FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂の新刊「人妻劇場」を体験せよ! 「人妻劇場」(鳴瀬 夏巳)

人妻劇場 (フランス書院文庫)人妻劇場 (フランス書院文庫)
(2012/09/26)
鳴瀬 夏巳

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

(紹介文)
小関若菜の幸福すぎる人生は一夜にして暗転した!
一人きりの寝室を襲われ37歳の熟れた女体を貪られる。
緊縛尋問、強制フェラ、初めてのアナル責め!
優雅な夫人から誇りが奪われ、きざした女の声が・・・
昼夜を問わぬ牝調教で、淑女の本性が暴かれてゆく。
千香、瑛子、若菜・・・夫は知らない悲劇に満ちた飼育生活!


主人公は工事現場で働く警備員。
工事現場の近くに住む、金持ちの人妻・若菜に見下され、苦情を言われ、警備員仲間ともどもケチョンケチョンにされる。
バブル時代ならいざ知らず、この不況のご時世に、こんな高慢ちきな女がよくいたもんだ。
警備員仲間のじいさんは、彼女に難癖をつけられ、クビまで切られることになる。
我慢ならない主人公は、高飛車で生意気な人妻を徹底的にこらしめることを決意する。

若菜は性悪ではあるが、体の豊満さは垂涎ものである。
普通の人妻官能にありがちな、お淑やかで大人しい人妻のイメージとは一線を画す。
少々乱暴に扱っても、精神的にも肉体的にもへこたれない牝。
しまいには警備員仲間たちも加わり、徹底的に嬲る。
巨乳を鷲掴み、でかいケツをひっぱたく。
彼女の性悪さを目の当たりにした後では、読者も溜飲が下がること請け合い。
拍手喝さい、まさに痛快無比の境地。
生意気女をこらしめるのが、ここまで良いとは正直思わなかったです。

ターゲットは若菜だけではない。
かつてお互い好意を持っていたが、付き合うには至らなかった現社長夫人を。
偶然主人公と再会し、「警備員なんて、落ちぶれたわね」と大げさに騒ぐ元同僚である社長秘書を。
このあたり、前に勤めていた職場での事件が、女たちに恨みを持つ背景として活かされており、主人公の心情に自然と引き込まれる。
ますます主人公を応援したくなり、痛快さもいやまします。

弱みにつけこまれた人妻は、「いや、いや!」と抵抗するが、そのうち熟れた体は正直で、最後にはきわめた声が漏れてしまう。
そんな“人妻嫌嫌もの”好きにはたまらない作品。
秋の夜長に、本格人妻官能を堪能できました!


【編集後記】
同著者の気になる作品はこちら。
「人妻劇場」の原点でしょうか?

肛虐マンション―人妻狩り (フランス書院文庫)肛虐マンション―人妻狩り (フランス書院文庫)
(2006/01/23)
鳴瀬 夏巳

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。