FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達には秘密にしておきたい、はたらく人妻の魅力。 「はたらく人妻さん」(艶々、原作/みなかみゆう)

はたらく人妻さん (アクションコミックス)はたらく人妻さん (アクションコミックス)
(2009/08/12)
みなかみ ゆう

商品詳細を見る


(紹介文)
『たとえば母が』、『鷹月助教授の淫靡な日々』の艶々がアクションピザッツで不定期掲載して話題を呼んでいた人気作品がついに単行本化!!
今回のテーマはずばり“仕事を持つ人妻のエロス”。
秘書、ナース、女医、家政婦など様々な職業の熟妻たちが獣のようなセックスを魅せてくれます!!
(『奥様マリの潤いの庭』全4話も併録しています)
我々の妄想の中に巣食っている妄想を再生してくれる。
やっぱりこれですよね。
これを定番ととるか、王道ととるか。


おすすめ度:★★★★

艶々さんの描く人妻は、顔もボディも素敵です。
顔は人妻らしい柔和さ、ボディは熟れた(いい意味での)だらしなさを、ちゃんと描いてくれている。
変にきれいすぎたり、アニメチックな女性なら、せっかくの王道ストーリーにリアリティが無くなり、台無しになるところでした。
表紙の人妻をご覧ください。
パンティのヒモの上に、お腹のお肉がちょっぴり乗っかってるでしょ。
これをなくして、なにが人妻ものでしょうか。

はたらく人妻は、毎日、男たちと出会い、男たちの視線を集め、男たちの品定めを受けている。
だから、“女”を卒業した専業主婦と比べて、はたらく人妻は、いつまでも一人の“女”であろうとするし、性に対する好奇心も強い。
それは、クリーニング屋さんでも、家政婦さんでも同じなんですね。

『はたらく人妻さん』の他に併録されている、『奥様マリの潤いの庭』も大好きです。
迷いだったり、悲しみだったり、壁にぶち当たった男たち。
彼らの抱えている問題をしっかり受け止めたうえで、人妻は彼らを元気づけてあげたいと思います。
男性を元気づけることができるのならと、自分のすべてをさらけだしてくれるわけです。
包容力あふれる母性とボディで抱きしめてくれる。
不倫や背徳といった、ドロドロしたものは一切ありません。
ちょっぴりさびしい気もするけど、一度きりのカラっとした関係です。
女は、心身ともに疲れ果てた男を癒し、男の全部を受け入れる。
それにより男は、一人の男として認められたと感じ、明日からの生きる活力がみなぎってくる。
女性の優しさに救われて、明日からまた歩きだせる。
こういうことって、間違いなくあると思います。
男が理想とする女性像と世界観が、表現されています。

人妻官能ファンの頭の中に巣食っている妄想を叶えてくれる王道ストーリーと、熟れた人妻らしさあふれるイラストの奇跡のコラボ。
私は、本書を二度読みしちゃいました。
2シリーズとも、ぜひ続編を期待します!


【編集後記】
もし艶々さんのファンの方がいらっしゃったら、おすすめの人妻作品を教えて頂きたいです。

ひるがお(1) (アクションコミックス(メンズヤング))ひるがお(1) (アクションコミックス(メンズヤング))
(2012/03/02)
艶々

商品詳細を見る

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

艶々作品のおすすめ

突然のコメント失礼致します。
普段はAmazonその他の書籍サイトにレビューを投稿しており、最近になってブログも纏め始めたDSKと申す者です。

僭越ながら艶々作品の人妻モノでおすすめをば……。

単刊でしたら『密やかに熟れる花』でしょうか。
最近になって実写版ができたそうです。

シリーズものでしたら
『ものかげのイリス』(全3巻)はいかがでしょう?

よろしかったら一度ご覧になってみてください。

Re: 艶々作品のおすすめ

コメントありがとうございます!
DSKさんのレビューは、人妻官能小説を選ぶ際、いつも参考にさせて頂いているので感激です。

ご紹介の艶々作品、さっそくチェックしてみますね。
ふだんは劇画が好きで、成年コミックのタッチがどうもなじめないのですが、艶々さんが描く女性は特別です。
ふくよかで包容力があって、抱いても抱かれても素敵です。

なんとびっくり、DSKさんもブログを始められたとのことで、さっそくリンクさせて頂きます。
今後とも当ブログと人妻官能小説の応援をよろしくお願いしますね。



Re: 艶々作品のおすすめ

DSKです。

>いつも参考に

アホみたいに数だけは書いてますから(^^;)
ご参考になれば幸いです。

>ブログを始め

何となく流れで始めることになりまして……。(汗)
元より「自分で管理するのは面倒だから」と
Amazonや他の書籍サイトにレビューを投稿しておりましたが
今度は自分のレビューを探すのが少々面倒になってきたという
皮肉な結果に陥り始めているのと、とある方より
「例えば年代別とか出版社別、あるいは作家別などで整理したら?」
といった指摘もあり、それではブログでも……と
ようやく重い腰を上げた次第です。

で、いざ始めてみると意外(?)と面白いと
感じていたりもしておりますので
今後ともよろしくお願い申し上げます。

こちらからもリンクさせていただきます。

また、ご迷惑でなければ時折トラックバックなども
させていただけれなー?と図々しくも思っております。

No title

DSKさん

ブログって意外と面白いですよね。
私は波があるし、更新の頻度は多くないのですが、結構続いています。
たとえ拙いものであっても、自分のレビューがブログに一つ一つ積み重なっていくのは快感だったりします。
また、自分自身で過去のレビューを振り返って、感動をよみがえらせたり、作品選びやレビューを書く際の参考にしたりして、ブログを活用しています。

リンク有難うございます。
もちろんトラックバックも大歓迎です!
こちらこそ、末永くよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。