FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超手抜きでグラビアアイドルを使いこなすためのヒント。 「女体の森」(みうらじゅん&リリー・フランキー)

女体の森女体の森
(2012/12/13)
みうらじゅん、リリー・フランキー 他

商品詳細を見る


(紹介文)
本書は、『週刊SPA! 』の「グラビアン魂」の対談中から厳選して収録したものです。
「グラビアン魂」とは、グラビアをこよなく愛する者たちの代表、みうらじゅん&リリー・フランキー両氏による巻頭グラビア企画。
これまで約7年半、のべ300人以上の「グラドル」と呼ばれる女性たちについて、時にそのパーツの造形美を、時にその女性が喚起させる妄想を語り尽くしました。
その途方もない時間を費やして、粋人たちが出した「美女」の定義とは一体!?
これは、世界最高水準の知的エロトーク集なのです。


おすすめ度:★★★★★

今までグラビアにはほとんど関心ありませんでした。
だって、グラビアって、派手な色の水着を着た女の子が、南の島でジャンプしているイメージでしょ?
あれじゃ、オカズになりません。
あっけらかんと明るすぎて哀愁がないから、エロさを感じない。
大人の男としてはソソらないわけです。
でも、本書でみうらさんとリリーさんの対談を拝見して、グラビアの見方が変りました。
それと同時に、この企画自身が、世の中のグラビアを変えたといっても過言ではないかもしれない。
今のグラビアって、こんなに奥深いものだったのですね。
いや~、もっと早く教えてほしかった。
今までの人生、損していたような気分です。

“グラビアアイドルは、海女的な「磯の匂い」がする女がいい”
“グラビアアイドルにパーフェクトボディは必要なし。隙があるほうがソソる”
など、目からウロコが落ちたり、我が意を得たりと膝を打ったりのオンパレード。
友達の部屋や居酒屋に男たちが集まって、グラビアについて、もとい女体について、好き勝手な妄想を語り合う。
男にとって最高に楽しいシチュエーションです。

グラビアンであるお二人の“グラビア愛”を目の当たりにすると、私も自分の好みを見つめなおさざるをえませんでした。
自分は果たしてどんな女体が好きなのか。
ぽっちゃりが好きだったのに、スレンダーに浮気して、またむっちりに帰ってくる。
年上が好きだったのに、若い子に浮気して、また熟女に帰ってくる。
それによって、自分の好みを再認識するわけです。
やっぱり、俺は肉感的な熟した女が好きなんだなと確信しました。
顔や表情をないがしろにしちゃってるけど、それでいいよねと。
自分の好みを確信できたのがうれしい。
好きになった子がタイプというのは、20代までなら正しい。
30歳過ぎてそれ言ってたら、自分のことを知らなさ過ぎて、恥ずかしいです・・・

みうらさんとリリーさん、二人の掛け合いもナイスです。
モテる男みたく上から目線ではなく、どこまでも下から目線なのが、好感持てます。
普通の読者よりも、さらに下からの目線です。
美大出身は結局変人。
おっさんがグラビアでオナニーとか気持ち悪いよ。
俺たちなんて、グラビアの子たちから変態と嫌われているに違いない。
お二人が自虐的なので、グラビアの女の子なんか高嶺の花過ぎてとても手が届かない、世の男性たちの共感を生む。
これが“グラビアン魂”の人気の秘密なんですね。


【編集後記】
この素敵な連載を続けている、“SPA!”の度量はさすがです!
もうコンビニで立ち読みするのは卒業して、毎週買おうかな。

SPA! (スパ) 2013年 8/20号 [雑誌]SPA! (スパ) 2013年 8/20号 [雑誌]
(2013/08/06)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。