FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産婦人科という設定を活かした、バランスよい人妻官能作品。 「誑かす【三人の若妻】」(御堂 乱)

誑かす【三人の若妻】 (フランス書院文庫)誑かす【三人の若妻】 (フランス書院文庫)
(2012/01/23)
御堂 乱

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

皆さんは、婦人科医になりたいという妄想をいだいたことはないでしょうか?
医者という仮面をかぶり、診察室で人妻の裸体を堪能するわけです。
乳がん検診といつわって、豊満なおっぱいを心ゆくまで揉みこみたい。
複雑に育った花弁を鑑賞しながら、偶然をよそおって淫核を刺激したい。
性感の開発された人妻は、思わず感じてしまって、声を上げそうになる。
「痛くないですか?」と言わずもがなな質問をしつつ、下唇を噛みながらグッとこらえる人妻の表情を楽しむ。
そんな妄想を叶えてくれるのが本作品です。

清楚な若妻、ナイスバディを誇る勝気なセレブ妻、和装の似合う30代後半の熟れた令夫人。
三人の人妻がターゲットです。

婦人科ものは、すぐに診察というの前提がなし崩しになって、ただの凌辱ものと変わらなくなってがっかりすることが多いです。
その点、本作品は、診察という設定にしっかりこだわっていて、人妻の恥じらいを堪能できました。

後半は、令夫人の豪邸に乗り込みます。
診察室での乱れっぷりをネタに、召使いたちが同じ屋根の下にいる状況で、ねちっこく責め上げていきます。
著者独特のユーモアあふれる無茶をしますが、ファンなら思わずニヤリとしてしまうでしょう。

人妻もの、婦人科ものとして、バランスのいい作品に仕上がっています。
久しぶりに官能小説でヌキました。
人妻官能小説ファンとしては、令夫人が一番好きだし、メインヒロインにしてくれたのは大正解です。
92センチの多産型のヒップにこだわった描写は、尻スキーにはたまりませんでした。
しかし、ヌイたのは若妻でした。
治療のために我慢しなきゃと自分に言い聞かせつつも、性感を高ぶらせてしまうことに戸惑う、世間知らずの若妻・・・
婦人科ものとウブな若妻の相性も抜群ですね。


【編集後記】
同著者の気になる作品はこちら。

蔵の中の未亡人兄嫁 (フランス書院文庫)蔵の中の未亡人兄嫁 (フランス書院文庫)
(2008/08/22)
御堂 乱

商品詳細を見る



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。