FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマンなら押さえておきたい大江戸巨魂侍(きょこんざむらい)。 「大江戸巨魂侍二 妖女邪教団」(鳴海 丈)

大江戸巨魂侍二  妖女邪教団 (廣済堂文庫)大江戸巨魂侍二 妖女邪教団 (廣済堂文庫)
(2013/06/18)
鳴海 丈

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

(紹介文)
夜更けの江戸をさまよう裸の美女を救ったのは、正義の浪人・巨城魂之介。
しかし記憶をなくして淫乱そのものとなっていた美女は魂之介の目の前で無残にも殺されてしまう!
折しも江戸では、美人教祖・緋真里の霊光教団という宗教が大人気だったが、その実態は若い娘たちを淫戯で洗脳して大陰謀を企む邪教団であった。
剣の腕も一流なら股間の道具も国宝級の魂之介がその陰謀を見破り、美女も悪党も撫で斬りにしてゆく!!
大好評の前作を凌ぐ、巨魂侍が痛快無類の活躍を見せる第二弾!!


大江戸巨魂侍(きょこんざむらい)!
名前からしてぶっ飛んでいます。
自分で巨魂(巨根)と名乗るのは、男として相当自信がないとできません。
悪を斬ることにかけて、純粋でまっすぐなんだけど、けっして独善的に陥らない。
天下御免の素浪人。
剣の腕も下半身も、めっぽう強くてたくましい。
土方歳三や坂本龍馬もいいですが、巨城魂之介(おおしろたまのすけ)こそ、日本最強の快男児でしょう。

彼のお珍宝も必見です。
官能小説史上、もっとも立派といっても過言ではない。
エラ、色、大きさ、熱さ、硬さ、脈打ち・・・
こんな凶暴なものを抜き差しされたら、女性はアソコがひりひりして痛いのではないかと、野暮な心配をしてしまいます。
しかし、女たちは一瞬にして、この男の、この一物の虜になります。
性に目覚め、女に生まれた悦びを堪能するわけです。
敵方の女に罰を与えるため、目を覚まさせるために、あえて貫くことがあります。
(自分の欲求を満たしたいからという、低俗な理由ではありません)
すると、今度は、女からいい寄ってくるようになる。
彼の悪退治に力を貸してくれるようになります。

どんな経緯があったとしても、一度情を交わした女が頼ってきたら、命に代えても守る。
抱いてと言われれば、抱いてやる。
ねえ、しびれるでしょう。
この世界感がたまらない。
まさに男も憧れる男です。
しがないサラリーマンにとって、男のロマンを叶えてくれる巨魂侍シリーズ。
続編が待ち遠しいです!


【編集後記】
上記作品は、シリーズ2作目。
気になる1作目はこちら。

大江戸巨魂侍 (廣済堂文庫)大江戸巨魂侍 (廣済堂文庫)
(2012/10/16)
鳴海 丈

商品詳細を見る

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。