FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美人コンテストの醍醐味は、自分のお気に入りを選ぶこと。 「ギャルズ・メイトヌード・ベスト・コレクション65」

ギャルズ・メイトヌード・ベスト・コレクション65 (プレイボーイ写真文庫)ギャルズ・メイトヌード・ベスト・コレクション65 (プレイボーイ写真文庫)
(1983/12)
『別冊プレイボーイ』編集部

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
'80から'83の4年間、週刊プレイボーイのグラビアに登場した
女の子たちからBEST NUDE をピックアップ。
―――僕らは、何度、彼女たちに勇気づけられたことだろう。
キミたちがくれた夢にThanks a lot!


65人の女の子のベストヌード集。
夜、布団の上で寝転びながら、パラパラと本書を眺めるのは、至福の時です。
一日の仕事で疲れ果てたサラリーマン。
唯一のご褒美は、帰って飲む一本の缶ビール。
妻はいたわってくれない。
かといって、他の女性を口説くほどの勇気も甲斐性もない。
夜になるとふと孤独感が湧いてきます。
そんな夜に、寝床で男を癒してくれるのが本書です。
眠るときくらい、女体に溺れたい。
妄想の中でハーレムに生きたい。
そんな妄想を叶えてくれます。
パラパラめくっているだけで、ハッピーな気持ちになること請け合いです。

浜辺でのシンプルなヌード。
彼女たちと二人で向き合っているような、親密感があります。
一世を風靡した女たち65人ですよ。
一国の王様でもこれだけの女性を手篭めにはできないでしょう。
彼女たちの中で、自分だけのお気に入りを探すわけです。
これが、昔なら“美人コンテスト”、今なら“総選挙”の醍醐味です。

ベスト集ということで、一人当たりの写真は3枚くらいしかありません。
これで妄想がどこまで膨らませられるか。
中学時代や高校時代だったら十分抜けるでしょう。
ただ、私のようなおっさんになると、正直もの足りません。
この全然もの足りないという飢餓感が、たまらない。
もっと彼女を知りたいという欲求が、俄然高まります!

私の一番のお気に入りは、谷川みゆきです。
全体的に日本人らしいスレンダーな女性が多い中で、クールな表情とふっくらボディのアンバランスさがたまりません。
抱き心地が良さそうな水沢陽子、秋本圭子も垂涎ものです。


10人の男性がいたら、お気に入りの女3人はそれぞれ違う。
それが、女性の魅力の不思議さですね。



【編集後記】
気になる作品はこちら。

彼女の母は僕の言いなり (フランス書院文庫)彼女の母は僕の言いなり (フランス書院文庫)
(2012/05/23)
高杉 圭

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。