FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【おすすめの官能本ベスト5】 2012年2月~2012年4月ランキング

2月~4月に読んだ官能本の中から、個人的に良かった作品ベスト5を紹介します。
私の趣味嗜好を知っていただき、皆さんの官能本選びの参考になれば幸いです。


【ランキング】
5位
夜の桃 (新潮文庫)夜の桃 (新潮文庫)
(2010/12)
石田 衣良

商品詳細を見る


関連記事:通勤電車で読みたい、中年サラリーマンが元気になれる性愛小説。 「夜の桃」(石田 衣良)



4位
花酔ひ花酔ひ
(2012/02)
村山 由佳

商品詳細を見る


関連記事:既婚者のモヤモヤの正体をあばく、性愛小説の極致。 「花酔ひ」(村山 由佳)



3位
誑かす【三人の若妻】 (フランス書院文庫)誑かす【三人の若妻】 (フランス書院文庫)
(2012/01/23)
御堂 乱

商品詳細を見る


関連記事:産婦人科という設定を活かした、バランスよい人妻官能作品。 「誑かす【三人の若妻】」(御堂 乱)



2位
僕たちの秘密 彼女の母・彼女の姉 (フランス書院文庫)僕たちの秘密 彼女の母・彼女の姉 (フランス書院文庫)
(2007/10)
宮園 貴志

商品詳細を見る


関連記事:丁寧な心理描写で4人の登場人物が躍動する、誘惑ものの決定版。 「僕たちの秘密 彼女の母・彼女の姉」(宮園 貴志)



1位
美獣三重奏―未亡人と二人の美娘 (フランス書院文庫)美獣三重奏―未亡人と二人の美娘 (フランス書院文庫)
(2008/12/22)
田沼 淳一

商品詳細を見る


関連記事:彼女の美熟母を恋人にするという倒錯感あふれる、“彼女の母”ものの決定版。 「美獣三重奏―未亡人と二人の美娘」(田沼 淳一)



【感想】
今回は、1位と2位の作品である“彼女の母”ものにハマりました。
主人公は高校生、ヒロインは彼女の母です。

彼女が可愛くないわけではありません。
彼女はクラスを、いや学校を代表するくらいの美少女です。
でも、彼女の母には、女子高生には無い、匂い立つ女盛りの肉体があります。
彼女の家へ遊びに行くと、自然と彼女の母の姿を盗み見てしまうわけです。
感の鋭い経験豊かな人妻が、娘の彼氏から浴びる、熱っぽい視線に気づかないわけがありません。
娘の目を忍んで交錯する二人の視線・・・

この2作品には“彼女の母”ものの醍醐味が詰まっています。
・彼女の母を恋人にする、妻にするという倒錯感。
・イッてイッてイキまくるという、彼女の母の感度の良さ。
・理性と欲望の間で揺れる、彼女の母の心理描写の丁寧さ。
・「あの娘には内緒よ」や「○○ちゃん、ご、めん、ね・・・ああっ」といったキメゼリフ。

“彼女の母”ものの決定版として、自信を持ってオススメします!


【編集後記】
今、ニヤニヤしながら読んでいるのがこちら。
男は女性のこんな“しぐさ”に弱い!

モテ★モーション 男をトリコにする“愛されしぐさ”全集 (ソフトバンク文庫)モテ★モーション 男をトリコにする“愛されしぐさ”全集 (ソフトバンク文庫)
(2008/02/15)
潮凪 洋介

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。