FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳がしびれる官能小説の醍醐味。「媚肉嬲り」(御前零士)

媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)
(2008/06/22)
御前零士

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★★

ヒロインは夫との性生活に不満を持つ29歳の人妻。ちょっとした遊び心でとった行動が原因となり、さえない変態中年(頭頂部薄い、メタボ、変態の三重苦)に脅され、無理やり体を開かされます。「貞淑でグラマーな人妻が、キモ系のオヤジに何らかの理由で脅迫され、好き放題される」というのは、嫌々が大好きな人妻ファンにはたまりません。まさに、ド壺のストーリーです。

さらに、人妻が少しずつ開発され、堕とされていく性描写がエロ過ぎます。テンポが良く、なおかつねちっこい書きっぷりは、想像力がかきたてられ、脳がしびれました。性器を刺激するのではなく、脳を刺激することで興奮する。そんな官能小説の醍醐味を味わいました。そして、思わず右手がアソコに行っちゃうことは必至。そういう意味で、実用度も高い作品です!

著者の御前さんには、あふれんばかりの才能を感じます。他の作品もぜひ読んでみたいです。

秋の夜長に、書斎にこもってしっぽりと楽しみたい一冊。激オススメです!


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。