FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「六人の隣人妻 力ずくの情姦」(相馬 哲生)

六人の隣人妻 力ずくの情姦 (フランス書院文庫)六人の隣人妻 力ずくの情姦 (フランス書院文庫)
(2006/06)
相馬 哲生

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

昔何度も繰り返し読んだ大好きな本。
古本屋に売ってしまったが、また読みたくなって再度購入した。
私は、「貞淑な人妻が何らかの理由でやむをえず体を開く」というストーリーが大好きなのだが、この本はまさにそのストーリーのオンパレード。
身近でリアルな状況設定が、人妻ファンにはたまらない。
夫に申し訳ない、こんな男の言いなりになりたくないのに、従わざるをえない人妻たちの心の移り変わりが丁寧に描かれている。
高級マンションに住む六人の美人妻のオムニバスになっており、飽きることなく一気に最後まで読んでしまう。中でも、「娘が手術を控えた人妻&主治医」と「夫の為に融資を引き出したい人妻&デイトレーダー」の話は、私の日頃の妄想の中に、もはや棲みついているといってもいいストーリー。
人妻アダルトビデオで定番の「万引き警備員もの」「部下の妻もの」「お受験もの」もしっかり入っており、大満足の一冊。
この著者の状況設定力と女性の心理描写は、ぜひ他の作品も読んでみたいと思わせる。

六人の隣人妻 力ずくの情姦| フランス書院
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。