FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我々と等身大の官能の物語。 「ダブル・ファンタジー」(村山 由佳)

ダブル・ファンタジー〈上〉 (文春文庫)ダブル・ファンタジー〈上〉 (文春文庫)
(2011/09/02)
村山 由佳

商品詳細を見る


ダブル・ファンタジー〈下〉 (文春文庫)ダブル・ファンタジー〈下〉 (文春文庫)
(2011/09/02)
村山 由佳

商品詳細を見る



おすすめ度:★★★★

人妻脚本家・奈津は、大御所の演出家に惚れていく。
彼との出会いにより、自分の中に眠っていた性に対する欲望を目覚めさせる。
トラウマを持つ不器用な奈津が、快楽の果てに見たものとは?

ヒロインは、才気と美貌を兼ね備えた人気脚本家です。
でも、その描かれ方はどこまでも我々読者と等身大です。
子供の頃は、家族による目に見えない囚われがあります。
そして、その囚われから解放してくれるはずの結婚が、知らず知らずのうちに新たな囚われに変わってしまう。
いくつになっても、けっして枯れることのない、恋や性にたいする憧れがくすぶり続けている。
我々が、ふだん気づかないふりをしていることを、本作品は気づかせてくれます。
ヒロインの場合は、一人の異性が、心のスイッチを押してくれるわけです。

それにしても、人間とは無いものねだりばかりしている気がします。
好きな人ができると、自分だけのものにしたくなる。
自分だけのものになったらなったで、今度は自由が欲しくなる。
逃げられると追うくせに、追われると逃げたくなる。
相手の幸せを願うなんていう高尚な気持ちは、幻想なのかもしれません。
恋とは、こんなにも自分本位なものだったのでしょうか・・・(遠い目)

官能の物語という帯文句に偽りなしです。
但し、読者が官能することを目的とする官能小説ではなく、ヒロインが赤裸々に官能を求める物語です。
ここまで潔く書き切った著者に拍手です。
妻にも読んでほしい気持ち半分、こんな世界観があることは見せたくない気持ち半分。
つくづく私はケツの穴の小さい男ですね・・・
でも、それが世の旦那さんたちの正直な気持ちではないでしょうか。


【編集後記】
同著者の骨太の恋愛小説はこちら。

野生の風 WILD WIND (集英社文庫)野生の風 WILD WIND (集英社文庫)
(1998/06/19)
村山 由佳

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。