FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛情とセックスはひとつのものだという幻想について。 「モザイク」(勝目 梓)

モザイク (祥伝社文庫)モザイク (祥伝社文庫)
(2007/06)
勝目 梓

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

見知らぬ相手から送られてきた一本のビデオ。
再生すると、恋人・由香が出演するアダルトビデオだった。
彼女の顔に、男優の精液が飛び散る。
主人公・周二は、「愛の地獄」に突き落とされる。

ふつうはここで別れてしまうのかもしれない。
裏切りを許せないという怒り。
独占欲が満たされなかったという嫉妬心。
また、男にとって、AV女優の体験を持っている恋人というのは、持て余す気持ちもある。
しかし、由香を本当に愛する周二は、“愛情とセックスはひとつのものだという幻想”を打ち砕くべく、深淵なる性(セックス)の世界へ足を踏み入れていく・・・

二人の未来に希望の光はさすのか?
壮大な実験に挑む二人を、いつのまにか応援している自分がいました。

「フリーセックスというのは、社会的な制約やモラルや、人と人とのしがらみやらを打破して、自由な性行動を認めようということだけじゃないと思うんです。
そこには人それぞれが、自分の抱えている性的な歪みや、こだわりから自由になろう、不必要にセックスを特別視してそれに捉われることを止めよう、という考え方も含まれているんだ、とあたしは思っているんです」


由香が出演したアダルトビデオの監督の言葉である。
性的独占欲や性的忠誠心に何の価値があるのか?
道徳が作り出した神話であり、迷信や盲信ではないのか?
その神話が、我々を不必要に抑圧しているのではないか?
本作品を読んで、自分がいかに“愛情とセックスはひとつのものだという幻想”に支配されているか、気づかされました。
性と愛に関心があるすべての人に捧げる一冊。
セックス観が180度変わること請け合いです!


【関連作品】
同著者の気になる性愛小説はこちら。
老年期を迎えて人生の伴侶である妻を喪った男が、初めて味わうめくるめく性の愉悦と修羅とは?

爛れ火 (祥伝社文庫)爛れ火 (祥伝社文庫)
(2006/10)
勝目 梓

商品詳細を見る
                        
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。