FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未読本の紹介】めくるめく通勤電車の世界へようこそ

今朝、通勤電車で読む新しい本を選ぼうと本棚を見ると、フランス書院のクロ本しかないことに気付き、ガックリ・・・クロ本はエッチ描写が多く濃厚なので、通勤電車では周りが気になり集中して読めません。ソフト官能本を仕入れていなかったことを後悔しました。官能小説の無い通勤電車は、地獄です。

というわけで、帰宅後、さっそくアマゾンアタックを敢行したので、本日は未読本を紹介します。(上記タイトルは、初のホッテントリメーカー作です)

【アマゾンアタック】
官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)
(2006/10)
永田 守弘

商品詳細を見る

◆官能小説ファンとしては、ぜひ書斎に置いておきたい一冊。前から気になっていましたが、待望の文庫化により、手にしやすくなりました!


兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
(2009/03/31)
御前零士

商品詳細を見る

◆現在、御前零士さんの作品を読んでいます。まだ半分くらいしか読んでませんが、とにかくエッチ描写がねちっこくてエロい。著者にはものすごい才能を感じます。


人妻たち (二見文庫)人妻たち (二見文庫)
(2008/10/24)
雨宮 慶藍川 京

商品詳細を見る

◆私の趣味からして、人妻ものでアンソロジーであれば、まず間違いないでしょう。初めての作家さんばかりなので、気に入った著者がいれば、長編にトライしてみようかと思います。


人妻しらべ (二見文庫)人妻しらべ (二見文庫)
(2008/07/25)
高輪 茂

商品詳細を見る

◆著者の作品として、『 女医 』 『 美人記者 』 『 女捜査官 』 『 新人弁護士・麗菜 』 ( 以上、二見文庫 )などがあり、働くキャリア女性を描くのがお得意のよう。本作品は、夫が行方不明になったセレブ妻と女探偵が登場する、ノンストップ・エンターテイメントとのことでストーリー的にも楽しめそう。


【つんどく本】
七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー
(2008/11/21)
綺羅 光樹月 峻

商品詳細を見る

◆基本的にはソフト官能が好みですが、たまにはハードにガツンとやりたくなります。乱暴なくらいに突きまくりたい!今週末あたり、秋の夜長、書斎にこもってしっぽりと人妻凌辱を堪能したいです。


読了後、おすすめ度:★三つ以上の作品は、感想とともにあらためて紹介しますのでお楽しみに。


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。