FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子丼とか騒いでいるのは一部の童貞だけ。 「狂罠[ワナ] 彼女の母は未亡人」(藤崎 玲)

狂罠[ワナ] 彼女の母は未亡人 (フランス書院文庫)狂罠[ワナ] 彼女の母は未亡人 (フランス書院文庫)
(2010/01/22)
藤崎 玲

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

(紹介文)
喪服で隠すには惜しい、37歳の女体を剝きつくし、
きつい締め付けに逆らい、猛る剛棒を幾度も突き込む。
亡き夫の一周忌に張り巡らされた淫鬼の狂罠(ワナ)
好青年を装い、女子高生の純潔を散らした啓人は、
優衣の母、美しすぎる未亡人・沙智子までも性の虜に。
肉調教は終わらない、この家すべてが牝色に染まるまで。


亡き夫の後を継いで、経営に奮闘する女社長の元に、絵に書いたような好青年が現れる。
娘の彼氏として紹介されたのは、金持ちの御曹司。
なんと新しい商売まで斡旋してくれるという。
まるで土曜ワイド劇場のような、怪しげな展開。
好青年の裏に、好色の瞳が隠されていることに、母と娘は気づかない。

“親子丼”とは、まさにこういうことだったのですね。
この倒錯感は半端ないです。
まさに娘と母親の共宴。
たんに彼女と彼女の母の両方と関係をもつというのではありません。
しまいには、一つのベッドに二人を並べて・・・
お互いの嫉妬心を煽って、煽って、煽りまくる。
堕ちきった二人は、相手が責められているときは、悔しさに満ちた視線を送る。
とくに娘を責めているときの、母親の嫉妬心!
自分が気をやりそうになるときの、母親の娘に対する罪悪感!
これこそ、本作品の醍醐味でしょう。

クライマックスは、孕ませまで描き切っており、前代未聞の展開が待っています。
これは正直言って好みが分かれるところ。
人妻(熟女)ファンとしては、ラストはさすがに抵抗がありました・・・
両刀使いにはたまらんでしょうけど。
個人的には、若い娘はあくまで母親を完堕ちさせるためのダシと考えたいタイプなのでね。
まぁ、こういう世界観を垣間見れたのも、一興でした。


【編集後記】
締切に追われた仕事が一段落したので、会社帰りに本屋さんに寄って、官能小説を物色しました。
家に帰って、ビールを片手に官能小説を開くのが、最高の瞬間です。
今楽しんでいる作品はこちら。

僕の言いなり【兄嫁と義妹】 (フランス書院文庫)僕の言いなり【兄嫁と義妹】 (フランス書院文庫)
(2011/10/24)
早乙女 京一

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

最近のTVってつまんなくない?

sNQ1W819
そういう時こそ
リア充しようぜ☆
http://23WtCA60.real.2d-wif.com/23WtCA60/

Re: 最近のTVってつまんなくない?

もともとTVはあまり好きではありません。
確かにつまらないですよね。

「リア充しようぜ」と言いますけど、普通のサラリーマンはきついくらい「リア充」なんですよ。
仕事に、妻に、子供に、趣味に・・・
だからね、妄想の世界で戯れるひと時が必要なんです。
私の場合は、官能小説ですね。
官能小説は、ロマンであり癒しなんです。

リアルなセックスも素敵ですが、ハマればハマるほど良くなってくるのは官能小説も同じですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。