FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も知らない夜の保護者会。 『熟母懇親会「息子の担任教師と…」』(如月 蓮)

熟母懇親会「息子の担任教師と…」 (フランス書院文庫)熟母懇親会「息子の担任教師と…」 (フランス書院文庫)
(2007/07)
如月 蓮

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

(紹介文)
「先生の前でだけよ、こんなふうになれるのは」
瞳を潤ませ、滾る股間に白い指を這わせてくる生徒の母。
覗ける黒下着が、艶めいたルージュが、悩ましく挑発する。
誰もいない教室、三人の母親と溺れる最高の放課後。
担任教師の“淫らな特権”が発覚した時、彼女たちは・・・。
理沙、麻奈、純子・・・三十路の裏の貌は甘美すぎる!


最近、息子の小学校の保護者会が楽しみで仕方ない。
リアルな人妻たちに囲まれて過ごす、人妻官能小説ファンにとっては夢のような時間。
役員を選ぶときに、「男性でもいいんですよ」とか「一緒にやりましょうよ」なんて甘い声をかけられて、舞い上がっちゃって、「は、はい」と声が裏返っちゃう始末。
保護者会で惹かれる快活で眩しい人妻たちは、そんちょそこらの小娘とは女っぷりが違います。

本作品は、そんな子供の同級生の母親たちに惹かれた経験が一度や二度でない人には、ドンピシャです。
教室にフェロモンが立ちこめる、最初の授業参観風景から、一気に引き込まれます。
普段の何気ない所作や振る舞いの中に宿る人妻の色気は、読んでいるだけで息が詰まるほど!

主人公である担任教師の心理描写を省いているのも巧いです。
そのおかげで、人妻たちに不思議とモテまくり、戸惑いつつも溺れていく若い先生の気持ちを想像しながら、読者は読み進めることができます。
先生の心理描写がなくても、彼のねっとりと這いまわる視線が、すべてを語っています。
人妻の何気ないしぐさと、それを追う教師の熱っぽい視線。
熟れた母親と若い担任教師の思惑が交錯する瞬間、たまりませんね。

高校生が相手の誘惑ものじゃリアリティを感じられない、大人の人妻官能小説ファンの皆さんに激オススメです!


【編集後記】
アマゾンで、すごいものを見つけてしまった。
これは読まずにいられない!

三人の人妻社員【再就職の罠】三人の人妻社員【再就職の罠】
(2012/11/22)
御堂 乱

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

トラックバック

熟母懇親会-息子の担任教師と…(著:如月蓮、フランス書院文庫)

熟母懇親会-息子の担任教師と…(2007/07/23) → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子書籍> 「先生の前でだけよ、こんなふうになれるのは」 瞳を潤ませ、滾る股間に白い指を這わせてくる生徒の母。 覗ける黒下着が、艶めいたルージュが、悩ましく挑発する。 誰もいない教室、三人の母親と溺...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。