FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監禁して凌辱するなら、勝気で貞淑な人妻にかぎる。 「監禁クルージング」(水無月 詩歌)

監禁クルージング (幻冬舎アウトロー文庫)監禁クルージング (幻冬舎アウトロー文庫)
(2010/12)
水無月 詩歌

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

読みやすい文体で、心理描写も情景描写も精緻かつ丁寧。
官能描写に頼ることなく、ぐいぐい読ませる、官能作家離れした筆力は見事です。
監禁された人妻の悲哀感と登場人物にまつわるサスペンス性は、笹沢左保さんの名作「悪魔の部屋」に通じるものがあります。

中堅企業の社長夫人・美玲がクルージングボートに監禁されます。
海上の岸を遠く離れた密室で繰り返される、凌辱の日々。
女に生まれたことを後悔するような、恥と屈辱以外になんの選択権も与えられない世界。
人妻は、何度も堕ちそうになりますが、持ち前の勝気な性格と夫への愛を心の支えに、けっして完堕ちしません。

終盤、夫と夫婦生活にまつわる衝撃の事実が明かされます。
人妻が最後にどうなってしまうのか。
一度読み始めたら、見届けないわけにはいかないでしょう。
圧倒される読後感。
著者には、「女性向け官能小説」もいいですが、本作品のような「男性向け人妻官能小説」も精力的に書いて頂きたいです。


【編集後記】
同著者の気になる作品はこちら。

蜜色の秘書室 (幻冬舎アウトロー文庫)蜜色の秘書室 (幻冬舎アウトロー文庫)
(2009/12)
水無月 詩歌

商品詳細を見る



【関連作品】
「悪魔の部屋」は、人妻の心情変化を存分に堪能できます。
人妻官能小説ファンの方は、ぜひブックオフでゲットしてみて下さい。

悪魔の部屋 (光文社文庫)悪魔の部屋 (光文社文庫)
(1985/01)
笹沢 左保

商品詳細を見る


関連記事: 【30日以上監禁される新婚妻】サスペンス性豊かな官能作品! 「悪魔の部屋」(笹沢 左保)

関連記事: 【人妻官能小説のお手本】男には強姦願望が、女には被強姦願望がある。「悪魔の部屋」(笹沢左保)


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。