FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五感で味わう人妻の尻描写! 「人妻 裏肉奴隷」(鳴瀬 夏巳)

人妻 裏肉奴隷 (フランス書院文庫)人妻 裏肉奴隷 (フランス書院文庫)
(2007/08)
鳴瀬 夏巳

商品詳細を見る


おすすめ度:★★★★

私には、スポーツジムのインストラクターになって、日中のフィットネスクラブで、熟れた有閑マダムたちに囲まれて、彼女たちを手とり足とり教えたい、という妄想があります。
そんな妄想を叶えてくれるのが本作品です。
本作品のテーマは、コスチュームで彩られた、五人の人妻の尻を、見て、触って、嬲って、味わいつくすことです。
私は元々肛虐は苦手なのですが、今回はまったく気になりませんでした。
それくらい尻にこだわった描写が素晴らしかったのです。
まさに、“尻好きの尻好きによる尻好きのための官能小説!”です。

豊満で男好きのする丸々と肥えた臀を持つ人妻から、スポーツにより引き締まったプリンとした臀を持つ人妻まで。
勝気で傲慢な人妻から大人しくて清楚な人妻まで。
スポーツジムの人妻たちはバラエティに富んでいます。
人妻たちの体をなかば強引に開かせる口実も、スポーツジムという舞台設定を上手に生かしており、最後まで読者を飽きさせません。

私は五人の人妻の中でも、一人目の39歳の人妻に惚れました。
ヨガのポーズに没頭し、丸々と肥えた尻を惜しげもなく披露してくれます。
まさにその尻は、男の目を楽しませるために生まれてきたといっても過言ではない。
あまりに男好きのする、男の目を吸い寄せる尻。
今まで読んだ官能小説のヒロインの中で、一番理想的なスタイルを持つ女性です。
鼻っ柱の強い彼女が、冤罪の償いとして、尻刺しの恥辱をうけ、ついには歓喜の声を上げてしまう様は、痛快で溜飲が下がりました。
勝気な女性であれあるほど、いじめ甲斐はいや増す。
それが肛虐小説の醍醐味なんですね。


【編集後記】
最近、豊満や巨尻にこだわった官能小説が増えてきた気がしています。
コメント欄にて、おすすめの作品を教えていただければ、大変うれしいです。

豊乳肥臀 (上)豊乳肥臀 (上)
(1999/09)
莫言

商品詳細を見る


この作品のタイトルは見ているだけで、惚れぼれしてしまいます。
中国の翻訳小説のようです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。