FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若すぎる妻にはない、妻の姉の色気! 「妻の姉【二週間の秘園】」(庵乃 音人)

妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)
(2012/06/22)
庵乃 音人

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
妻の留守中、居候した義姉と始めた二人きりの生活。
若すぎる妻にはない35歳の爛熟美に悩殺される日々。
艶やかな乳房を揉みしだき、尖った乳首を吸引する浴室。
裸エプロン姿で料理する背後から抱きつくキッチン。
おねだりに応える綾子も豊麗な肉体を疼かせて・・・。
妻には内緒で欲望を貪り合う二週間の「疑似姉弟プレイ」!


妻の姉といえば、皆さんはどんな女性をイメージするでしょうか?

妻は、すらりとモデルのようなスタイルの、クールな美人キャリアウーマンです。
世間でいう「いい女」です。
誰もがうらやむ女と結婚したばかりです。
しかし、心のどこかで後悔している自分がいます。
それは、妻の姉と出会ってしまったからです。
夫を亡くした妻の姉は、柔和な美貌と、ムチムチの肉感的な女体を持っています。
今まで誰にも言ったことはありませんが、本当は妻の姉の方がタイプなのです。

新妻が二週間の海外出張に行くことになり、主人公は妻の姉・綾子と同居することになります。
憧れの年上の女性との、二週間の同居生活。
想像するだけでアソコは硬くなり、先走り汁でパンツがグショグショになることは必至です。
「だいたいなんで妻はそんな状況を進んで作るんだ!」とか「おいおい、それはヤバイだろう!」と突っ込みたくなりますが、9歳年上の姉に対して、安心しきっているのでしょう。
この妻のトンチンカンぶりにもニヤリです。
まさか夫と姉とどうこうなるなんて、夢にも思っていないわけです。

本作品は、大人の男性の癒されたい願望をかなえてくれます。
癒し系というと、実母ものや義母ものがありますが、主人公が高校生とかなのでイマイチ入り込めません。
こんなオッサンに高校生の気持ちになれと言われても、少し無理があります。
その点、大人の男性の人妻官能小説ファンにとっては、年上の妻の姉が丁度いいです。
どうして今まで気づかなかったのでしょうか!?

妻の姉の心理変化がたまりません。
小さい頃に姉を亡くした義弟におねだりされて、疑似姉弟を演じることになった同居生活。
実は過去にある事件があって、姉には、妹へのちょっとした仕返しの気持ちもあったのでしょう。
しかし、次第に義弟の要求はエスカレートし、既に性の悦びを知っている未亡人は、拒めなくなってきます。
彼女の方も、自分を慕ってくれる義弟を憎からず思っていたのでしょうね。
頭の片隅では、こんなことをいつまでも続けててはいけないと理性を留めていた妻の姉ですが、もう一人の若い女性(じつは、この女性も若さあふれるムチムチ系です)の登場により、完堕ちへと導かれていきます。

本作品は、年上の女性に癒されたい既婚者にオススメです。
真面目な妻にはない性的な奔放さを持つ妻の妹もいいですが、若すぎる妻にはない色気を持つ妻の姉も最高ですよ!


【編集後記】
今、楽しんでいる作品はこちら。
読み始めて気づきましたが、長編ではなく短編集でした。

私の妻が肉辱された夜 (フランス書院文庫)私の妻が肉辱された夜 (フランス書院文庫)
(2012/06/22)
綺羅 光

商品詳細を見る


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

トラックバック

妻の姉-二週間の秘園(著:庵乃音人、フランス書院文庫)

Junpei F. さんのブログ『人妻官能小説の紹介・感想・レビュー!』にトラックバックさせていただいております~。ありがとうございます~。m(_ _;)m ------------------------------ 妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)(2012/06/22)庵乃 音人商品詳細を見る ★★★★☆ 許されない関係への懊悩と解放のギャップ, 2012/8/31 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。