FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻と娘を拉致監禁。エロスとバイオレンスが吹きすさぶ、怒涛の復讐劇。 「鬼畜」(勝目 梓)

鬼畜 (講談社文庫)鬼畜 (講談社文庫)
(2003/03/14)
勝目 梓

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

元銀行員の三沢は、自分の妻と娘の恨みを晴らすため、元上司の妻と娘を拉致、監禁する。
社畜をやめて鬼畜になることを心に誓った男は、暴虐の復讐劇を開始した。
エロスありバイオレンスありの、疾風怒涛のハードボイルド。

人妻監禁もの、しかも娘も一緒にというのに魅かれて、本作品を手にしました。
一般小説ですので、官能描写は、官能小説ほど濃密には描かれていません。
しかし、恐怖と恥辱で凍りついている人質の肉体に、できることなら情欲の火をおこしたいという主人公の企みを堪能できました。
一度犯されてるにもかかわらず、裸を見られることに抵抗を示したり、小便を垂れ流すことをためらう人質たちには、官能小説には無いリアリティがありました。
情欲に溺れるわけではなく、性交はあくまで復讐劇の一演出に過ぎないという、三沢のクールさもナイスです。

人間、絶望的な状況に追い込まれたら、死ぬ気になって(火事場のくそ力で)何でもできるということを痛感しました。
じゃあ、なんで今すぐ、死ぬ気でやんないのという話で・・・
登場人物たちやストーリーに救いはあるのかと問われれば、無いかもしれない。
けれども、不思議とエネルギーがフツフツと湧いてきました。
まだまだ、俺もやれる。
やらなきゃいけないと。
エロスとバイオレンスは、男にとって元気の源なんですね。


【関連記事】
おすすめの人妻拉致監禁ものはこちら。

監禁クルージング (幻冬舎アウトロー文庫)監禁クルージング (幻冬舎アウトロー文庫)
(2010/12)
水無月 詩歌

商品詳細を見る


関連記事:監禁して凌辱するなら、勝気で貞淑な人妻にかぎる。 「監禁クルージング」(水無月 詩歌)


悪魔の部屋 (光文社文庫)悪魔の部屋 (光文社文庫)
(1985/01)
笹沢 左保

商品詳細を見る


関連記事: 【30日以上監禁される新婚妻】サスペンス性豊かな官能作品! 「悪魔の部屋」(笹沢 左保)

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。