FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【30代から始める官能小説】これが男の夢、夢想、妄想だ! 「男たるもの たらしたれ」(神崎 京介)

男たるもの (双葉文庫)男たるもの (双葉文庫)
(2010/03/09)
神崎京介

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★

皆さんはどんな官能小説を読みたいですか?

私は、疲れたサラリーマンが元気になれる、勇気づけられるような官能小説を読みたいです。そして、本を閉じたときに、セックスっていいものだなあ、こんな素敵なセックスをしたいなあと思えたら最高です。神崎京介さんの「男たるもの」シリーズは、まさにそんな作品です。

主人公は、「自分の欲求に素直に生きる」と覚悟を決めた38歳のサラリーマン・椎名天馬。今回のテーマは「再会」です。学生時代に付き合っていた昔の恋人、職場の元バイトの女子大生、花嫁になる昔の部下・・・

たしかに椎名にとって、都合がよすぎるいう傾向は多々あります。こんなおいしい話はありえない!それは認めざるをえません。偶然再会した女性たちが次々と、平凡なサラリーマンである椎名に惚れるわけですから。

ただ、大事なことを見逃してはいけない。椎名が他の男と違うところは、自分の欲求に素直に従うという「覚悟」を決めていることです。欲望にまかせて行動しているように見えて、しっかり「覚悟」で裏打ちされている。だから、ハッピーなのです。

普段どんなに偉そうなことを言っていても、カッコつけていても、男性ならは椎名に憧れるはずです。これが、男の夢であり、夢想であり、妄想だからです。「覚悟」を決めたことで、椎名はみんなの夢を生きることができるのです。


【関連作品】
「男たるもの」シリーズは、サラリーマンの元気の源!通勤電車での愛読書です。

男たるもの (双葉文庫)男たるもの (双葉文庫)
(2008/10/16)
神崎 京介

商品詳細を見る


男たるもの おれなり (双葉文庫)男たるもの おれなり (双葉文庫)
(2010/06/10)
神崎 京介

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。