FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻の母が理想的な熟女である件。 「妻の母・三十九歳」(山口 陽)

妻の母・三十九歳 (フランス書院文庫)妻の母・三十九歳 (フランス書院文庫)
(2013/01/25)
山口 陽

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
「ごめんなさい、もうわたし我慢できなくて・・・」
ふくよかな熟乳から漂う、若すぎる妻にはない色気。
ベッドで惜しみなく捧げられる性技は、濃厚で甘い。
家族には絶対言えない、39歳の豊麗な裸身に溺れる蜜交。
夕食前の情事、おねだりフェラ、ご奉仕バスルーム。
妻の母が、これほど淫らな「美熟女」だったなんて!


妊娠中の妻が入院し、若い夫・蓮冶は性欲を持てあます。
蓮冶は、家事を手伝いに来てくれる妻の母・和代を女として意識するようになります。
和代の方も、一緒に過ごす時間が増えるにつれて、娘の夫を男として意識するようになります。
このあたりの心理描写が、背徳感をスパイスにして丁寧に描かれており、引き込まれます。

和代は、無理矢理襲われたとはいえ、まともに抵抗できなかった自分にもっともらしい言い訳を用意している。
仕事にかまける年上の夫とのセックスレス。
娘の妊娠中、蓮冶が他の女に手を出さないよう、彼の性のはけ口になる。
本当は、若くてたくましい体に溺れ、ただ自分の欲求を満たしたいだけなんですけどね。
このアラフォー義母のかわいいこと、かわいいこと!
ギュッと抱きしめて自分だけのものにしたくなっちゃいます。

二人のむさぼり合うような、性への溺れっぷりが凄いです。
会うたびにお互いが相手を欲し、自然と体が引き寄せられる感じです。
二十代前半男子とアラフォー熟女の、性の相性は抜群ですね。
男はやりたいざかりで、性に対する貪欲さがあふれ出ている。
女は成熟して、性に対する貪欲さを内に秘めている。

私のような人妻官能ファンにとって、和代は理想的な熟女です。
普段はおしとやかで母性にあふれる。
それでいて、身体は肉感的で、性では男をトロトロにとろけさせる。
相反するように思われる、母性と官能の奇跡の共存。


どこかにこんな最高の美熟女いないもんかな!?


【編集後記】
気になる作品はこちら。

若妻「人質」―密室レイプ生活 (フランス書院文庫)若妻「人質」―密室レイプ生活 (フランス書院文庫)
(2007/10)
御堂 乱

商品詳細を見る

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

トラックバック

妻の母・三十九歳(著:山口陽、フランス書院文庫)

妻の母・三十九歳 (フランス書院文庫)(2013/01/25)山口 陽商品詳細を見る ★★★★★ 主人公の立場で描く後ろめたさ, 2013/2/19 妊娠中の妻の母が39歳というのには若干リアリティに欠けるようなギリギリ感があるし、何も妊娠妻にしなくても単に怪我で入院したことにすれば良いのでは?といった疑問も沸くところだが、妻の妊娠から入院、そして産後に至るまでが、ストーリーに不可欠な要...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。