FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻凌辱小説初心者はこれだけは読んどけ! 「未亡人・肉奴隷」(著:綺羅光、フランス書院)

究極の曲線美


「未亡人・肉奴隷」(綺羅光)

(内容紹介)
哀しみに暮れる美貌が蠱惑的な未亡人・由希。
ここまで堕とされた未亡人はいない!
29歳の由希を奴隷調教する淫獣の罠。
美しき女よ、犯されながら何を思い夢見るのか。
「奴隷」になる悦び、「奴隷」を持つ歓び——
綺羅光の魂がスパークする「凌辱愛」


おすすめ度:★★★★

閉鎖的な田舎町を舞台に、そこで強大な影響力を持つ老舗会社のワンマン社長が、最愛の夫を亡くした人妻を堕とすために、数々の罠を仕掛ける。

本作品に登場する悪役は、三人組である。老舗三代目のボンクラ社長、社長の腰巾着の専務、体力自慢の総務部長。まあ、この三人のオヤジギャグ満載の掛け合いを聞いているだけで、ハラワタが煮えくりかえってくる。とにかく、アホで低能で、性欲だけは底なしの、愚劣な男たちである。一言でいえば人間のクズである。この三バカトリオのキャラが立っていて秀逸。凌辱描写ばかりで単調になりがちな凌辱作品ですが、この悪役三人組の存在が、読者を最後まで飽きさせないし、かつヒロインの悲哀感をいっそう強調するのに成功している。まさに助演男優賞ものです。

ねちっこい調教を受け続けるうちに、未亡人は少しずつ堕とされていき、理性が崩壊していく。一般的に、堕ちていけばいくほど、ヒロインは卑猥な言葉を簡単に吐くようになり、下品ではしたなくなり、読者は途中で本を投げ出したくなる、という官能小説も少なくない。しかしながら、著者の描く人妻に関しては、登場人物たちもつぶやいている通り、いくら抱いても飽きることがない。いくら堕とされて淫乱になっても、けっして下品になることなく、ますます男の欲情を誘う。流麗な筆致、気の抜けた擬音、美しい人妻、三バカトリオ・・・もう凌辱文学なのかギャグなのか、真面目なのか不真面目なのか、分からない。このあたりのバランスが絶妙でさすがである。

まさに、永遠に読み継がれる人妻凌辱文学の傑作でした。


【編集後記】
上記作品ともう一作品を新書判に収めたのがこちら。
「綺羅光プレミアム〈6〉美人キャスター・隷獣 未亡人・肉奴隷」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。