FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋したい。恋したい。恋したい。 「年下の男の子」(五十嵐 貴久)

年下の男の子 (実業之日本社文庫)年下の男の子 (実業之日本社文庫)
(2011/04/05)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

今、会社で気になっている女性がいます。
彼女がいないところでも、ついつい彼女のことを考えてしまいます。
町を歩いていて、後ろ姿が彼女と似た女性がいると「もしかして?」と思ってドキッとします。
家に帰って湯船につかりながら、彼女とデートしたらどんなことを話そうかと妄想します。
寝床に入ると、彼女のことを考えながら、抱き枕を抱いて眠ります。

彼女は、30代後半の独身です。
最近は仕事のつながりも少なくなり、ほとんど話せません。
彼女のことをもっと知りたいのですが、きっかけがつかめません。
30代後半の独身女性は、どんなことを考えているのでしょうか?
恋愛とか仕事とか人生について・・・
そんなことに興味があって手にしたのが本作品です。

37歳課長補佐・晶子と23歳契約社員・児島くんのラブストーリー。
晶子は恋愛に対して臆病すぎます。
もっとガツンと行けよ!ガツンと!!と励ましたくなります。
仕事は、人並み以上にできる。
マンションを買う勇気もある。
なのに、恋にはなかなか飛び込めない。
あれやこれやと言い訳ばかり、頭の中でこねくり回してしまいます。
このあたりにアラフォーのリアリティがあります。

 人それぞれに違う形での幸せがあるのではないか。
 三十八歳になるまで、わたしにはそれがわからなかった。
 幸せというものには、愛している人がいるということはもちろんだけど、安定した生活だとか、ある程度のお金とか、そういうものが含まれていると漠然と考えていた。
 そうではない。
 いや、そういうことも幸せの一部かもしれないけど、そんなに重要な要素ではないのだ。
 幸せって何なのだろう。
 それは、おそらく言葉で説明できるものではない。
 考えて定義できるものでもない。
 ただ、感じるものなのではないか。
 そんな気がしていた。


やっぱり恋はいいなあ。
素敵な恋がしたいなあと素直に思います。
あの頃(私にとっては学生時代)、どうしてあんなにまっすぐ人を好きになれたのでしょうか?
もうあんな風に人を好きになることはないのでしょうか?
「この人と一緒になれなければ死んでもいい」と本気で思ってましたからね。

本作品は、派手さは無いですが、我々と等身大であり、恋愛のエッセンスと醍醐味が詰まっています。
恋愛体質の人にはたまらないはずです。
本作品にグッと来ない人は、恋愛体質でも恋愛至上主義でもないです。
僕もこんな恋を、またしてみたいです。
うーん、ますます会社の彼女のことが気になってきました!!(ヤバイです)


【編集後記】
人生の指針が見つかる 恋愛の名言1300 (宝島SUGOI文庫)人生の指針が見つかる 恋愛の名言1300 (宝島SUGOI文庫)
(2011/03/04)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る


最近の私はどうかしています。
人妻官能小説ファンの私が、こんなのパラパラめくりながらため息をついています。
恋に恋してるだけなのでしょうか?

 いないときに相手を慕い、
 その人が自分のそばにいることを
 欲してやまぬ場合にのみ
 恋愛しているのである。
         (アリストテレス)


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。