FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女の美熟母を恋人にするという倒錯感あふれる、“彼女の母”ものの決定版。 「美獣三重奏―未亡人と二人の美娘」(田沼 淳一)

美獣三重奏―未亡人と二人の美娘 (フランス書院文庫)美獣三重奏―未亡人と二人の美娘 (フランス書院文庫)
(2008/12/22)
田沼 淳一

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

未亡人・由起は、女子高生の娘・結莉と彼氏・和馬のセックスを覗いてしまう。
自分に熱い視線を向けていた和馬を意識し始めていた由起は、不覚にも自分の娘に対して嫉妬心を覚える。
「あなたたちには、まだ早い!」と止めに入らなければと思いつつも、孤閨に耐えてきた未亡人の体はうずき始めて、高校生らしからぬ激しいセックスから目が離せなくなってしまう。
すべては悪魔少年の仕組んだワナだとも知らずに・・・

冒頭の未亡人・由起の描写から、ぞくぞくするほどの女ぶりで、俄然期待は高まります。
性描写では、得意の田沼節が炸裂します。
セリフはもちろんのこと、地の文まで思い切りポップな口語体。
擬音語、カタカナ語、四文字熟語のオンパレード。
まるでアニメか漫画を見ているかのよう。
初めて田沼さんの作品を読む読者は圧倒されるはずです。
こんな官能小説が、世の中に存在したのか?
こんな官能小説が、許されるのかと?
これが“田沼官能遊園地”であり、“田沼ワンダーランド”です!

娘の彼氏のことを心の中で「キミ」と呼ぶのが、新鮮でやられました。
客観的に「○○くん」と呼ぶという思い込みがありましたが、主観的に「キミ」と呼ぶのは、娘の彼氏に意識過剰になってしまう熟母の心理としてリアルです。
娘の彼氏に告白されて迫られて、理性と欲望の狭間で揺れる貞淑な未亡人の心理描写が、これでもかというくらい繰り返し描かれていて、私のように好きな人間にはたまらないです。

クライマックスで、熟れきった未亡人に、まだまだ発育途上の高校生の娘のパンティや中学生の娘の体操着を着せるシーンは萌えました。
肉ははみ出るし、尻は食い込むし、生地は伸びきって透ける。
娘の彼氏の前で、娘の衣装を着せられた熟母の恥辱と倒錯感は、病みつきになりそうです。

本作品の帯には「編集長が薦める! 凌辱部門 第1位」とあります。
人妻官能ファンの私としては、“彼女の母”ものとして楽しみました。
本作品は、“彼女の母”ものの決定版です!


【編集後記】
フランス書院文庫の帯文句は、本を選ぶ際の参考になります。
いろんな種類の帯文句(○○年売り上げベスト、読者が選ぶ○○ジャンルベストなど)がありますが、編集長バージョンは結構信用できます。
編集長が薦める凌辱部門以外のベスト1はこちら。

◆相姦部門
四人の姉と僕―危険な生下着 (フランス書院文庫)四人の姉と僕―危険な生下着 (フランス書院文庫)
(2008/10/23)
宮園 貴志

商品詳細を見る


◆誘惑部門
彼女の母・彼女の妹―僕の危ない関係 (フランス書院文庫)彼女の母・彼女の妹―僕の危ない関係 (フランス書院文庫)
(2008/03/24)
巽 飛呂彦

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

トラックバック

美獣三重奏-未亡人と二人の美娘(著:田沼淳一、フランス書院文庫)

2008/12/22 発売 美獣三重奏-未亡人と二人の美娘著:田沼淳一、フランス書院文庫 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 → 【honto】の電子書籍はコチラ。 → ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉 → 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。 「結莉ちゃん、奈月ちゃん、ご、めん...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。