FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話の掛け合いが楽しい、キャラクターを活かした軽快なロマン官能。 「蜜まつり」(藍川 京)

蜜まつり (祥伝社文庫)蜜まつり (祥伝社文庫)
(2011/03/11)
藍川 京

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

(紹介文)
法外な報酬なのに、不思議と客が途絶えない高級便利屋「加勢屋」。
折からの不況で失業し、そこに勤めることとなった武居勇矢は、夫の不倫に悩む美しい女性と出会う。
調査のため博多へ飛ぶが、怪しくも豪放磊落(らいらく)な社長も同行することに。
なぜか勇矢を出し抜こうとし、ちょっかいをかけてくる社長とやりあい、依頼を解決できるのか?
不況なんて吹き飛ばす、痛快な官能小説!


社長のキャラクターがナイスです。
社長は勇矢に、いつも減らず口ばかりたたいてくる。
美男でもなく髪も薄いのに、不思議と女にモテる社長。
勇矢は、はるかに年上の社長に、同じ男として、嫉妬心とライバル意識を持っています。
普段はひょうひょうとしている社長ですが、仕事では頼りになる一面もあったり。
この社長が、どうにも憎めないキャラクターなわけです。
私の大好きな、花村萬月の 『眠り猫』 (新潮文庫) を彷彿とさせる。
なんでも屋とヤクザでは、怖さも違うし、あちらはもっとハードボイルドですけどね。
私は一般小説もキャラクターで読んじゃうタイプです。
官能小説でも、本作品のように、もっとキャラクターを立てた、会話の掛け合いが楽しい作品があってもいいですよね。

根っからの女好きの主人公・勇矢にも好感が持てます。
最近流行のM男でも草食系でもない。
やっぱり男はこうでなくっちゃね。
でも、我々の現実は、勇矢のようにいい女を抱いたり、いい女に翻弄されたりできないわけで、うらやましい限りです。

登場人物のキャラクターを存分に活かした、男の夢を叶える軽快なロマン官能。
本格官能に食傷気味の方にも、おすすめです!


【編集後記】
上記作品の中にも登場する、同著者の作品はこちら。

柔肌まつり (祥伝社文庫)柔肌まつり (祥伝社文庫)
(2008/10/10)
藍川 京

商品詳細を見る


誘惑屋 (祥伝社文庫)誘惑屋 (祥伝社文庫)
(2010/03/11)
藍川 京

商品詳細を見る

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。