FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【未読本の紹介】次回の官能劇場。これからの官能劇場。

昔、「土曜ワイド劇場」という二時間ドラマを家族全員で小学生の頃から見ていました。ベッドシーンがよく出てきて、家族そろっていたので少々気まずい思いをしましたが、思えばアレが性に目覚める最初のきっかけだったのかもしれません。そういう意味では、アレもいい経験だったのかなと思います。

土曜ワイド劇場の最後には必ず「次週予告」があります。まあ、これは当たり前です。でも、それだけじゃなかったんです。「次週予告」のあとに「これからの土曜ワイド劇場」と題して、次次週の予告をコンパクトに流していたんです。あれが大好きで、楽しみにしていました!「これからの・・・」というネーミングもナイスです。今から思えば、あれはうまかったなと思います。コアな土曜ワイドファンにとっては、毎週見ることは決まっています。二週間後に自分の好きなシリーズがあるとわかれば、二週間もそれを楽しみに過ごせるわけです。

当ブログ慣例の「未読本の紹介」は、私にとって「これからの官能劇場」です。次の本も、次の次の本も待っているから、楽しみで仕方ないわけです。本棚の「つんどく本」が少なくなってくると、心もとなくて淋しいです。

【つんどく本】
兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
(2009/03/31)
御前零士

商品詳細を見る

◆10月ランキング1位の御前零士さんの作品。今月一番楽しみにしていた本。俄然期待は高まります。書斎にこもって、落ち着いてゆっくり読みたいと思っているうちに、月末になってしまいました!


投稿 豊乳熟女 (マドンナメイト文庫)投稿 豊乳熟女 (マドンナメイト文庫)
(2009/11/10)
素人投稿編集部

商品詳細を見る

◆投稿者は、ボイン&ドスケベ&熟女だそうです。これ以上何を望むというのでしょうか!?どこまでも付いて行きます!


七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー
(2008/11/21)
綺羅 光樹月 峻

商品詳細を見る

◆最強凌辱作家による人妻狩り!これぞ、“本格官能小説”といっていいでしょう。話して分かるような男じゃないんです。問答無用でレイプする。これも人妻ものの醍醐味です。


さよならから (幻冬舎文庫)さよならから (幻冬舎文庫)
(2009/10)
神崎 京介

商品詳細を見る


禁忌(タブー) (角川文庫)禁忌(タブー) (角川文庫)
(2006/07)
神崎 京介

商品詳細を見る

◆“通勤官能”ファンにとって、神崎京介氏の作品のストックは切らせません。「“人妻官能小説”というブログの看板はどこいった~!」という突っ込みを受けそうですが、覚悟の上です。面白いもの、興奮するもの、大人の男性が元気になるものであれば、エロスという大前提はありますが、ジャンルにこだわらずをどんどん紹介していきたいと思います。


読了後、おすすめ度:★三つ以上の作品であれば、あらためて感想を紹介したいと思います。


いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。