FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい人は、犯される姿も美しい。 「美人課長・剥く!―美人課長・二十八歳&美人課長・映美子」(綺羅 光)

美人課長・剥く!―美人課長・二十八歳&美人課長・映美子 (フランス書院ハードXノベルズ)美人課長・剥く!―美人課長・二十八歳&美人課長・映美子 (フランス書院ハードXノベルズ)
(2004/10)
綺羅 光

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

本書は『美人課長・二十八歳』『美人課長・映美子 媚肉の特別報酬』(フランス書院文庫刊)を新書化にあたり、一緒に収録したものである。

前者は、取引先の社長と組んで罠にかけ、スーツの下に隠された美人課長の柔肉を貪る。
悪徳社長への生贄として強制されるストリップは垂涎ものです。

後者は、得意のセックスを武器にサラリーマン社会をのし上がろうとする男の奮闘記。
特別報酬は美人課長の媚肉とくれば、張り切らないわけにはいきません。
主人公のために、文字通り体を張ってサポートしてくれる恋人・智子の存在が涙を誘います。

二作品ともに、男たちの憧れと淫欲を一身に集める美人課長を、自分だけの情婦にする楽しみを堪能できます。
勝気なインテリ美女の魅力とは、何でしょうか?
・男など眼中にないと仕事一筋で、部下を怒鳴りつける昼の顔。
・情感に潤んだ眼差しで、マゾっ気を隠せない夜の顔。
・タイトスカートの形の良い尻肉が印象的な、スレンダーなスーツ姿。
・「私脱いだら凄いんです」と言わんばかりの熟れた肢体。
・美貌を隠すためのメガネを奪ったときの、息も詰まるような色気。
・とびきりプライドが高い上司を襲う、恥辱の言葉責めと屈辱の体位。
昼の顔と夜の顔の落差(ギャップ)がエロティックなんですね。

たとえ一度は堕ちても、決して恥じらいを失わない女性たち。
読者の期待にこたえて、最後まで恥じらいきってくれます。
女性が堕ちた途端に下品になって、がっかりしてしていまう官能小説が多い中で、著者の筆致はさすがの一言に尽きます。
著者の女性の描き方には、男性を魅了してやまない女性への尊敬と愛情が満ち溢れています。
だから、凌辱を描いてもこんなに美しいのですね。


【編集後記】
ハードXノベルズは、表紙カバーを取ると、通勤電車で読むのに最適です。
外見が普通のノベルスと同じなので、“森博嗣”や“京極夏彦”を読んでいるかのような顔で官能小説を楽しむことができます。
また、最近の官能小説の文庫は、ページ数を増やすためか字がどんどん大きくなっています。
字が大きいと、周りのお客さんに官能小説を読んでいることがバレやしないかと、気が気じゃなくて集中できません。
その点、ハードXノベルズは、普通のノベルスと同じで、字のサイズが小さめなのもナイスです。


【関連作品】
ハードXノベルズの気になる作品はこちら。
タイトル通り7人の人妻が色々なシチュエーションで凌辱される短編集。

七人の人妻 凌辱初夜 (フランス書院ハードXノベルズ)七人の人妻 凌辱初夜 (フランス書院ハードXノベルズ)
(2005/07)
美川 一樹

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。