれません。
もし彼女と繋がったらどんな感じだろう、死ぬまでに一度でいいから繋がってみたいと、妄想することもたびたびです。

本作品の主人公・智人は、五年もの間、大学の後輩・由希に告白できずにいるうちに、職場の同期に彼女を奪われてしまいます。
旦那色に染めらて、すっかり色っぽくなった由希。
一年後、そんな彼女と再会した智人は、封じ込めていた心の闇がうずき出します。
行き場を失った恋心が、彼女への憤り、旦那である同期への嫉妬へと変わっていくわけです。
恩人と慕っていた先輩が、悪魔に取りつかれたように豹変するさまは、由希にとってまさに狂気でしょう。

ストーリーは、人妻官能小説の王道を行きます。
智人は、人事部という立場を利用して、営業部の旦那がリストラ候補に挙がっていると言って、由希に近づきます。
「愛する夫をリストラから救う」というテーマを、「怨念」という補助線で、ラストまで丁寧に描き切っています。

ヒロイン・由希の被虐美も素晴らしいです。
どんな辱しめを受けても、貞操観念と羞恥心を失わない。
豊満というわけでなく、細身なんだけど胸がバンと大きい。
スタイル抜群のボディに、アンバランスなほどタプタプ揺れるおっぱい。
旦那は毎晩のようにこの体に溺れて、「俺はいい嫁をもらったぞ!」と、さぞ得意気なんだろうなと想像させずにはおかない。
垂涎のボディが、若妻の哀切に拍車をかけます。


【編集後記】
気になる作品はこちら。
田沼官能遊園地、もとい、田沼ワンダーランドの開園です!

美獣三重奏―未亡人と二人の美娘 (フランス書院文庫)美獣三重奏―未亡人と二人の美娘 (フランス書院文庫)
(2008/12/22)
田沼 淳一

商品詳細を見る

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。