FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未読本の紹介

【アマゾンアタック】
未読の本が少なくなってくると、心もとなくなってきます。会社帰りにリアル書店で衝動買いすることもありますが、基本的にはウェブでじっくり情報収集し、アマゾンで官能小説を購入しています。というわけで、アマゾンアタック!

七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー七匹の牝 人妻レイプ&レイプ―フランス書院文庫アンソロジー
(2008/11/21)
綺羅 光樹月 峻

商品詳細を見る

◆人妻といえば、やっぱりレイプもの。激しくなくていいのです。簡単に堕ちてしまうのではなく、あくまで嫌々が好きなのです。それが人妻のリアリティです。


義父と嫁… (二見文庫)義父と嫁… (二見文庫)
(2009/04/24)
小玉 二三

商品詳細を見る

◆官能小説には珍しい女流作家の作品。興味本位で購入。もちろん読者である男性や従来の官能小説を意識して書いているでしょうけど、それでも女性独特の感性や視点というのは出てしまうはず。女性が書いてるのだと考えるだけで、興奮しそうな予感。


弟の嫁 (二見文庫)弟の嫁 (二見文庫)
(2008/11/25)
霧原 一輝

商品詳細を見る

◆大人の男性が元気になる官能エンターテイメント!といえば霧原一輝氏。前に読んだ「うちの嫁」が愉快だったので、本作も期待してますよ。
人妻官能小説の紹介・感想・レビュー! うちの嫁


【本棚でスタンバイ中】
媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)媚肉嬲り 人妻は淫獄に堕つ (リアルドリーム文庫1)
(2008/06/22)
御前零士

商品詳細を見る

◆ずいぶん前に買ったのに、なぜか後回しに・・・私にとっては二冊目のリアルドリーム文庫。アマゾンでも高評価だし、表紙も色気たっぷりで期待がふくらみます。


男たるもの (双葉文庫)男たるもの (双葉文庫)
(2008/10/16)
神崎 京介

商品詳細を見る

◆ブックオフで衝動買い。「女薫の旅」シリーズで有名な神崎京介氏の作品は、今回初めて読みます。


読了後、めでたく★三つ以上でしたら、本ブログで感想を紹介します。
さて、何冊登場するかな?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。