FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【官能本ベスト5】 2011年2月・3月ランキング

2月~3月に読んだ官能本の中から、個人的に良かった作品ベスト5を紹介します。
皆さんの官能本選びの参考になれば幸いです。

2月~3月は10冊読み、結果は下記の通りです。
★×5: 3冊
★×4: 3冊
★×3: 2冊
★×2以下(紹介せず): 2冊


【ランキング】
5位
夜の私は昼の私をいつも裏切る (新潮文庫)夜の私は昼の私をいつも裏切る (新潮文庫)
(2010/08/28)
草凪 優

商品詳細を見る


関連記事:悲しいけどこれ、セックスの相性なのよね。 「夜の私は昼の私をいつも裏切る」(草凪 優)


4位
アラフォー妻 夜の顔 (二見文庫)アラフォー妻 夜の顔 (二見文庫)
(2009/09/25)
草凪 優

商品詳細を見る


関連記事: 【39歳の熟れた肢体】もうアラフォー妻のことしか考えられない!「アラフォー妻 夜の顔」(草凪 優)


3位
息子の嫁 (二見文庫)息子の嫁 (二見文庫)
(2008/05/25)
霧原 一輝

商品詳細を見る


関連記事:煩悩の塊である義父の呆けっぷりが凄いんです。「息子の嫁」(霧原 一輝)


2位
若妻新入社員―恥辱の痴姦オフィス (フランス書院文庫)若妻新入社員―恥辱の痴姦オフィス (フランス書院文庫)
(2004/08)
倉田 稼頭鬼

商品詳細を見る


関連記事:正直、痴漢がこんなにいいものだとは知らなかった。「若妻新入社員―恥辱の痴姦オフィス」(倉田 稼頭鬼)


1位
未亡人獄―美獣と麗獣 (フランス書院文庫)未亡人獄―美獣と麗獣 (フランス書院文庫)
(2007/12)
夢野 乱月

商品詳細を見る


関連記事: 【凌辱という名の肉調教】女性を性奴隷に躾ける悦び!「未亡人獄」(夢野 乱月)


【編集後記】
1年ぶりに人妻官能小説の世界に戻ってきました。
この1年は、同じ人妻ものでも、人妻アダルトビデオや人妻写真集にハマっていました。
でも、やっぱり人妻官能小説を読みたくなるのです。

官能小説なら、ビデオや写真ではけっして味わえない、脳がしびれるほどの官能が味わえます。
「ウッ」という瞬間的な快感とは比べものになりません。
官能小説を読み進めているとき、アダム徳永さん言うところの“性エネルギー”がどんどん溜まっていく感覚があります。

東日本大震災に福島第一原発の問題と、被災地の方々とは比べようもありませんが、東京でもバタバタして、とても長く感じた3月でした。
そんな日々の中でも、愛読書を開くひと時は、心が癒され、明日への活力をもらいました。
新たな官能小説の醍醐味を発見するたびに、また一つの官能の扉が開かれた気がして喜んでいます。
官能小説はこんなにも奥深い。
官能小説の作家さんに、感謝です!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。