FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟れた肝っ玉母ちゃんは、牝へと変えられていく!「熟母略奪 息子の前で犯されて」(筑摩 十幸)

熟母略奪 息子の前で犯されて (リアルドリーム文庫82)熟母略奪 息子の前で犯されて (リアルドリーム文庫82)
(2012/03/23)
筑摩十幸

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
喫茶店を息子・シンジとともに切り盛りする未亡人の遙。
そこに息子の悪友・タケルが現れたことで、日常が狂い始める。
弱みを握られ、少年の欲望のままに弄ばれる遙。
(シンジ・・・ごめんね・・・お母さんをゆるして・・・)
母性の下に隠れた熟肉を貪欲な若牡に嬲りぬかれ、
淫母として開花させられる遙は、やがて息子とともに・・・。


人妻官能小説らしからぬヒロインのキャラクターがたまりません。
人妻官能小説のヒロインといえば、
お淑やかで洗練された上品な人妻と相場は決まっています。
けれども、本作品のヒロインは、まだ三十代前半にもかかわらず、
未亡人であること・中学生の息子がいることから、
勝手に「もう自分は女としての魅力はない」と思い込んでいる熟母です。
いや、愛する亡き夫や息子のために、無理やりそう思って、
内に潜む牝の欲望を誤魔化しているのかもしれません。
「私は女としては枯れている」
「私みたいなオバさんをからかわないで」
と言ってるのに、脱がせてみたらめちゃめちゃ男好きのする女体をしている。
自分で自分の魅力に気づいていない!
この可愛いこと、可愛いこと!!
ぎゅーっと強く抱きしめて、好き放題いたずらしたくなって当然でしょう。
しかも、性格的には勝気な姐御肌。
このあたりの肝っ玉母ちゃんぶりは、一人で切り盛りしているお店で、
商店街のオヤジ連中や地上げの不動産屋とのやり取りでも、
いかんなく発揮されています。

そんな息子を愛し、夫との思い出を胸に頑張っている彼女が、
息子の友人の姦計に堕ちてゆきます。
彼には邪な欲望がもう一つあります。
それは友人の母親を完全に略奪し、自分のママにしてしまうということ。
"母"というものを知らない友人の妬み・憧れが背景には渦巻いています。
そして、地上げの不動産やである彼の父親も乱入し、
疑似家族のようになっていく展開は、倒錯の嵐が吹きすさびます。

はたして、実の息子は、牝へと変えられた母の姿を目の当たりにしてしまうのか?
もし息子が見てしまったら、立ち直れなくなることは必至です。
母を愛する息子がどうなってしまうのか。
怖いもの見たさで見たいような、でも辛すぎて見たくないような・・・
このあたりを描くのは難しいはずで、息子にはバレずに済ませている作品もありますが、
本作品では最後までちゃんと逃げずに描き切ってくれています。

漫画チックな語り口やセリフは好みが分かれるところです。
ショタ好きのビッチ??
とか言われても、オジさんには、何が何だか分かりません。
もはや雰囲気が味わえれば、それでいいのでしょう。
だが、それを差し引いても余りある、
いや、それでしか出せない"背徳&肉欲ワールド"が堪能できます。
熟母に羞恥心を与える、男たちの軽薄なセリフが、冴えに冴えまくっています。
眠れぬ熱帯夜に暑すぎる作品でした。
最近、性的に飢えに飢えまくっている人に、おすすめの作品です!


【編集後記】
気になる作品はこちら。
若すぎる妻にはない色気が、僕を酔わせ、狂わせた!

妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)
(2012/06/22)
庵乃 音人

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。